園芸 My way

自宅の小さい庭で野菜・小果実・盆栽・鉢花など育てています。特にクリスマスローズがいっぱいです。

アプリコットDDの子

日に日に気温が下がっていく感じですね~
寒いのは嫌いですが、スキー場には早く雪が積もって欲しいですし、冬になればお店でクリスマスローズに会えるのが楽しみですね。まあ、お店に行かなくても我が家に十分たくさんありますけれども。

今シーズンの自家産の期待の星は、軟腐病で亡くしたアプリコットDDの子孫であります。
A37ODAP_G100119.jpg
A37ODAP_G100119a.jpg
ちょうど5年前の秋に1Lポット苗2990円、今は売ってない”大森ジャンボ宝くじ”を購入したものの翌秋に不注意で中央メイン葉茎を折損して咲かせられず、その翌シーズン2010年1月にやっと咲いて、その花色・花型の美しさに狂喜乱舞したお花でしたが、その夏に美人短命とばかりに軟腐病で昇天してしまいました・・。
まさか枯れるとは思わず、セルフも採ってないし他のアプリDDとの交配もしておりませんで、この子のそっくりさんを復活させるのはなかなか難しそうですが何とか挑戦したいもんです。
(というより、”宝くじ”をまた売ってくれればいいんですが)

このアプリDDを片親に使った交配相手は以下のお花です。

1つめ
APP2_080227a.jpg
同じ大森PさんのSSアップルピンク系
花色は超お気に入りで、東京都心の某店でご活躍のS氏も認定の良花であります。
ただ、花色的にはいいんですが、この花、他のダブルと交配しても今のところオールシングルでして、シングルっ気の強いやつという感じ。となるとDDの復活は厳しそうですね~。
一応今シーズンにいくつか咲く予定です。

2つ目
HagiDDYPC100820.jpg
頂き物花粉のDDイエローピコティーです。つまり両親ともに我が家に無いってことで、戻し交配とかは無理です。これはアプリDD復活というよりは、別な何か凄いやつが咲いてくれればと。

3つ目
MDY080128.jpg
我が家の主力選手の一人、大輪ダブルイエローです。
上のアプリDDも大輪でして、花型も同じような感じなので、色がうまく乗ってくれれば選抜してF2採って似た子の復活を期すという心づもりですが、そううまくいきますかどうか。
とりあえずは期待の星です。

4つ目
MF_100206.jpg
原種ムルチフィダス、柑橘系芳香花です。
これは、やらずもがな、な交配だったなと。
なんてったって、狙いは超~安直に芳香性アプリコットダブルですから、何世代交配すればいいことやら。
どちらかといえば可能性のありそう有香花を選抜してアプリDDを戻し交配していくって感じでしょうが、そのアプリDDが無くなったのでは最早どうにもならんかなと。
あまり期待していないので、上の開花見込み株が4.5号ロングで満を持しているのに対し、この苗はいまだに2.5号ロングだったりします(爆) 一応血は引いているので大事にしてあげないと、ですね。
早く開花を見たいな~
スポンサーサイト
  1. 2012/10/30(火) 23:52:14|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

日光浴開始

昨日はアッシーな一日でした。(ん、もう死語かな?)
娘の部活の練習試合で隣市の中学へ朝昼と2往復、カミサンの買い物に朝夕各1回、息子の塾の送迎に2往復、計6回も出動致しました。タクシーみたいですな。
その合間にせっせとクリスマスローズのお手入れをしておりました。

kuriro121028.jpg
しばらく何も置いていなかった2階のベランダにクリスマスローズを並べました。秋冬の恒例です。
特にしっかりと成長させて立派な花が咲いてほしいと思う株を、日当たりの良いベランダで育てるのであります。成株でもかわいそうな子は一日1時間くらいしか日が当らない処にシーズン中ずっとおいてあったりしまして、まあ、そういう差別待遇が生じるのは人間界もクリロー界も同じってなところでしょうか。
今年から肥料はバイオゴールド、効き目が楽しみな処です。

KSD121028.jpg
成株の植替えは大抵3年以上やりませんので、中には株元が隆起して根が見えてきちゃう株もあります。用土を山状に被せれば良いのですが水やりするうちに流れてしまいますので、今回はバークたい肥でマルチングしてみました。古くなって吸湿してべちゃっとしたやつではなく、買ってきたばかりでサラサラのやつです。
taihi.jpg
ちなみに、こんな小袋で売っているものです。そこそこのお値段なので、多分上質な品なんだろうなと勝手に思ってます。製品名は「たい肥」ですが、原材料に樹皮と書かれているのでバークたい肥ってことでしょう。
今年は去年よりはちょっとだけ真面目にお手入れしてるかな~?
  1. 2012/10/29(月) 23:52:00|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

ヒメリンゴ

今日はさわやかな秋晴れでしたね~
このところ平日は水やりすら自分でできない状態なので、クリロー植替えをせっせとやりたい処なのですがまずは庭全体を見まわりながら水やりです。この時期は乾く鉢と乾かない鉢とくっきり分かれてきますので、一律に水やりするのではなく乾いた鉢だけよく見極めてからやろうとしましたが、クリロー開花見込み苗の密集したケースなどはしゃがんでじっくりみないとどれが乾いてどれが湿っているのか判らなくて、時間がかかってしまいます。盆栽もまた乾くもの、乾かないものとありますが、乾くものはたいてい用土が鉢上にこんもりとお山になっていて水やりしにくい形状になっていて、これまた水やりに時間がかかります・・・・。てなわけで、丁寧に水やりしようとすると、それだけで時間を食ってしまい、植替えになかなか手が回らないです。今シーズンはクリロー開花見込み苗が特に多いってのが何かと手間のかかる要因になってます。まあその分、楽しみも多いんですが。

himeringo121028.jpg
1週前の写真ですが、ヒメリンゴが赤く色付きました。
見た目はなかなか美味しそうでして毎年1つは食べてますが、要はリンゴから糖分を取り去ったようなものなので、決して美味しくはないですね・・。 以前は娘が喜んで食べてましたが、中学生になった今はもう食べてはくれませんね~。
himeringo121028a.jpg
このヒメリンゴ、9月に葉っぱを芋虫に食われてしまいましてちょっと弱り気味の気配。なので、早めに実をとらなくちゃと。
  1. 2012/10/27(土) 23:59:34|
  2. ミニ盆栽
  3. | コメント:0

苗を買いました

今日はお昼休みに職場近くのHCへ行きまして、マグアンプK中粒を買ったついでに
クリスマスローズ苗を1つ買っちゃいました。
ミヨシさんのアシュードオレンジペコってやつです。
ashorangepeco_121025.jpg
今シーズン、早くもクリロー初購入ですね~
ここ数年は苗なんて家に何百もあるので、原種の苗は別として、クリスマスローズハイブリッドの苗を買うことは全然無かったのですが、久しぶりに買っちゃったのは
花色がオレンジ色ということになっているからでして。
オレンジ色ってなかなか無いですから。
スポットの入り具合も好みですし。
ミヨシさんの株はこのへんじゃ開花株では売ってないってこともありまして。

まあ、マリーゴールドみたいな鮮やかなオレンジ色ってことはないでしょうけど
1年ちょっと、楽しみにしておきましょう。
  1. 2012/10/25(木) 21:36:33|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:3

スイートオリーブ

先週末あたり、スイートオリーブが満開になっておりました。
sweetolive121020.jpg
全然なってませんが、一応盆栽仕立てのつもり、です。
名前はスイートオリーブでも実のなるオリーブではなくてギンモクセイの四季咲きの矮性のやつです。
某大手通販で購入した挿し木のひょろひょろ苗からスタートして、早いもので8年半になりました。
花は猛暑・厳冬期以外は適当に咲いてくれます。
が、今回の開花の花付きはものすごく良くて、いまだかつてない見事さです。
sweetolive121020a.jpg
今までと何が違ったかというと、恐らくは肥料に
「バイオゴールド」
を使ったってことで。
同じくバイオゴールドを使ったミニバラも元気にしているところをみると、
こりゃ~えらく効き目があるような。
植物によって当たり外れはあるとは思いますが、高級な肥料を使うとそれなりの成果はあるって感じでしょうかね。
スイートオリーブの香りはギンモクセイと同じで、キンモクセイとは少々違います。
キンモクセイの方が香りが強く、派手で華やかな香りって感じですが、このスイートオリーブはやや控えめで優しく上品な香りってところでしょうか。もうしばらく、この香りを満喫できそうです。
  1. 2012/10/24(水) 23:59:12|
  2. ミニ盆栽
  3. | コメント:0

デュメ その後

今日は雨でしたね~
自転車通学の子供達は大変です。
明朝は冷え込むとか。
皆さま、風邪などひきませんように。

先日芽ぶきを紹介したデュメトラム、
10日ほどたって葉っぱが大きく展開してきました。
が、蕾が見当たらないぞ・・・・・
まあ、元気なので良しとしましょう。
A5ATdume121023.jpg

  1. 2012/10/23(火) 21:01:07|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

クリロー盆栽にコケを貼る

このところお仕事が非常に旗色悪いです。
先週の金曜日はいろいろと問題が噴出したのでこの週明けは結構憂鬱だったんですが、
所詮成るようにしかならん、との開き直りに加えてちょいとばっかし頭を使い、たまたま仕事妨害人が不在という幸運にも恵まれて、ひとまず難局の切りぬけに成功。しかし、明日はまた別の関門が。

と、いいつつも、お昼休みには盆栽用にとコケ拾いのお散歩に出かけました。
朝晩は大分涼しくなりましたが、晴れてるとちょいとお散歩しただけでもうっすら汗をかきまして、まだまだ冬は遠い感じですね。年末にはスキーの予定が入ったので、冬は早めに到来してほしい処ですが、どうなりましょうか。
帰宅して夕食後ゆっくりしてからヘッドライトを装着しての怪しい夜の園芸、早速先日作成したクリスマスローズ寄せ植え盆栽にコケ貼りをしました。
kuribon121013.jpg
↑先日の完成図です。コケが無かったので一面に砂を敷いちゃいましたが、ジョーロで水やりするとどんどん流れて行ってしまうのでイマイチでしたので、
kuribon121022a.jpg
kuribon121022.jpg
↑こんな感じにコケを貼ってみました。
ですが、何だか不自然ですね・・・
砂とコケの配置が悪いんでしょうね。でも、どうすればいいか良く分からず。
まあ、我が家ではコケは大体長持ちせず枯れてしまうので、貼り直す時にまた考えるとしましょう。
我ながら、いい加減ですね。
  1. 2012/10/22(月) 23:39:47|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

自家産クリスマスローズ苗の植替え

この土日はいいお天気で園芸日和でしたね~
先週はクリスマスローズ本年採種の種蒔きをしたので、今週は昨年=2011年採種組の植替えをしました。
6cmノーマルまたは7.5cmロングポットから、10.5cmノーマルまたは12cmロングへ植替えです。
概ね成長に応じて良いものは大きいポットへ、という感じで植替えです。
kurinae121020.jpg
以前は生育に関係なく一律に同じ大きさのポットに植え替えていましたが、水やりもまた一律なので生育の悪いものは過湿になってさらに生育が鈍るという悪循環に陥っていただろうなと思いまして、多少なりとも育ちに合わせてポットサイズを使い分ける事にしました。
しかし、左のやつなんかお見せするのが恥ずかしい位に生育が悪いですね・・・・。
生育に合わせた大きさのポットに植え付けるなんて当たり前の事だよなと思いますが、もう一点、ケースに入れるのも生育に合わせていいやつはいいもの同士、悪い奴は悪いもの同士になるべくまとめました。水やりするのに時間の余裕がないと大体ケース全体に水やりしちゃいますから、そうすると水やりが育ちのいい株にはちょうど良くなりますが育ちの悪い小さい株は常に過湿になっちゃうって事で、育ち具合をそろえてケースに入れる様にしてみました。あとは、全ての鉢で「良く乾いてから水やり」ってのがどこまでできるか、ですね。
かくして植え替えること、100ポット以上。
これを来春には13.5cmロングに植替え予定です。
2014年春には全部咲く様にしっかり管理したいと思います。
  1. 2012/10/21(日) 23:59:45|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

クリスマスローズ苗いろいろ

朝晩、めっきり冷えてきましたね~
早く蚊がいなくなってほしいです。そうしたら、夜の園芸のクリロー植替え、バリバリやっちゃいますね~

うちのクリスマスローズ苗いろいろ。

これは、しばしば買わない方がいいと紹介されている例
kurinae121016A.jpg
俗称「葉ばかり君」
葉っぱばっかり多くて、なかなか花が上がってこない性質らしい株です。
育ちはいいと思いますが、やはり咲かないとね~
葉ばかり君にも、大株になればいっぱい咲くタイプと、大きくなっても花があまり上がってこないタイプがある様な気がしています。後者は困っちゃいますね。

こちらは、往々にして良い株と紹介されている例
kurinae121016B.jpg
葉茎1本だけでがっしりしているやつ。
私はこのタイプを「シングルトン」と呼んでいます。
シングルトン君、当然開花は葉ばかり君より早いと思いますが、
しばしば花が咲いた後に新葉が展開せず、
花茎を切ってしまった後に地上部が無くなってしまう
「根茎ゾンビ」
になっちゃう可能性があります。
これはとっても困ります。
特に花に惚れ込んで開花株として買ってきたシングルトンはしばしば根茎ゾンビになってそのままお亡くなりになったりしますので。
新芽が出てきてもその数が少なくて、なかなか株立ちにならない事も多いですし、花茎・葉茎がやたら太くて葉っぱも大きくて、でもその数が少ないという株に育つこともしばしば。 それはそれで悪くはないと思いますが、1本しかない新葉を折損したり病気で失ったりするとやはり根茎ゾンビ化しますし、葉っぱがやたら大きくて数が少ない株は見た目的に大味な感じになっちゃいます。
というわけで、私が好きなのは葉茎2~3本立ちです。
kurinae121016C.jpg
葉ばかりでもシングルトンでもないこのタイプが、一番早く株立ちになってたくさん花を付けてくれる様な感じです。
まあ、そうはいいつつも、開花株に関してはあくまでも花が素晴らしい事だけで選んじゃってますけど。
それで結構失敗してきた私です・・・


  1. 2012/10/16(火) 23:47:38|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

種蒔き完了

この土日で本年採種したクリスマスローズの種蒔きを完了しました。
kurirotanemaki121014.jpg
1交配につき1ポット、採れ高と期待の高さに応じて6cm、7.5cm、9cmポットのいずれかに1粒~20粒撒きました。ついでに今年は余剰分を2粒づつプラグトレーに撒きました。これは発芽後にポット丸ごと立ち枯れ病で全滅する事がありますので、そんな場合の保険的な意味合いです。
用土はいつも通り赤玉土小粒の単用です。
プラグトレーに撒いた後は水やりしますが、その際に水の抜けが悪い処は底穴をつついて水がすーっと流れる様にしておきました。
ポットも今年はサカタのタネ製の底が3等分120°でくぼんでいる、プチワンランク上のポットを使ってみました。
2通りほど茶こし袋の中で種が腐って全滅していたのもありましたが、それでも44通りの交配となりました。
前年比で約5割増、過去最大数の撒き数となりました。
いつまでこんな地獄をつつけるんでしょうね~(笑)
  1. 2012/10/14(日) 22:33:05|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:1

クリスマスローズ盆栽の作り直し

今日はいい天気でしたね~
絶好の園芸日和って感じでしたが、
朝から昼過ぎまではお買いものに出かけたので、クリローのお世話はちょぼちょぼでした。
新聞折り込みの号外チラシが出ていたユニクロに行ったのですが、駐車場に入れないのではと覚悟していた割にはさほど混雑してなかったですね~。世の中、景気悪いのかな?? 
その帰りに寄ったスポーツ店の閉店セールで、こんな物を買ってしまいました。
headlight121013.jpg
ヘッドライトです。
頭に付けて点灯しましたら、めっちゃ明るいこと。これなら、夜間でもクリロー植替えOKですね~。
とまあ、夜の園芸体制の強化をしたわけですが、カミサン曰く、「近所の人に見られないようにしてね」と。
確かに・・・。鏡で見るヘッドライトを付けた我が姿、怪しいオッサンそのものですな。

さて、今日はクリスマスローズ盆栽(キンポウゲ科寄せ植え)の作り直しをしました。
昨春の姿。
kuribonA_120304.jpg
自家産ハイブリッドのクリローをメインに(といっても咲いてませんが・・・爆)、左奥に雪割草、左手前に節分草と、キンポウゲ科3種を寄せ植えにした盆栽風仕立てだったのですが、
夏越し後の姿たるや、
kuribon121013a.jpg
コケがすっかり枯れて、株元もむき出しになって、砂漠状態ですね・・・・。
これじゃいかんと、仕立て直すことに。

まずはメインのクリスマスローズ。
咲かない自家産ハイブリッドじゃ埒が明かないよねと、
NDSM_110221.jpg
小輪系(だと思う)のニゲルダブルに入れ替える事にしました。

その小輪系(?)ニゲルダブルはこんな風にこじんまりと育っていたのですが
NDSM_121013.jpg
盆栽鉢に入れるにはまだ大きすぎるので強引に株分けです。
NDSM_121013a.jpg
それから砂漠化盆栽を解体しましたが、節分草が見当たらなかったなので別な鉢から節分草の球根を取ってきました。
setsubunsou121013kyukon.jpg
芽が吹いたじゃがいもを超ミニにしたみたいですね。
kuribon121013b.jpg
で、そろえた植えこみ用キンポウゲ科3種
これらを元の盆栽鉢に植えこみます。
用土はちょっと粗すぎの気もしますが余り悩まずにクリスマスローズ用土をそのまま使います。
kuribon121013c.jpg
kuribon121013d.jpg
クリスマスローズと雪割草はちょっと鉢面より浮かしてあります。
高低をつける意味と、鉢面では根が収まりきらないという必然的な理由があります。
kuribon121013e.jpg
株元は、ケト土+芝生目土(赤玉土極小粒)を混ぜて練ったものをぺたぺた貼り付けて丘の様にしました。
これにコケを貼りたいのですが、コケの在庫が全然無い・・・・。
仕方がないので、とりあえず有り合わせの矢作砂を敷き詰めておきました。
kuribon121013f.jpg
kuribon121013.jpg
これで完成です。
コケが手に入ったら、ちょっと改造するつもりですが。

来年2~3月ごろに3種咲きそろったらいいな~と思います。さて、どうなるか?
  1. 2012/10/13(土) 23:59:50|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

種を掘り出しました。

大分涼しくなってきましたね~
寒いのが苦手な私、動きが鈍くなって参ります。(←大げさ)
我が家のクリスマスローズ軍団も生育を再開しつつありますね~
少しづつテンションが上がって来ますね~~

先ほど、裏庭に埋まっていた靴下(正確には軍足ですが・・)を回収してきました。
中に入っているのは茶こし袋、さらにその中にはパーライトまぶしのクリスマスローズの種であります。
いよいよ本年2012年採取組の種蒔きであります。
とりあえずは、茶こし袋のまま定法に従ってベンレート1000倍に浸漬1晩です。
さて、何を何粒撒きますか。
たくさん撒きたいけど、地獄になるのはほかならぬ自分がよーく知っています。
しかし、枯らしてしまったアップル系DDの種などは復活を期して全部撒きたい・・
うーむ、とりあえずは酒でも飲みながら一晩ゆっくり思い切り悩むとしましょう。
こういう悩みは体に悪くないですからね~♪

交配の例(左:受粉親、右:花粉親)
SKD_120308a.jpg KSD_110222.jpg
ちょっぴりグラデーションDDに吹きかけSD
花模様に期待。

APLD_120317.jpg APODFL_120310b.jpg
アップル系DD(故人・泣)にアプリコットDD
これは何粒でも撒いて、アップルDDの復活を期したいです。(が、そういうのに限って、新しい開花株を見た途端に買っちゃうんですよね~・・・。)

Maz_120317.jpg RDR_120214.jpg
かの通販入手の"赤DD"「マゼンタ」様に本年ドラフト1位の赤DD「赤ボタン」様
(誇張して撮影したつもりはないですが、実物見た目以上に色の差が出ちゃってますね~)
これは、しべまで赤い、とにかく赤いDD狙い。

PTPK_120128a.jpg TK2_120321.jpg
プチドールピンクにチベタヌス
思いつきの交配ですが、あまり意味無かったかな・・・・・・
というより、チベタの花粉がついたかどうか全然判りませんな。

69PSTR_090306.jpg 72DDGP_100111.jpg
星型の黒紫DDに、灰紫細弁DD
細弁で多弁なるダーク系DD希望。

てな感じで、相変わらずきままに交配しております。
うーん、やっぱりどれも楽しみですね~
さあ、困った。
  1. 2012/10/11(木) 23:45:24|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

デュメトラムの芽吹き

今日は元・体育の日、やはり雨は降らないですね~
私はずっと10/10固定の方が良かったと思うのですが、連休になる方がいいのでしょうね~きっと。
といっても、休日でも働いている方がとても多いと思います。やはり日本人は働き過ぎではないかと。イタリアなんかじゃ日曜日の朝なんて店はどこも開いていなかったような気がしましたが。

さて、夏の間殆ど無視していたクリスマスローズですが、ちょこちょこ見まわりしています。
すると、やはり今年もこいつが一番乗りかいなと
「アトロルーベンスのラベルで苗を買ってきたけど、咲いてみたらどう考えてもデュメトラム」さんです。
A5ATdume121010.jpg

だいたい毎年11月に花茎数本咲いて、その後しばらく休んで3月ごろにどひゃーっと咲きます。
11月に咲くのはこいつと他に汚い系のヒトデちゃんの2鉢で、毎年開花一番乗りを争っております。
例年、満開時・花後にうっそうと繁った後、灰カビや立ち枯れでばたばたと花茎や葉茎が倒れていくのをただ茫然と見ておりますが、今シーズンこそは予防散布をしてやろうと思います(汗)
  1. 2012/10/10(水) 23:59:48|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

流星群見れず

昨日は日没からちょこちょこベランダに出て流星観測をしておりましたが、
曇ってました・・・。
初めは夏の大三角だけ辛うじて見えてましたが、次第にそれも雲に覆われてしまいましてお手上げ。
電波観測ではそれなりに出現していたようなので、口惜しいですね~
ジャコビニ流星、見たかったな~
次は12年後かな・・・

日中は買い物などのお出かけの合間にクリスマスローズの植替えをしました。
5年以上植えかえてなくてガッチガチのやつ、かび病で弱って7号鉢から5号鉢に格下げになるやつとか、いろんな子がおりましたが、やってみて思ったのは植替えが急いで必要なのは小さい鉢に大きくなったやつよりは大きい鉢で弱って小さくなった株の方かな~と。これは放っておいて過湿になると枯れちゃう恐れがありますからね~。
いつ終わるか判りませんが、こつこつやります。
  1. 2012/10/10(水) 00:51:08|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

明日はジャコビニ流星群

今日はクリロー植替えやるぞ~と思ってましたら、
しとしと雨が。
リビング前の雨に濡れないスペースでやろうかと思いましたが、
そこに洗濯物を干すとのこと。
まあ、優先順位的に仕方ないです。
で、今日は3株だけ。
1つは100均6号ロングで5年くらい放置してたので、もう根ががっちがちでした。
我が家はそういうのが多くていけませんね~。(反省)

さて、明日の夜は流星観測をする予定です。
取らぬ狸の皮算用では、ジャコビニ流星群が予報通りに夜8時くらいに観測できる事になっています(笑)
県北の山地地帯への遠征も考えましたが、曇りと予報はずれのリスクが大きいので止めておこうかなと。
流星群にもそれぞれ特徴があって、ジャコビニ群はぺルセウス群やふたご群とは違った味わいがあるらしいのですが、まだ見たことが無いので一度見たいなと思うのですが、
とりあえず、何とか晴れてほしいもんです。
  1. 2012/10/07(日) 23:59:13|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

チベタヌスの植替え

3連休です。
が、この秋はなかなか園芸テンションが上がらない・・。
仕事でストレスが溜まっているせいかな?
それとも、外にいると蚊に食われまくるからかも?
あと2日の貴重なお休み、クリローのお世話をしたいところですね~

今日は辛うじてチベタヌスの植替えをしましたよ。

まずは1号。
5号ロングスリット鉢の底から根が覗いてるじゃないのと喜んでおりましたが、鉢から抜いてみたら根は鉢底までつながっていなかった・・・。
こんなんでした。
Thik121006.jpg
うむむむ、これでは昨年と比べて進歩無し・・・・

(1年前の植替え時の姿)
ThiK_kabu_111002.jpg

こりゃ、バークたい肥100%用土、実は全然ダメだったのかと思いましたが、

同じ用土の4号
鉢から抜いてみると、健全な根が結構伸びてました。
TH4_121006.jpg

土を洗い落とすとこんな感じ。
TH4_121006a.jpg
なかなか健全そうです。
今までチベタは赤玉土・鹿沼土・軽石を主体の用土で育ててましたが植替え時に根が伸びていた試しがなく、こんなに健全な姿で秋を迎えられたのは初めてです。ちょっと嬉しい感じ。
2株に分かれたので(輸入株で元々2株だったのかも)、別々に植えました。
大きさの参考まで、タイル1枚が12cmです。


それから最も充実した株であるはずの昨シーズンに購入・開花した2号。
株元より下は購入元のピリカさんの用土、上部はバークたい肥100%で覆っていたものですが、
鉢から抜いた姿。びっしりとではないですが、根は健全に伸びてました。
用土がどうのこうのじゃなくて、水分と通気の具合がうまくいったかどうかが結果に結び付いたんでしょうかね。
TK2_121006.jpg

土を洗った後。
今シーズン咲いてくれるかな~?? 微妙な感じ。
TK2_121006a.jpg
TK2_121006b.jpg


さて、新しい用土をどうするか・・・・
バークたい肥100%は悪くなさそうですが、ミミズと大量の1cmくらいの芋虫が発生していたのと、それと因果関係の有無は不明ですが1年たつとバークたい肥はふわふわ感が全くなくなってベトベトな用土になってました。よりベトベトになっていた1号が根腐れしていました。また水やりを重ねるうちにバークたい肥は徐々に隙間が埋まってくるようで用土の高さも減ってまして、通気性が悪くなった印象でした。
とすると、バーク100%ではまた同じ事になるので、何か一工夫しなくてはと考えました。
軽石とか鹿沼土とか通気性や保水性は良くても固くて粒子の粗い用土だと我が家ではうまくいった試しが無いのと、柔らかい用土が良いという話を聞いたことがあったので、固くて粗い粒子は避けることに。
そこで、有り合わせの乾燥山苔を混ぜてみようかと。水を含めばある程度形を維持してくれるのではということで通気性・保水性の改良になってくれればと。
で、バークたい肥7割、乾燥ヤマゴケ3割くらいで混ぜて用土としてみることに。
どこ見ても書いていない、挑戦的な用土にしてしまいました・・・。
TH4b_121006.jpg
最後に芋虫繁殖防止にオルトラン粒剤をパラパラ撒いて水やりして植替え完成です。

ついでに、同じくバークたい肥100%で植えていたヴェシカリウスも植替えました。
何と、根に曲がついてしまいました・・・
盆栽だったら大喜びなんですが(苦笑)
VC_121006.jpg

根が黒っぽくて根毛がありそうな気配がないですが、まあ、多分生きているでしょう。
同じくバークたい肥にヤマゴケ混用で植えちゃいました・・・
さて、無事に育つかどうか??

明日もクリローお手入れ頑張らなくては。
  1. 2012/10/06(土) 23:59:11|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

チベタの様子

早いもので、今年ももう10月です。
クリロー植替えシーズンですが、まだ着手できてません。夜にやるしかないかなあ~
昨日の台風は相当風が吹いた様ですが、朝に奥方が転がった鉢を立ててくれたので何事も無かったみたいな感じになってまして、盆栽類の鉢が割れたり枝が折れたりすることもなくてよかったです。

さて本日は夏越し後のチベタヌス軍団の様子をご紹介。

まずは1号、2010年2月に開花株で購入した甘粛省タイプ
用土はバークたい肥100%
Thik121001.jpg
2011,2012年と花を見れませんでしたが、何となく丸い感じの芽がある様な。
これは久々に開花の期待大。
しかも、この株の鉢底を見ますと
Thik121001a.jpg
ちょっとですが根が出てますね~
今までチベタヌス育てていて、鉢底から根が出たのをみたのは初めてです。
バーク100%、いいかも??


お次は2号、ピリカさんから買って昨シーズンにお花を楽しんだ株
TK2_121001.jpg
用土は地下部は買った時のままの赤玉や鹿沼中心らしき用土、その上に5cmくらいバークたい肥を被せていたものですが、新芽らしきものが小さい点を除けば元気そうな感じです。これは今シーズンさくかな~?
元気そうなのはいいのですが、バークたい肥中にいたらしい小さな芋虫がぞろぞろいるのがちょっと気になります・・・・。とりあえず、オルトラン粒剤を散布。


それから4号、昨シーズンに輸入苗(多分)を導入したもの。
クリロー仲間との物々交換で我が家にやってきて、2月からバークたい肥100%で育てましたが
TH4_121001.jpg
やはり健全そうです。
新芽はたくさんありそうですが、花芽かどうかは??
これまた、芋虫がちょっと気になりますね・・・

えっ、3号が無いって??
昨シーズンに輸入苗(多分)で買ったのですが枯れちゃってました。
これは赤玉・鹿沼中心で植え付けて落葉後の覆土も鹿沼でやってたのですが、夏越し後、根茎がきれいに溶け去って根茎がそこにあったとわかるような洞窟状態でした・・・。元々一番不健全な株でしたので用土の問題はたまたまかもしれませんが、総合的にはバークたい肥を使うと成績が良さそうで。

というわけで、我が家ではチベタはバークたい肥100%でいこうかなと。
  1. 2012/10/01(月) 22:11:37|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

プロフィール

furendo

Author:furendo
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (176)
クリスマスローズ (626)
ミニ盆栽 (84)
香りの花 (35)
花いろいろ (54)
食べる園芸 (74)
ねこ (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR