FC2ブログ

園芸 My way

自宅の小さい庭で野菜・小果実・盆栽・鉢花など育てています。特にクリスマスローズがいっぱいです。

裏庭のお花たち

コロナ疫病、ますます大変な事になってきました。
ものすごい暴言ですが、いっそのこと日本中、いや世界中みんな感染したら収まるのではないでしょうか。
だとすると、感染スピードが遅らせないと中国武漢の様に医療が崩壊しちゃう恐れがあるので、とにかくスピードを遅らせるという今の日本政府の方針は正しいのかも知れませんね。いつまで「自粛生活」が続くのかというと、国民全員が感染するまでだったりして?
やっぱり、早くワクチン作りましょう。あとは、救命できるよう、特に子供や若者が大丈夫なように、対症療法を一刻も早く確立しましょう。お金もちの老人の方は、医療が子供や若者に回る様に、出歩かないで家でじっとしていてください。

今日は裏庭のお花たちを撮影してみました。
裏庭ということは、普段鑑賞していないということになります。以前は冬場にはクリスマスローズ全てを表庭に移動して鑑賞できていましたが、何年か前から増殖し過ぎてお花の鑑賞期になっても裏庭に置きっぱなしになってしまう株が続出しておりまして・・・・
お隣さんが鑑賞してくれていれば良いのですけど、クリスマスローズは下向きに咲きますからね、見てもらえないでしょうね。
たまに行って見ると、なかなか捨てがたいものがありまして、やっぱり鉢数が減らないんですね(笑)

ブロッチ模様のセミダブル
自家産で、ブラックマジックx黒ダブルなのですが、何でこうなるの?
15_22E_200312.jpg
地元の兼晃園さんの赤花剣弁ダブル
KKS_200312.jpg
お気に入りのラージネクタリーセミダブル 松村さんかな?
SDSPRY_200312.jpg
本間さんの緑ダブル
DMD_200312.jpg
兼晃園産のアプリコットセミダブル 高温期になってちょっと発色が悪くなっちゃいましたけど、いい時はネクタリーが黄色です
SDAP_200312.jpg
自家産のアップル系ダブル 最近減りましたね~
11_20C_200312.jpg
淡いピンクのシングル花
シーズン当初、緑色が強くてがっかりしていましたが、良くなりました。
WP_200312.jpg
灰紫のシングル花
いまどき売ってなさそうな色なので、貴重品と思っています。
HAI_200312.jpg
”アンティーク”という名前になりそうな、フルスポットのセミダブル
これも今時見かけない”絶滅危惧種”と思うので、大事にします。
SDRB_200312.jpg
夢花人さんのグレープのセミダブル ネクタリーが少ないのがポイントなんです。これはちょっと花弁よれすぎで、本来はもっと丸いのです。
HRT_200312.jpg
木口さんのダブル花。もはや手に入りませんから、大事にしています。幅広な丸弁なのが特徴です。
KDD_200312.jpg
「イカ2号」と呼んでいるお花です。お迎えしたときはもっと花弁がイカの足みたいだったのですが、だいぶまともに(?)なっちゃいました。
IK2_200312.jpg
加藤農園さんに遠征してお連れした、ベイン模様の緑色ダブルです。
MDV_200312.jpg
兼晃園さんからお迎えした、グレープバイカラーのダブル
GMB_200312.jpg
  1. 2020/03/12(木) 23:59:13|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

自家産スプレー模様ダブル開花

今の”何でも自粛”という疫病対策、科学的根拠は乏しい様でして、何がどうなったらもう大丈夫とか何の基準もないみたいですね。あと10日したら、新規感染者が出なくなりますか? 出ても何人なら良いのかでしょうか? 何の説明もないままずるずると職場や施設が閉鎖されたり仕事が奪われて国民が大迷惑しているのが現状です。
上医師が仰られる様に、感染の検査を大々的にやる以外に、科学的に感染者の状況を把握する方法は無く、それこそが安全や危険を正しく判別し、ひいては国民生活を救うと思います。
PCR検査機器は国内に万単位の台数があると思うのですが、何で総動員させないのでしょうか? 
ワクチンも必要だと思います、国は国民に生活の制限をお願いするより製薬企業にワクチン開発を何で強くお願いしないのか?
政府は施策を決めるに当たり、自分たちに都合のいい見立てをする人ではなく、国民の事を考えて厳しい意見をする専門家の話を取り入れて進めて欲しいものです。 まあ、今の政府の連中では期待薄ですが。 
それにしても日本人、あまりにも大人しいですね。何でもっと文句言わないのでしょうかね。

自家産のスプレー模様ダブルが咲きました。

一昨日
これは良さそう♪ とワクワク。花茎が細くて、栄養足りない感じですけど・・・・・
15_12C_200309.jpg

昨日
スプレー模様ですね~。よしよし。
15_12C_200310.jpg

本日
開花宣言で良いかな~と。想定した感じのお花で良かったです。
欲を言えば、ダブルじゃなくて、ラージネクタリーのセミダブルが良かったかな~
15_12C_200311.jpg

このお花の両親は、いずれも広瀬園芸さん。
受粉親
 細かいスポットのセミダブル。残念ながら雄性不稔でした。
SDBS_150211.jpg
花粉親
 ボカシ模様のダブル。これ見るとめっちゃいい花で、咲いた時は狂喜乱舞しましたが凄かったのはこの一番花だけで、以降は模様が出にくくクオリティーが下がりました。しかも、現在は★でございます・・・・・・。
 DDBS_150214.jpg

咲いたお花と見比べると、何となく足して2で割った感じがしますね~。
体力弱い状態で咲いたので、植え替えして来シーズン、もっと期待できるかな。



最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村







  1. 2020/03/11(水) 23:55:38|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

赤紫フルブロッチセミダブル

今日は家にいましたが、あいにくの雨降りで、やりたかった庭仕事がほとんどできませんでした。晴れていると雑用があったりして、何だかちぐはぐですね。

以下3枚、あまり綺麗な色ではありませんが、同じ株のお花、赤紫のフルブロッチのセミダブルです。
微妙に違いますが、ほぼ同じですね。
11_24Z_200307.jpg
11_24Z_200307a.jpg
11_24Z_200307b.jpg
これは自家産のお花なのですが、素性が良く判らず・・・・・・・
咲いた時にラベルが2本ささっていた様な気がします(爆)
こういうのはたまにありまして、苗に雪が積もったのを取り除く時にラベルが抜けちゃって、適当に挿し直してるとこんなことになります。
で、上のお花の親ですが、記録上は次の2通りのいずれか。
受粉親 紫セミダブル x 花粉親 グレーブロッチダブル
SDPR2_110213.jpgGGR_110205.jpg
もしくは、ブラックマジックのセルフ交配
KUS_130203a.jpg

どっちなんでしょうね~
上の可能性が高いと思うのですけど、花色がちょっと違う感じが。
ブラックマジックは見た目かなり違うのですが、交配につかうといろいろ変なのが咲くんで十分あり得るんですよね~
まあ、これと全く同じ花作りたい訳ではないから何でもいいや。
それより、これはさらに他のお花と交配して花色綺麗にしたいな~と思ってます。



最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村




  1. 2020/03/10(火) 23:31:55|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

自家産ブラックダブル

疫病のおかげで、相変わらず自宅待機な私でございます。
今日は穏やかで園芸日和だな~と思ったのですが、何やかやちょこちょこと連絡やら手続きやらありまして、ほとんど園芸できずにもやもや気分でした。もうちょっと諸々雑用をてきぱきとこなさないといけませんね。

今日は自家産のブラックダブルをご覧ください。
ようやく「黒です」と言えそうなのが複数咲いてきました。

1つ目
15_20C_200219.jpg
15_20C_200227.jpg

2つめ
15_20H_190323b.jpg
15_20H_190323c.jpg

上のお花たちの両親は同一でして、以下の組み合わせです。
受粉親が横山園芸さんのグレーブロッチダブル
GRD_180303.jpg
花粉親はヤマヘイさんのブラックダブル
YAM_150222.jpg
どこかで聞いたのですが、ブラックダブルをつくるには黒系とグレー系ブロッチを交配すると良いとのことで、
確かにそうなった、という感じです。
これが10数年早ければ、相当おこづかい稼ぎができたに違いないのですが、今じゃね~


最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村



  1. 2020/03/09(月) 23:50:20|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

吉田園芸さん超多弁花

今日も所用で実家の横浜まで車を走らせましたが、首都高速、空いてますね~。皆さん、自宅待機なのでしょうかね。
経済ダメージ物凄い事になりそうですが、悪い事ばかりでもなくて、今日は農家直販?の美味しいトマトを買う事ができました。このトマト、恐らくは「正常」な状態であれば販売開始数時間で売り切れちゃうと思われるのですが、みなさん外出控えているのか、夕方まで売り切れずに残っていたようで、いっぱい買っちゃいましたが、おまけまでつけてくれました。ささやかですが、うれしい出来事でございます。あまり明るいご時世ではないですが、探してみれば何らかプチな幸運が転がっているのではないかと。

さて、我が家のお花で直近でおやっ?と思ったお花。
吉田園芸さんの超多弁花です。
我が家ではダリア咲き2号、と読んでます。
DA2_200307.jpg
DA2_200307a.jpg
2年前にお迎えしたときはこんなんでした。
今の方が花色は薄いですが、弁数は多いかも~♪
DA2_180219.jpg
DA2_180225.jpg
このお花の花弁は、外側の方が色が濃くて、裏側が濃いピンク、表側が淡いピンク、という感じです。
そこでふと思ったのが、リバーシブルの超多弁、つまりはクレオパトラ様と交配したら、どっちが勝つの?なんて。
ちょっと遊んでみます。(爆)

吉田園芸産の超多弁は、今年お迎えしたのがダリア咲き3号さま。
いまはこんな感じ
DA3_200307.jpg
勢いだけで買っちゃいましたけど、良かった~♪
音の葉さんで見かけた姿はこちらでした。
この時は花色悪いな~と思っていたのですが、今は良くなったかな。
DA3_200222.jpg

2号、3号ときましたので、1号はというと・・・・・
こちらのお花。2016年四国ドラフト1位指名選手です。
DA_160131.jpg
こちらは残念ながら、現在は天に召されております。
当時は吉田園芸さん用土が特殊でして、申し上げにくいのですがドロドロでして、お迎え後しばらくして植え替え時に根鉢をほぐしましたら泥と共に根が大半落ちちゃいまして・・・・・・植えつけしましたがうまく育ちませんでした。
今年は吉田園芸さん、用土がすっかり変わったみたいでして、育てやすくなった印象で、うれしい変化です。



最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村



  1. 2020/03/08(日) 23:41:21|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

艶々ブラックダブルほか

いま我が家の庭はクリスマスローズが花盛りで、一年のうちでもっとも賑やかなシーズンでございます。
新規開花の撮影をしたり、鉢の雑草取りとか花を見るのに邪魔な古葉切りとか細かいお手入れをしたり、交配を考えたりしているうちにあっという間に時間が経ってしまいます。植え替えとかまともな作業をしなきゃいけないのがいっぱいあるのですが・・・・・
やっぱり時間がもっと欲しいですね~。
どちらかというと「ボーっと生きてる」ほうだと思うので、もっと時間を有効活用しないといけませんね。

ではお題の艶々ブラックダブルです。
ピアノの様な光沢とまではいかないですけど、結構つやがありまして、”ゴキゴキ”してます。
これは3/4にデジカメで写したもの
YAM2_200304.jpg
3/7にスマホで写したもの
カメラが変わってもあまり変わらない様ですね。
YAM2_200307.jpg
別アングルから
つやつやしていますでしょうかね?
YAM2_200307a.jpg
何かこの艶々を交配に生かせないかな~と思案中です。

そのほか咲いたやつを徒然に・・・・・
ブライアーローズ2号、頑張ってくれました。
AR2_200302.jpg

”ソレイユ・シングル”
昨年の四国ドラフト1位です。ちょっと開花が遅めでしたが、クオリティーは高く咲いてくれました。
SOS_200303.jpg

チベタヌス
やっぱり良いな~
昨日はデジカメ写真、今日はスマホです。特に色調修正しなければスマホの方が綺麗に発色しますね。デジカメのホワイトバランス変えたいな~。
T19A_200303a.jpg
T19A_200303.jpg

広瀬園芸さんの”プレミアム”
毎年ちょっとずつお花が変化するような気が・・・・・これはまたいずれ。
PM_200303.jpg
そろそろ夏場の鉢の置き方を考えないと・・・・というか、置き切れるかどうか確認しなくちゃですけど・・・(爆)


最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村





  1. 2020/03/07(土) 23:28:33|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

チベタヌス 夏越し初成功

クリスマスローズの原種で栽培が難しいものの1つがチベタヌスかと思います。
買っては枯らし、を繰り返しておりまして、何度か家でお花を楽しめたのは幸運にも開花株をお安く入手できたか蕾のある株を入手できた時のみでした。それらも開花はその年1回だけで翌年咲かせたことはなく、我が家ではチベタヌスを”1年草”と呼んでおりましたが・・・・・
ついに、夏越しに成功致しました。といっても5鉢あるうちの1鉢だけですけど。
T19A_200303a.jpg
T19A_200303.jpg
置き場所は昨年の4月下旬までは午前中だけ日が当たる家の北東面、それ以降は風通し良い常緑樹の木陰でした。9月末くらいまでは葉っぱが残存していたと思います。それまでは全てのチベタヌスで9月に入って葉っぱが残っていたことがなかったので葉っぱ残存の新記録でして、密かに期待していましたところ開花してくれてうれしい限りですね。
あとは毎年咲かせられるかどうか、ですね。今はチベタヌスは7鉢ありまして、来年もまた1鉢でもいいから咲かせたいです。

今日はとうとう来るべき事が来ましたので、横浜の実家に行っておりました。しばし忙しくなりそうですね~。


最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村





  1. 2020/03/06(金) 23:21:07|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:1

一番花と二番花以降の比較

コロナウイルスのPCR検査、体制が整ったら4000件/日くらい、と報道がありましたでしょうか。
少ないですよね~。国の研究機関、農水省にも経産省にもPCR装置なんていっぱいあるでしょうに。
そこで思うのは、オリンピックの観戦チケットと、コロナPCR検査、”当選”しやすいのはどっちでしょう?
それくらい難しいのはないかと予想しますがどうなりますか。
どちらも、何とかして欲しい・して欲しかった、ですよね。

今日は、今年お迎えしたお花たちの一部ですが、1番花と2番花以降の比較をしてみます。

リバーシブルダブル、真ん中ちょっと黄色、の購入時一番花
sakata200213_16.jpg
この2番花がこれ、花色はちょっと薄れましたが多分気温上昇のためなので止む無し、でも真ん中の黄色が濃くなり私的にはGOODでした。全般的に大差なさそうですね。
KHM_200305.jpg

エッジが利いた黒花ダブルの一番花
YSBK_200209a.jpg
二番花は小さめになりまして、ちょっと丸みを帯びてますが多分咲き進んだら尖ってくるかな~
一番花の花弁にうっすらベインが入っていたのが無くなっちゃった感じですが、これも咲き進んだらでるのかな?
咲き進まないと判らないですが、これも大差なさそうですね。
YSBK_200305.jpg

ちょっと花色が強烈な感じだったオーレア系ダブルの一番花
VNG_200205.jpg
これは2番花じゃなくもっと遅いやつで、ちょうど1か月遅れの花ですが、花色が落ち着いた感じですかね。
外弁の白抜けが、気温上昇と共に外弁も内弁も白抜けになって綺麗になったら良いなと期待していましたが、そうは問屋が卸さない・・・・
VNG_200305.jpg

パラフィン系統?のゴールドピコティーの1番花
shikoku200213_19.jpg
これは2番花も同じでした。
PF4L_200305.jpg

吉田園芸さんのアプリコット色オーレアのラージネクタリーのセミダブルの一番花
otonoha200222yoshi2.jpg
これは予想していましたが、2番花はネクタリーが控えめになっちゃいましたね。咲き進んで多少大きくなるかもしれませんが、一番花のクオリティーには届かないでしょうね。
この類は、しっかり肥培してあげないと来年の1番花もこれくらいで終わっちゃうかも・・・
APLSD_200305.jpg
という感じで、これまでのところ、2番花を見てがっかり・・・・・・というのは無くて、良かったです。
かつては何度もありましたからね~


ついでにおまけですが、数日前に咲いた自家産のお花。
またもやアンティークなセミダブルでした。
ネクタリーだけ、いい感じなんですが、花弁がね~。さあ、どうしようかな~
16_30S_200305.jpg





最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村




  1. 2020/03/05(木) 23:42:20|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

パープルグレーのセミダブル

何だか怖い事になってきました。病気が怖いのではなく、政府が恐ろしいのでありまして、何だか強力な私権制限の法律を作るのだとか。この状況下で何か「強制」するなら、それは民間も含めて国内にあるPCR検査機器を規制緩和の上で全てウイルス検査に動員して検査費用も支給して、必要のある検査を遅滞なくできるようにすることではないでしょうか。風邪かコロナか判らない人が全て判別できれば、コロナの人だけ隔絶すれば良く、健康な人は何ら私権を制限されず通常の活動ができるはずです。国は検査を保険適用するのでできるようになるとか言ってますが、保険適用しても検査のキャパシティーが殆ど増えていないし、どうすれば検査を受けられるかも説明していませんで、相変わらず検査を制限しているようにしか見えません。その裏は、”検査で判明した患者数”を少なく見せてかつ早く減る様に見せて、五輪ピックを開催したい、としか思えません。そのために外出禁止令になったら、納得できますか?
ウイルスが見えないから怖いのではなく、検査してくれないから怖いのです。
マスクとかも、テレビで見ましたら台湾とかでは購入者を特定して買い占めできなくするとかスマホアプリで販売店が判るとか、進んでますね~。こういう国が「先進国」ではないでしょうか。台湾では国政選挙の投票率が高くて史上最低でも67%だそうで、日本では盛り上がっても69%だとか。投票に行かないと、「先進国」ではなくなってしまい、庶民は暮らしにくく貧しくなるばかりです。


昨日紹介したパープルグレーのセミダブルの花が開きました。
渋系のいい色で、うれしくなっちゃいますね~。
”自宅待機”でもお花見て楽しめるので、クリスマスローズやっててよかった~って感じ。
12_33S_200304.jpg
12_33S_200304a.jpg
これが引き金で、ダーク系の交配を仕込みたくなってきました。
明色のオーレア系統は頑張ってもプロには全くかないませんからね、最近減ってきた濃色系のお花を頑張ってみようかな~。




最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村




  1. 2020/03/04(水) 23:10:12|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

虐待組の逆襲

このところ、我が家ではクリスマスローズが続々と開花してきています。
特に、自家産の苗の初開花が一挙に進んでおりまして、写真撮影して記録を残す様にしているのですが、その整理が全然追いつかない状態でございます。ああ、時間が欲しいです。

我が家では4号~4.5号ロングポットで咲かせることが多いのですが、
ここ最近、3.5号普通ポットで咲いちゃってるのがいくつもあります。
しかも、1ポットにお花が2つ・・・(爆)
12_41MN_200229.jpg
実はこれ、種蒔きしたポットをそのまま放置してたら、7年目にしてとうとう咲いちゃったってやつなんです。
この年は交配数が多くてたしか48通りくらいで、場所の問題から1交配あたり3~4苗だけポットあげしまして、残りはもったいないなと思い種蒔きポットのまま残しておいたものです。初めからそのつもりだったので、用土も種蒔き用の赤玉土単用ではなく、普通のクリスマスローズ用土に種蒔きしてありました。ポット上げした苗からいいお花が咲いたら追加でポット上げしていけばいいだろうと思っていたのですが、毎年新たに交配するわけですから古い交配は後回しにしているうちに完全に放置プレーとなりまして、ただ水だけやって肥料はごくたまにちょこっとだけ、という”虐待”を続けておりました。

しかしそれでも咲くんですね、たくましいぞクリスマスローズ。
それも、結構いい感じのお花が咲いてきたりして、逆襲を受けている気分です(笑)

上のポットの白花。
何と花茎が2つもありました。びっくり。
12_41M_200302.jpg
お花は恐らく生育不良によに小輪ですが、これは多弁でしょうね。実際に花粉親はクリ友から頂いた超多弁のお花ですので。
きっちり育てたら、立派な多弁の白花になりそうですね。
ただし、脇芽があったかな・・・・・・・。ほかの株も同じように脇芽がはっきりせず、この後葉っぱが出てくれるかどうか心配です。
12_41M_200302a.jpg

同じく上の写真のピンクのお花
12_41N_200302.jpg
こちらも多弁っぽいですが、花弁よれよれでワイルド系ですね。
これは大きく育たないで、このサイズの方が可愛いかも。
12_41N_200302a.jpg

これは別の交配の虐待組
ひょろひょろしてますが、そこが案外風情を感じちゃいます。
12_39S_200302.jpg
お花はこんな緑と紫のバイカラーのダブル、”汚系”ですね(笑)
渋いのが好みの方には良いかも?
12_39S_200302a.jpg

虐待組から、期待のお花も出ちゃいました。
この3.5号ポットに、見えるだけで3株は育ってますね(苦笑)
1つだけお花が咲きかかっていますが・・・・・
12_33_200302.jpg
こんな赤味が入ったグレーパープルのセミダブルでありました!
これ、花色がめちゃ私好みで、魅惑的なんですよ。
12_33S_200302.jpg
12_33S_200302a.jpg
既に根がパンパンなのですが、完全に開花するまでは手出しせず、花粉を使ってからポットから”解体手術”して植え替えるつもりです。とりあえず、完全にお花が開くのが楽しみです。


最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村





  1. 2020/03/03(火) 23:47:43|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

furendo

Author:furendo
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (209)
クリスマスローズ (920)
ミニ盆栽 (108)
香りの花 (38)
花いろいろ (80)
食べる園芸 (90)
ねこ (26)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR