園芸 My way

自宅の小さい庭で野菜・小果実・盆栽・鉢花など育てています。特にクリスマスローズがいっぱいです。

自家産のクリスマスローズ

今シーズンはほぼ毎日、クリスマスローズのお花の見回りをしています。平日は夜になっちゃいますが、ヘッドライトをつけてフラッシュ撮影してでも記録を残しています。ここ数年では一番真面目に見回りしていますね。それだけ今年は張り切っているんでしょうかね、わたくし。

では自家産です。
アップル系・シングル咲き
親とそっくりなんですが、もしかすると花形の面で親を超越したかも
11_22C_160228.jpg
11_22C_160228a.jpg
この親はこちら、
受粉親・大森プランツのアップルピンク系シングル。花粉親は同じく大森アプリコットダブルです。
APP2_080227.jpg APP2_080227b.jpg APP2_090208.jpg
両親合わせて20000円なので、きれいな花が咲いてくれないと困ります・・・・・。

これは、うちに残ることになりそうなセミダブル。いい感じかな。
12_47a_160228.jpg

ピンクのシングル花。
これは、横山園芸プチドール・濃いピンク剣弁 x SSゴールド という交配でして、
予定通りのシングルですが、花色は中間よりもピンクっぽいな。
でも優しい色合いなので良い感じ。
12_32B_160228.jpg

これは何だろう。とりあえず咲いて中を見せてほしいです。
110HN1_koboretane_160228.jpg

これは、良くできました。おしべが展開した最盛期が楽しみです。
12_24B_160228.jpg
まだまだいっぱいあるんですが、眠くなったのでまた明日。
スポンサーサイト
  1. 2016/02/29(月) 23:46:51|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:4

最新お買い物

今日はスギの花粉が相当飛び交っていたのではないでしょうか。
わたくしの「鼻センサー」が敏感に反応しておりました。
昼は結構暖かかったのですが、夕方はひんやりした風が吹いてきて、まだ春では無いよな~と。
そう、近々スキーに行く予定があるので、そう簡単に暖かくなっては困ります・・・・
でも、暖かいほうが良いな~

この時期はクリスマスローズばかりに没頭しているわたくしですが、
家の中では金のなる木が2年連続して開花しておりました~
それはそれでよいのですが、2年連続で一房のみしか咲かないってのはどういうことなんでしょうね~
株いっぱいに咲かせるにはどうすればよいのでしょうかね?
kanenonaruki160228.jpg

こちらはオンシジウム・トゥインクルという小花、我が家で唯一の洋ランです。
買ってきて3シーズン目ですが、毎年咲かせることができております。
が、今年は何故か、花茎が立たずに垂れ下っちゃいました・・・・・・なんででしょう?
相変わらず香りも甘くていい感じ、お花の黄色もきれいでして、垂れ下っちゃったけどロングポットに入れておいて良かったな~ってか。
oncidium_twinkleYD_160228.jpg

では、クリスマスローズです。
まずは、昨日買ってきたやつ
夢花さんの、グレープバイカラーセミダブル
ネクタリーがハート形っぽいやつ。
HRT_160227.jpg
HRT_160227a.jpg
ネクタリーがハート形で筒咲きで白い花ってのがクリスマスローズの本に載っていて、以前からこんなの欲しいな~と思っていましたが画像で見るばっかりだったのですが、ようやく実物を見ることができました。もっとも、花色が全然違ってて、ハート形も完全形ではないですが、一目見てうぉーっと思った衝撃は心に響くものがありました。
で、売り出し日の土曜日朝に出かけまして、娘の送迎で出遅れたのであきらめていたのですが先着のお客様は皆さま美人系・かわいい系を選択されたので、幸運にもゲットすることができました。
ついでに、夢花さんらしい、かわいい子も併せて連れ帰るのを狙っていたのですが、さすがに出遅れではゲットならず・・・・。
さすがに四国造園の常連さん達はお目が高い・・・・・。
その後よせばいいのに売り場を一回りしていたら、ひっかかる花が。
DP5_160227.jpg
特になんてことはない、濃いめのピンクのダブルですが、
何故かストライクゾーンにびしっと入っちゃって、
上のやつと合わせて2株お買い上げ。
また増やしちゃってます。
ただ買っただけでは仕方が無いので、チベタヌスの花粉などつけてみたりして・・・・・・・1株買うだけよりもっと悪いか(爆)

というのが昨日のお買い物ですが、
本日懲りずに地元の兼晃園さんにて、またもやお買い物。
こんなお花に一目ぼれして、連れ帰ってしまいました。
DWPV_160228.jpg
何となく花弁数が多い様な、それよりも何となくチョロッとベインだか何だか分からない程度の微妙な模様がはいっているのが何ともそそられましたもので。今年の我が家の四国ドラフト1位指名のダリア咲き
DA_160131.jpg
これと交配したらば相性良さそうな気がしたり、色々と可能性がありそうな気が。なんて、何考えているんでしょうね、私。

これにて、今シーズンのハイブリッドのお買い物は計18株となりました。
昨シーズン実績はハイブリッド20株でしたので、
あと2つ買ってもいいかな~(爆)

去年もいっぱい買って、もうこれ以上買うものないかもね~なんて思っていましたが、
新しい花が毎年出てくるクリスマスローズの業界って、なんと恐ろしいかな。

  1. 2016/02/28(日) 23:46:15|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

夢花さん

今日は四国造園に夢花人さんのクリスマスローズが入荷ということで、行ってまいりました。
というか、実は昨日夕方に四国造園さんに行きました所、ちょうどハギさんがクリローと共に帰って来られたので、
閉店前にちょこっと本日販売分をちゃっかり見学させていただいちゃっておりました。

まず目に入ったのがこれ。形が完全ではないですが、「筒咲き・ハート形セミダブル」という長年探し求めていたやつ。
クリスマスローズの本を見るとよく載っているのは白花で筒咲きでネクタリーがハート形で、本当はそれが欲しかったのですが、
目の前に現れたのは予想だにしないグレープバイカラー。
この色はどうかな~という気もありましたが、この花形はやはり良いな~。
でも、たぶんこの花が夢花さんらしい花ということではないでしょうね。
HRT_160226.jpg

夢花さんらしいなと思うのは、淡色系でかわいらしい花で、苞葉のフォルムも含めて小さくまとまっている株でしょうね。
そんな魅力的な株がたくさんありましたよ。
shikoku160226_1.jpg
shikoku160226_2.jpg

これは、想像力を掻き立てるつぼみですね~
shikoku160226_3.jpg

これは、和風ぽいな。盆栽鉢に植えてみたいです。
shikoku160226_4.jpg

これは、花も葉もなんだかやけにテカテカ。ワックスでも塗ってあるみたいな感じが面白い。
shikoku160226_5.jpg

shikoku160226_6.jpg

これはとても良かったな~
shikoku160226_7.jpg

これも良かったな~
shikoku160226_8.jpg

というわけで、今朝、出撃してきました。
何を買ったかは次の記事にて。(大体わかりますよね)
  1. 2016/02/27(土) 22:20:45|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:4

Windows 8が遅すぎる!

今日は花の金曜日。
昔、バブルのころだったでしょうか、「花金」って言葉がありまして(年がばれますが)、
金曜日はさっさと帰って遊びや飲みに行くってのを花の金曜日と言っていたのだと思いますが、
私にとっては、この時期の金曜日は仕事を早く切り上げて園芸店さんに花を見に行くという、
文字通りの花金なのであります。
今日は2軒ほど、ハシゴしてきました。
1軒目のホームセンターさんは、早くもクリスマスローズが割引販売でしたね~。
結構かわいそうなお値段のものもありまして、採算割れしないかなと、ちょっと心配です。儲からなくなって生産者さんがいなくなっちゃったら、良いお花を楽しむことができなくなりますから。

さて、表題の件。
今愛用しているパソコンは、不本意ながら使っているWindows8です。その前のWin7が故障したので急きょ電器屋さんに行き選択肢の無い中でしぶしぶWin8マシンを購入。今では操作も慣れたので操作にはそれほど不自由しませんが、どうもマイクロソフトはWin8を無理やりWin8.1にさせたいらしく、しょっちゅう「無料で8.1に更新」とかメッセージが出てきます。検索すると8.1にしたらもっと遅くなったとか出てくるし、そもそも困っていないので8.1にしたくないのですが・・・
どうも、ソフトの機能で陰で強制的にアップグレードさせようとしている気配が。
というのも、時々めちゃくちゃ動作が遅くなることがあって、そんなときにタスクマネージャを開くと1GBもメモリを使っているタスクがあって、その中身をみると「Windows Update」てのが入っています。
windows_160226.jpg
このWindows updateのタスクを右クリックして停止すると、すぐには回復しませんがしばらくしたのちに
このタスクが消失するとともに下のようにメモリが解放され、パソコンが動作を取り戻します。
毎日1回はこれをやっている感じですね。
windows_160226a.jpg
パソコンを使っているうちに急に動作がめちゃくちゃ遅くなり、タスクマネージャで調べるとパソコンが勝手にWindows updateを始めていて(たぶん、Windows8を強制的にWindows8.1にさせようと仕向けているのでは?)、それがメモリの大半を使ってしまうので遅くなっている、のだと推察されます。
全くもって、迷惑千万な機構です。
ソフト販売会社の都合で、パソコンの動作を遅くされるなんて、めっちゃ頭に来ます。
マイクロソフトなんぞ、潰れちまえ~と、ちょっと思ったりもします。そもそもビルゲイツもうけすぎです。慈善事業やってますけど。
ほかに良いOSが出てくれば、本当に潰れるんじゃないの?と思ったりもしますがどうでしょう。

ではそろそろ園芸ブログらしく、クリスマスローズの紹介を。今日はすべて自家産です。

赤塗り花の子供です。父親(花粉親)は分からない、いわば”私生児”です。
改めて見直すと、何だかいい花なんですが、すでに手放しちゃった・・・・・。 また作ろうにも、父が分からない。まあ、適当に種とってまいときゃ、また出るでしょう。
11_08D_160220.jpg

アプリコットダブルです。
これは、自分でも花色花形ともに高水準だと思います。
それもそのはず、両親ともウィンターシンフォニーのアプリコットDDですから。競馬でいうところの良血馬そのものなんで、きれいになってくれなきゃ困ります(笑)
12_04B_160220.jpg

これは一応グレープバイカラーDDかな。兄弟にとてつもなくぐちゃぐちゃなダブル花がいますが、この子は割とまともに育ちましたね。
11_04D_160220.jpg

これ、記録上は紫セミダブルx白シングルとうもろこしネクタリー という交配なのですが、ラベル違いかミツバチが悪さをしでかした交配失敗でしょうね。花の周辺部だけ見ると、なんちゃってソレイユってな感じ?
12_34A_160220.jpg

ゴールドSS x ピンクDD(親は記録上ネオンセルフ交配)というやつ。
特に、褒めようが無いな・・・・・。
12_06A_160220.jpg

紫セミダブル x アトロルーベンスDD(もらい花粉) という交配からの開花です。去年も咲いてまして2度目の開花ですが、特に変わった様子はないです。花色はしょぼいですが、悪くはないな~と思います。
11_13A_160220.jpg

ゴールドSS x ピンクのプチドール からの開花。
まあ、シングルで当たり前として、色形もまあこんなもんかな~の想定内。
12_07A_160220.jpg

これは、ピンクのやや大き目ネクタリーSD x ピンクの袋状ネクタリーSDからですが、
なんでSDにならないの?! ぷんぷん。
12_48A_160220.jpg

何じゃ、この汚い花は? と思ったら、ラベルを見るとかの”ブラックマジック”の子でした。 広瀬園芸さんのブラックマジックは、それ自体を楽しむべきもので、交配につかうもんじゃないなと思っちゃいました。
13_04_02_160220.jpg

紫SD x 白多弁SS のはずなんですが、良くわからないですね
12_02A_160220.jpg

ゴールドSS x ピンクのプチドール からの開花。上のほうにある花と兄弟です。
12_07B_160220.jpg

アップル系のダブルです。この交配は全てアップル系ダブルになると分かったのですが、時すでに遅し。
アップル系はみなさんほしいのではないしょうか??
11_21F_160220.jpg

これは、不思議な交配結果です。両親はべつべつのセミダブル。
11_02A_160220.jpg
  1. 2016/02/26(金) 23:59:30|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

釣鐘

「釣鐘」と呼んでいる自家産のお花が開いてきました。
09_27_160225.jpg
ちょっとお寺の鐘っぽいでしょ?
丸太でゴーンとついて鳴らしたい感じ。
我が家で一番”金属感”(?)がある花です。
花色は「灰紫」っていえばよいのかな。
最近、この花色はお店で売っているのでしょうか? 
あまりなさそうな気がするので、大事にしようと思います。
我が家にも丸弁カップ咲きのシングルは有るんですよ~(笑)

2年前の姿。
09_27T_140218.jpg
09_27T_140218a.jpg
09_27Tsubomi_140216.jpg

  1. 2016/02/25(木) 23:58:35|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

交配は難しい・・・

今日も夜帰宅後に庭に出てクリスマスローズの開花チェックをしようと思いましたが・・・・
みぞれっぽいのが降ってる~!
寒いし濡れるしで、早々に退却しました。
寒いと外に出るのが億劫ですが、お花の色は良い。暖かいと出るのが楽ですが、花色は薄くなって花期も短い。
どっちがいいかな~?
大変難しい問題ですが、
今年に限っては3月にスキーへ行く予定があるので、もうちょっと寒いままが良いかな~。全然関係ない理由でしたね。

これは、かれこれ10年以上しぶとく持っている、ただのシングル花
A10W_160224.jpg
パステリッシュストレインとか、シングル花に模様の入ったやつが流行ってきたので、
こんな花も珍重されないかな~なんて密かに思っております。
実際のところ、こんなのは今探してもなかなか無いんじゃないの?なんて気が。
で、何か交配に使ってみたいなと。
何が良いかな~?

話は変わりまして、自家産のお花いろいろです。
先日紹介したピンクの多弁狙い交配
12_41P_160220a.jpg
ちょっと咲き進んだら、花弁がよれよれになっちゃいました。
これはありがちな、良くないパターンだな~。
一応残すと決めたので来年も咲かせるつもりですが、あまり大きな期待はできそうもないですね。
12_41P_160223.jpg
同じく先日紹介した「外クレオン」
11_08A_160220.jpg
花弁がこれ以上開くなよ、の願い虚しく、開いちゃいました
どこまで開くかわかりませんが、気に入った筒咲き状態を見れたのは良かったです。
やはりなるべく毎日、細目に様子を見ないとね~
11_08A_160223.jpg

以下は新規初開花のやつら
これ、記録上はゴールドのセルフ交配。
笑っちゃいますよね~。自分が交配する前に、ミツバチが交配してたかな?
11_01B_160223.jpg

こちらは記録上はゴールドxダブルピンク
交配失敗もいいところですが、ちょっとかわいいといえばかわいいですね。
12_06A_160224.jpg
この花は、上の花と兄弟。つまりゴールドxダブルピンク。
だいぶ違いますね~
12_06B_160224.jpg

これだから面白いのかもしれませんが、
手間とお金がかかるよな~
  1. 2016/02/24(水) 23:55:58|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

夜間撮影

ここ数日、夜な夜な頭にヘッドライトをくっつけて庭のクリスマスローズを眺めたり写真を撮ったりしています。
日曜の夜は、さらに古葉切りもしていました。
傍から見たら実に怪しい光景でしょうね~
でも、平日は昼間見ている時間がないので、夜に見るしかありませんで。
フラッシュ撮影だと、きれいには撮れないんですよね~

今年咲いた自家産セミダブルの2番花
ネクタリーが2段っぽくなって、内側の色づきがよくなり、進化した感じ。
これはやはり残留ですね。
12_34B_160223.jpg
12_34B_160223a.jpg


ほかにもセミダブルがいろいろ
これはかなり古参になった、汚系代表。昼間はもっときれいですけど。
SDRB_160223.jpg


これは自家産。初めて咲いた時(下)はもっと色が濃くてきれいだったんですが・・・・
と思ったら、今年は咲くまでずっと日陰に置いていたんだっけ。日向だったら、もっと色が濃くなったかも(反省)
07_24B_160223.jpg
07_24b_110228.jpg


これも自家産ですが、我が家の糸ピコ白ダブルに、当時まだ珍しかったゴールドの花粉をかけたやつ。
5年くらい植え替えしてないのですが、植え替えたらネクタリーがもりもりしてくれますかどうか・・・・
ネクタリーがおじいちゃんの歯みたいにところどころ抜けちゃってるのがちょっといけませんね。
07_36C_160223.jpg


リバーシブル系統かな?のセミダブル。これもちょっと弱くて、植え替えして花茎を太くしてやらないと。
10_02B_160223.jpg


これは、以前地元の兼晃園さんで買ってきたお気に入り。この花を親にして、ネクタリーをもっと大きくしたいなと願った交配がもうすぐ咲きそうですが、結果は??
SSIP_160223.jpg


ところで、今日ニュースをみたらば民主党と維新の党が合併して、新党の名称候補の1つが「民主自由党」だとか。
これじゃ、オール世襲の国民蔑視貴族与党の名前をちょっとさかさまにしただけじゃん、みたいな。
何というか、どこまでもセンスのない政党ですね。呆れて物が言えません。
新党の名前なんて、公募すればいいじゃないですか。
若者が支持するような名前にしなくちゃ。
アメリカでは大統領の候補選びが始まってて、民主党ではサンダースさんが若者に支持されているとか。日本の民主党さんも、これですよ。彼の政策まるごとパクっちゃって日本の若者の支持を集めればあっという間に大逆転だと思いますよ。
そういうところが分からないのでしょうかね。やっぱし日本の民主党さん、頭が固いというか、はっきり言えば頭悪いな・・・。それじゃ困るんですが。何とか国民蔑視貴族与党を倒してもらわないと。
  1. 2016/02/23(火) 20:41:35|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

交配しようと思ったら・・・・

今日は仕事帰りにガソリン給油しました。
いつも思うのですが、スタンドの店員さんって何で給油量を●●.00Literみたいに揃えたがるのでしょうかね。
私はまったく理解できませんで、全く馬鹿馬鹿しい慣習だと思います。
世の中のみなさんはそんなにキリ番が好きなんでしょうかね。
小数部を00に揃える暇があったら、その分窓とかもっときれいに拭いてくれる方が全然いいし、そもそもさっさと終わりにしてくれるのが一番いいと思うのですが。

さて、今期の面白い系、モモイカさん
MK1_160131b.jpg
本に書いてあるセオリーを守らないわたくしは、
遺伝子保存のためのセルフ交配を仕込んでおりますが、
ほかにも何か交配して色の違うイカにしてみたいな~なんて思いが。
赤と交配すればピンク、黒と交配すると赤~紫あたりかな。

さほど真剣に考えず、手近にあったこちらの赤系ダブルと交配しちゃいました。
HDR_160123a.jpg
この赤ダブルは花弁が細くはありませんが谷折りになっているのでその点はモモイカと同じなので、性質としてケンカせずに谷折りになった花弁が伸びてくれるんじゃないかと考えました。これでピンク系のイカができればいいかな、なんて。

そんな交配を仕込んだ翌日、
園芸店さんに出かけたら
こんな花がありました。
IK2_160222.jpg
こりゃ、濃いピンクのイカじゃありませんか。
ベインっぽい模様は別とすれば、上の交配の開花予想図みたいな花でして。
なんだ、それならこれ買って帰ればわざわざ家でイカ交配して育てなくてもいいじゃんか。
てなわけで、買ってきちゃいました(爆)

そこで、じゃあ交配はやめておこう、となればよいのですが、
このピンクイカと、モモイカを交配した方が面白いかな~なんてアホな考えが。
しかし、よくよく考えると、モモイカとかけて面白そうなのはブラックマジックかな?
とんでもないものができるんじゃないの、なんて。

さて、ピンクイカと一緒に、
ピンクのダブルも買ってきちゃいました。
DP4_160222.jpg
ちょっと濃い目のピンクで、裏表同じ色、スポットとか余計な模様は無し。
この花色がいま家に無いから、ってだけの話で買っちゃいました~。
ピンクイカもピンクダブルも安かったから。
我ながら、病気だな・・・


  1. 2016/02/22(月) 23:51:56|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

クリスマスローズの世界展

今年もまた、クリスマスローズの世界展に行きませんでした・・・・・・。
タイトルで検索して来られた方、すみません。
ここ、茨城県南地域ってクリスマスローズの有力店がいくつかありますので、
わざわざ東京へ行かなくてもいいお花を見ること(買うは別ですが)はできます。
世界展でのお買い物は混雑していて大変だったとか、展示も人が多くてじっくり見れなかったなんて話を聞いてしまったりすると、なかなか出かけるのが億劫になりまして。
もう十数年クリスマスローズを育てているので、一度は行ってみないとな~と、今年は行こうと思っていたのですが木曜日に出張が入ったので金曜日は休めなくなり、昨日の土曜日は雨で出かける気が萎え、今日は朝寝坊しちゃって、結局行かずじまい。
興味があるのは新花コンテストです。
文字通り、新しい花ってどんなの? というのがとっても楽しみです。
ごく最近になって、クリスマスローズ協会のWebサイトに毎年の受賞作が載っているのを知りました。
今年はさすがにまだ協会のページには載っていませんが、加藤農園さんのブログに載っているのを見ました。会場の様子とかも見れて、加藤農園さんには感謝ですね。
さて、行ってもいないのに難ですが、わたくしなりの希望としましては、
ナーセリーさんのブースに展示される花は、ほしいと思った方がみなさん買える程度に数的に流通されるお花だけにしてほしいなと思います。
それと、新花コンテストも同様で、「新花」とは、これから新しく流通する花あるいは流通済みの新しい花、だけを対象にしてほしいと思いまして、流通しないような、たまたまできちゃったやつ、みたいなのは除外してほしいです。
たまたまできちゃっただけってやつは、別に「奇花コンテスト」をやって、生産者さんもアマチュアも入り乱れてたまたまできちゃった面白い花を見せ合うのがいいかなと思います。
要は、買えるものと買えないものをはっきり分けてもらった方が、みんな分かり易くて良いのではないでしょうか?
新花コンテストで受賞した花が全然流通しないって言うのだけは無しにしてほしいですね。
あと、協会の方にはお願いですが、せっかく新花コンテストの写真を載せるならば、少しでもいいから文章で説明を書いていただけないでしょうか? 名前と写真だけじゃ、何がポイントなのか分からない場合がありまして・・・・・。

なんて、グダグダと書いてしまいましたが、
ここ一週間くらいで我が家は開花ラッシュが訪れまして、
古参の株の開花、自家産の新規開花、わんさかです。
たくさん紹介したいのですが、とても時間がないので自家産の新規開花を少しだけ。

ピンクのダブル。
12_41P_160220.jpg
12_41P_160220a.jpg
これは、多弁狙い交配から生まれた花です。
受粉親は自家産のダブルピンク、花粉親はクリロー仲間の超~多弁のグリーンのお花。
で、受粉親は、ベティーラニカー(以前たくさん流通していた白花ダブル) X 別のクリロー仲間の多弁ピンクのピコティーって感じでして、75%他力本願って感じです。
これくらいじゃ多弁とは言えないかもしれませんが、4.5号ロングポットでの新規開花でも3~4段咲きになっていますから、植え替えて株をがっちり育てれば来期はばっちり多弁になってくれるのではないかと。それに加えて、いくつかの花弁に切れ込みが入っていまして、余計に多弁に見えてくれる要素もありまして、これは楽しみです。
クリロー仲間には感謝しなきゃいけませんね~。

もうひとつ、ダークな色のダブルです。
4.5号ロングの割には花茎がしっかりしておりまして、我ながらよくできたもんです。まったくたまたまでして、全部こんな風に育てられればいいんですが、何がよかったのか自分でもわからない・・・・
11_26A_160220.jpg
それはさておき、お花の色は何とも微妙な色でパープルグレーとでも言いましょうか。
交配内容は、紫のセミダブルxクリロー仲間のグレーダブルでして、花色は確かに足して2で割ったような色です(笑)
それだけだったら、まあよくできたな~と満足して、あとはお嫁に出してしまうのですが、これはちょっと引っかかるところが。
というのは、写真では表現できないのですが、何となく花弁に光沢感があるんです。
よく見ると、花弁にブロッチがのっているようでして、それが何となく光を反射するような感じ。
気になりますね~ってことで、手元に残すことに。
11_26A_160220a.jpg

もうひとつ。
外側ブライアーローズとでも言いましょうか、あるいは外側クレオンとでも言いましょうか・・・
なんだかいい感じだな~と。
11_08A_160220.jpg
内側は、うっすらベインですか。
どこまで花弁が開くかで、全然違ってきそうで、注目しようと思います。
11_08A_160220a.jpg
この花の受粉親がこちら下の写真、へたくそなネーミングですが「赤塗り花」ってやつで、花粉親は不明です。交配してなくて、たまたま種がとれちゃったので撒いてみただけでして。
親子を見比べると、親が緑の地色に赤の強烈な模様でちょっと行き過ぎでグロテスクな感じが薄まって花色も白っぽくなり模様も薄まってすっきりした感じになってくれたかなと。これは手元にのこしておかなくちゃね~
YSG_160220.jpg
YSG_160220a.jpg
というわけで、また3鉢増えました。
置き場所を考えなくては。
  1. 2016/02/21(日) 23:43:02|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:4

我が家の受粉

2月も下旬になりまして、さすがに我が家のクリスマスローズも続々と開花を始めました。
今日は午後から雨の予報でしたので、午前中はたくさんのお花の写真をせっせと撮っておりました。
一通り撮り終えた後、今期で手放す株の決定つまりリストラをしようと思いましたが、とたんに雨が降ってきました・・・・・・
これはリストラなんかしないで抱え続けなさいという点の思し召しなのか?
それはともかく、うちのお花の写真をお目にかけたいのですが、枚数が多すぎるのでちょっと別の話題を。

さて、これは3週前の四国造園クリスマスローズフェア初日(ドラフト会議)でお連れした艶あり黒ダブル
MGB_160131b.jpg
これの二番花が咲いてきました。
上が三段咲きっぽくなっているのと比べるとこちらは二段咲きで、ちょっとお花のクオリティーが落ちちゃったかな? まあ、大体こんなもんだ、って気がします。今春にしっかり育てて来年に期待という手もありますね。
まあ、クオリティーはともかく、この「艶黒」というカテゴリーの遺伝子は残したいと思い、一番花にセルフ交配をかけましたが受粉せずでした。そこで二番花を改めてセルフ交配するのと、別の漆黒ダブルが咲きかかっているのでそれに花粉をつけることにしました。
MGB_160220.jpg

こちらは漆黒ダブルです。
これくらい、咲き始めでようやく中が見えるちょっと開いたくらいの時が花粉付けのタイミングかなと思います。
YAM_160220.jpg

艶黒の方からめしべをもってきます。どのめしべでも同じですが、花から離れちゃっている老朽花粉よりは、まだ花にしっかりついているめしべの方が花粉の活きがよくていいんじゃないかな~と思っています。
MGB_160220a.jpg

上の花粉を、下のお花に交配します。交配というより、厚めに塗りたくる感じ。
めしべの柱頭の先にこれでもかって感じに塗りたくります。
YAM_160220a.jpg
で、この後数日間は屋内で管理します。
というのは、屋外に出すと、せっかく塗り付けた花粉をミツバチが根こそぎ持って行ってしまうことが結構あるからでして。
以上、わたくしが気を付けている花粉付けは
・まだ完全に開いていない花に受粉する
・花粉は新鮮なやつをたっぷりと塗り付ける
・受粉したあと、ミツバチが来ないように、数日間屋内で管理する
てなところです。
ちなみに、以上に関し科学的な根拠はないです。自分が十数年見た事感じた事だけで書いていますので、あくまでご参考程度に。
  1. 2016/02/20(土) 23:52:12|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

開花株その後

今日からクリスマスローズの世界展ですね。
かれこれ15年くらいクリスマスローズを育てているのに、未だに出かけた事がありません。
人が多くて見るのも買うのも大変って話を聞いたりしたもので。でも、日時を選べば空いているみたいですね。
今年は初日の金曜日つまり今日お休みをとって出かけようかと思っていましたが、前日に東京出張が入った影響で今日は休めませんでした・・・・。土日に行くか?? たぶん、面倒になって今年も行かないんだろうな・・・・
夕方までお仕事して、帰りにちょいと園芸店さんを偵察しました。ちょっとがっかりな知らせがありましたが、いつのまにか入荷して、いつのまにか売れている・・・という当たり前の現象が起きていることを改めて認識したのでありました。そう、よく知られたクリスマスローズのお店は入荷したんじゃないかな?と思ったらなるべく早く行かないと、べっぴんさんには会えないかもですね~。まあ、今週は不可能でしたけど。

まだまだ買いたいけど、置き場所もないし、そもそも今シーズンもずいぶん増えてます。
そろそろ結構咲いてきたし買ってきたお花も立派になってきたので、お店に行かずとも、家で結構楽しめる季節になってきました。
では、購入株のその後を。

ソレイユ様
約40日前に買ってきたときはこんな感じ。
太い花茎が1本そびえておりました。
SO_160109.jpg
直近はこんな感じ。
SO_160219.jpg
花茎が3本になり、にぎやかになりました。
買ってきてすぐに植え替えてうまく根付いてくれると、どーんと大きな株に育つ感じです。


これはゴールドのダブル咲き
4週間前に買ってきたときの姿
HDG_160123.jpg
直近の姿
HDG_160219.jpg
これも大きく育った感じですね。

この2つは元気いっぱいに見えるので、交配に活躍してもらうことにしました。
今年は交配数は少なくして、代わりに同じ交配で種まきする数を増やしたいです。このところ1交配から2~4株くらいしか育てないので、最低10株くらい育てられるように(置き場所の意味です)、交配数は一ケタにしておかないとね。
  1. 2016/02/19(金) 23:31:00|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

チベタヌス大失敗

今日は東京でお仕事でした。
ちょっとだけ時間があったので、
久しぶりに日本橋三越屋上のチェルシーガーデンさんを覗いてみました。
以前はここでクリスマスローズ展示会とかやっていたのですが、無くなっちゃたのかな?
売り場の一角にクリスマスローズコーナーがあるのみです。
先日出かけた横浜のサカタのタネガーデンセンターよりも少なかったかな。
それでもウインターシンフォニー、横山園芸、広瀬園芸などのハイブリッドと、原種各種取り揃えてありましたね。
咲いているチベタヌスがあれば買ったかもしれませんが、咲いてなかったですね~。残念。

さて、早く咲かせたいばっかりに車に積んだり夜間リビングに入れたりしていたチベタヌスですが、
一番目のつぼみが開かないうちに周囲の花茎が伸びてきまして、
やはりこれはどうみてもおかしいってことで、
つぼみを無理やり広げてみましたら・・・・・

あちゃ~!!
T15C_160218.jpg
おしべと蜜腺がすでにいかれちゃってます。
こりゃ、咲かないわ。
やはり、あちこち動かして環境を変えちゃったのがいけなかったんでしょうね。
去年も開花目前で一鉢失敗してまして、もう全然だめですね~。
花芽がついてても咲かせられないんですから。
ダメだと思った内容は、日中の車、夜間のリビングという具合に動かしまくったことと、葉っぱがしな~っとしたときに霧吹きをしたことかな・・・・霧吹きは葉だけじゃなくつぼみにもかけているので、それで腐ったかも?
しかし、あきらめてはいけないぞ、ってことで、
こちらの自家産のハイブリッドxチベタヌス「風鈴」にダメ元チャレンジ。
10_22B_160218.jpg
いかれちゃったチベタヌスのおしべの葯をカミソリで切り開いた内容物を、風鈴のめしべに一応つけてみました。
まあダメでしょうけどね。
うーむ、どこかで花粉を調達しなくては・・・・・・・
  1. 2016/02/18(木) 22:27:14|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

加温チベタヌス、やばい。

T15C_160217.jpg
早く咲かせようとして、先日から加温していたチベタヌスです。
非常にやばい状態になってきました。
真ん中のつぼみ、真っ先に上がってきていたのに開こうとしなくなり、周りの花茎が先に成長しちゃってます。
ほかのつぼみも含めて、やけに白いつぼみばかりです。
なんだか、すご~くいやな予感。
チベタヌスって、もう少しで開花、ってところで急にへそ曲げて咲かなくなっちゃう事が前にもありまして、
それは置き場所を変えたりいろいろやっていたからと思われ・・・・・
鉢内の温度や、鉢土の湿り具合とか、何か不具合があると急に止まっちゃう事がある、ってのは前からわかっちゃいたんですが、
どうしてもうちのチベタヌス交配の「風鈴」の花にチベタヌスの花粉を付けたいばっかりに焦ったのが完全に裏目に出ている状況であります。このままだと、真ん中のつぼみを解体して、中から強引に花粉を取るようなことをする羽目になりそうです。それでも取れればよいですが、最悪の場合ここまできて花粉が取れないかも!? そうなったら、どこかで花粉を調達しなくては・・・・・。
うーん、チベタヌスに焦りは禁物、ってわかっていたつもりでも、できなかった自分が情けないです。
まだ咲かないと決まったわけではないので、とりあえず祈ります。
善良な皆さまは、開花見込みのチベタヌスは買って来たら咲くまでどっしりと据え付けて気長に待ってくださいませ。
  1. 2016/02/17(水) 23:51:02|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

モモイカの成長

先日の四国造園クリスマスローズフェア初日にドラフト2位で強奪(?)してきた命名モモイカ様。
MK1_160131a.jpg

本日、2番花が開花しまして、無事に立派なイカになってくれました。
これで1番花だけで終わり、ってことはなさそうで、ほっと致しました。

では、蕾から開くまで、イカが大人になるまでの様子をご覧ください。
暇な奴だな~と言われそうですが、暇というより、物好きな奴と思ってください。

2/9夜
まだ、ちょっと長めだな~ってくらい。
MK1_160209.jpg

2/12昼
顔を書いたら女の人?
MK1_160212.jpg

2/13昼
MK1_160213.jpg

2/14夜
だいぶそれらしくなってきました。
MK1_160214.jpg

2/15夜
ほぼ、イカになりましたが、まだよじれが無いな・・・・
MK1_160215.jpg

2/16夜
よじれも入って、完成~。立派なイカです。
しかしまあ、よくぞここまで花弁の形が変わるもんですね。
MK1_160216.jpg

咲き進むと花弁が細くなるのは以前にも経験があります。
昔なつかしいT'sガーデンさんで買ったダブルパープル
咲き始めは丸弁?と思いきや
DDPR_090209a.jpg
咲き進むと細くなっちゃった。これ、同じ株なんですよ。
DDPR_060205.jpg

これも細くなるやつ
ダブルピンクのスポット入り
咲き始めは割とノーマルに見えますが、
higan_160212.jpg
花弁によれが入って、ひらひらしてきます。
higan_160214.jpg
それが咲き進むと、全部ではないですがこんな細長い花弁になるお花が出てきます。
これはこれでかわいいですが、すごい変化ですね~。
higan_070313b.jpg

というわけで、毎日見ましょう、クリスマスローズのお花たち。
実生だから同じ花は2つは無い、ってよく言われますが、
2日間同じ花も無いかも?!
  1. 2016/02/16(火) 22:51:46|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

うちのクリスマスローズ

今晩はすっかり寒くなりました~~
帰宅後、ビニール温室にビニールをかけ直して、ミニ盆栽を再び保護しました。
クリスマスローズは昨日の暖かさで新たにいくつか咲いてきましたが、良さそうなお花は玄関に取り込みました。
そうしないと、明朝の凍結でせっかく上がった花茎がぐにゃりと曲がってしおれちゃいますし、下手をするとそのまま回復不能なんてこともありますから。せっかく初開花したやつが台無しなって悲しいですよね。
急に暖かくなって咲いた後は、要注意でございます。

自家産のベイン・ダブルです。
低温続きの日なたで熟成されたみたいで、ベイン模様に色が十分のりました。温暖期に開花すると消え入りそうな薄いベインになっちゃいます。
これは、うちにあったベティーラニカーに、激ベインなダブル花の花粉を頂戴してできたものです。当時は何でもひとまずベティーラニカーに交配しておけばいいや、って感じでいろいろ交配しましたが、ベティーさんは往々にして模様を消したり薄くしたりするので、このお花もベインが薄めです。F2を種まきしたらもっと濃いベインのダブルが出るかもと思ったことはありますが、濃いベインのダブルは近頃結構買いやすい値段で売ってたりしますので、あえて種まきはしてません・・・
08_15B_160214.jpg

はい、クレオパトラ様の御成り~
やっぱりゴージャスでよいですね~。満悦。
CP_160214.jpg

ネクタリーがやたら多いシングルの白花、通称「とうもろこし」も咲いてきました。
味の素じゃなくて、多弁の素。かな?
しかし自分の交配力では、株のパワーを発揮できておりません・・・。
それはともかく、この花を直樹さんにお見せしたかったな~。
SSTAB_160214.jpg

自家産のダークなセミダブル。密かにかなり気に入っています。
ネクタリーはこの後もうちょっと伸びてくるんです。
種親は長井交配の丸弁紫色セミダブル、花粉はG様のグレーブロッチダブルです。
まったく同じ物を作るにはまたG様に花粉をもらわないといけませんが、うちの何か適当なダーク系ダブルのお花の花粉で類似品を作ってみましょうかね~。だったら花弁が光る方がよいかな~なんて思ったりして、妄想し過ぎです。
11_24B_160214.jpg

これは去年買ってきた、ピンクのセミダブル。
ネクタリーが立っていて、二段咲きみたいに見えたのがめっちゃ気に入りまして速攻で連れ帰りましたが、その後高温期に入りネクタリーが緑色に退化し、今シーズンに期待を持ち越し。
で今シーズン、同じように咲くか懸念もありましたが、ちょっと不揃いなのは何のその、立派にネクタリーが立って二段咲きとなりました。よっしゃ~っと。夕方の撮影なので色が悪いですが、本物はもうちょっといい色です。
この咲き方を何か受け継いでみたいな~なんて、これまた妄想。
TAC_160214.jpg

いや~、相変わらずマニアックなわたくし。一体、どこへ行くのやら・・・・
  1. 2016/02/15(月) 23:25:47|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

バレンタインデーなんて悪習はやめにしませんか?

いつから始まったのか、チョコレートを贈るというイベント。
お祭り好きの皆さんには良いのかもしれませんが、弊害が多いと思います。
うちの娘、部活の慣習で部員さんたちに手作りチョコ菓子をプレゼントしなきゃいけないそうで、
要領が悪いだけかもしれませんが、夜中過ぎてもまだ終わらず。
宿題出すばっかりしか能がない学校さんは、こんなアホな慣習を放置しているんでしょうかね。
職場でも女子社員一同さんからプレゼントをいただきましたが、正直なところ、断ると角がたつから仕方なくもらっている次第でして。
菓子業界と報道界に踊らされているだけの、こんな強制プレゼントのお祭り騒ぎは、もう一切やめにしませんか??
  1. 2016/02/15(月) 00:51:46|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

四国造園クリスマスローズフェアファイナル・横山直樹さん講演会

今日は朝から四国造園さんのクリスマスローズフェアの最終日へ出撃しました。
ファイナルなので新規入荷があるとのことで、朝8時までに着けば整理券がもらえて順番はその場で抽選とのこと。もしかすると、整理券1番をとれるかも? ということで行ってみましたが・・・・
予想していたよりお客さんが多い!!
なぜなら、本日はクリスマスローズと同時に多肉植物もフェアで、多肉植物狙いのお客さんの方が2倍くらいいらっしゃったのでありまして。多肉植物も整理券を発券して順番に購入する方式で、そちらが先に始まりまして大賑わいでありました。
傍目から見てお客さんの数の多さに対して売り場がちょっと小さくて大変そうでした。お客さんの数が予想以上だったのでしょうか。
クリスマスローズの方はもっと少なかったですが、それでも整理券発券を待った人は30名弱でした。
さて、1番が引けるかな~
なんて思いましたが結果は「21番」と撃沈。
わたくし、くじ運が無いんです。
整理券番号が決まって、販売開始の10時ちょっと前まで、売り場でお花探しです。
一応こんなものがありましたってことでいくつかご紹介~

クロアチカスダブル
shikoku160214a.jpg
これは姿が小さくて、雪割草をちょっと大きくしたくらいのお花がかわいかったですが、21番ではねえ・・・・
まあ見れただけでも良かったかな。
アトロルーベンスダブルもありましたが、やはり21番では・・

ヨシノです。横山さんが講演されますから、やはりありました。
shikoku160214b.jpg

同じくヨシノ、株が見事な生育です。これは抽選でした。
shikoku160214f.jpg

ブライアーローズ。これも抽選でした。なかなかこういう風に発色するものが出ないそうで、故にいつまでもレア物なんですね。
shikoku160214c.jpg

ピエラが2つ。
2つあったのは良かったですが、整理券1番の方が2つ持っていかれた様な・・・・。
わたくしは狙っていませんでしたが目玉の希少品なのでしょうから他に購入されたい方もいたのではないかと想像するんですが、同じ方が2つ独占ってのは売る方も買う方もどうなのよなんてちょっと思ったりして?~おっと、ここは自由主義経済の国でしたね、失礼いたしました。
shikoku160214d.jpg
shikoku160214e.jpg

多弁が多数。
花色や花弁の形でいろいろあります。
ついでに、ラベルには「多弁」と「超多弁」の2種類がありました・・・・
その差は何なのか?? まさか、私みたいに枚数数えてたりして?! な訳がないと思うので、
たぶん、ハギさんの見た目判断でしょうね(笑)
shikoku160214g.jpg
shikoku160214h.jpg
shikoku160214i.jpg
shikoku160214j.jpg
多弁花は4年前くらいに注目してたくさん交配したのですが、素人の交配でしかも発芽後の管理も悪くて全然咲かせられてませんでした。やはりプロはいいお花を作られますね。
数年前だったら飛びついていたかもですが、今年は1つ手に入れたので自粛です。

セミダブルの逸品
これは良かったな~。
やさしい風合いです。いくら見てても飽きないだろうな~と。
shikoku160214k.jpg

私が注目したけど、あまり他のお客様が注目しなかったやつを2つ
クレマチス咲き
プロペラみたいなやつです。うちにも一応ありますがうちのは花付きがとっても悪いんですよね~。この株は花付きが良かったです。売れ残るかな~と思ったら、一緒に会話していたお客様がお買い上げになられまして、無事お嫁入りして良かった。
shikoku160214l.jpg

ちょっと変なダブル。
shikoku160214m.jpg
shikoku160214n.jpg
これは一目見て、数年前に手に入れて大のお気に入りだった下の写真の「反り返り花」と同じ系統とみて間違いないと思いまして、思わず手が出そうになりましたが・・・・
SOR140204.jpg
SOR_140214.jpg
やっぱりこの「反り返り花」の方が綺麗だったよな~と思いまして、”変なダブル”も購入見送り。

というわけで朝から出撃するも戦果無しでした。
まあ今日のお目当てのメインは横山直樹さんの講演会でしたから、いいんです。
それよりも、本日ひそかにクリスマスローズよりも楽しみにしていた
アジア料理”たけちゃん亭”のごはんはばっちりいただきです。
グリーンカレーとカオマンガイ(であってるかな?)の2種類がありまして、後者を選択。
shikoku_takechantei160214.jpg
インディカ米にさらっとスープがかかって、野菜とチキンが乗っかって、ピリ辛だれを好みでかけて頂きます。
これはうまかった~~♪
とくに鶏肉が柔らかくてプリッとして絶品でした。
これだけでも来た甲斐があったわ~。
さて、10時過ぎにご飯食べて、横山直樹さんの講演は13時からだから、しばらく暇だな~と思いきや、
ちょうど来店されていた東京O店長さんと一緒にご飯食べてそれからしばしクリロー談義。いつものことですが、いろいろ貴重なお話が聞けました。そうそう、今日は今シーズン見かけていなかった四国造園の常連のクリローファンの方々とお会いできたりしまして、それもまたこういうイベントならではで、良かったですね~。
そんなこんなで結構早く時間は過ぎて横山直樹さんの講演会となりました。
直樹さんの講演を聞くのは水戸植物公園で1回、四国造園で3回目の計4回目です。
今度はどんなお話しかな~と思いましたが、
客層が熱心なクリローファンが殆どだった様でしてその辺を察せられたのか、クリスマスローズの本に書いてあるような基本的な内容のお話しではなく、直樹さんの育種の今までの流れとか考え方など生産者さんならではのお話しが中心でした。質疑応答からまた話が膨らんだりして楽しいひと時でした。何よりも直樹さんとの距離感が近い感じが良かったですね~
shikoku160214.jpg
講演会が終わった後はじゃんけん大会。勝ち残るとプチドールとか直樹さんからのプレゼントをいただけるのですが、勝てませんねん~。さらにそのあと抽選株の抽選がありましたが、ブライアーローズに応募するもまっさきにくじをひいて大外れ。ヨシノの抽選は一番初めにくじを引いた方が大当たりだったんですけどね~。やっぱり、くじ運ないわ・・・・
というわけで今日は全く連れ帰ることはできませんでしたけど、楽しい一日でした。

さて、まだまだ続くクリローシーズン、残りをいかに過ごそうかな??
  1. 2016/02/14(日) 21:45:23|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

今日のクリスマスローズ

今日は暖かく、午後はやや風が強くなりましたが割と穏やかな一日でした。
明日は風が吹いて荒れる予報なので暴風対策をしました。あとミニバラの植え替えとかやりましたが、荒れる前なのでクリスマスローズや花木果樹鉢物の植え替えは控えておきました。

きょうのクリスマスローズです。

原種トルカータス
TV_160213.jpg
TV_160213a.jpg
直径1cmに満たない小さいつぼみが開いてきました。
外は青紫、中は緑で、いい感じの色合いかな~。
明日はもっと開いてくれるでしょうね。

こちらは、一番花と二番花が違うぞ~と思っていたダブルホワイト・ピコティー
たぶん、上が一番花で下が二番花なんですが、
どっちがどっちなのか判らない・・・・・・。
結構違うと思っていたのに、似てきました。
面白いもんですね~
まあ、きれいだから何でもいいです。
やっぱし、毎日1回は眺めるのが大事かなと思います。
HDIP_160213.jpg
HDIP_160213a.jpg

一週前に買ってきた外が赤いバイカラーのセミダブル。
この花は太陽に透かし気味に見るのが一番きれいです。
SDDN_160213.jpg

去年連れてきたアプリコットのセミダブル。
アプリコットは日焼けして色変わりする花が多いかなと思います。はじめ黄色くて、日焼けするとだんだん赤っぽくなっていく感じです。
気に入った色を楽しむのに、置き場所を変えたりしています。
完全に同じ条件で撮影できているわけではないですが、移り変わりをご覧ください。
一昨日
SDAP_160211.jpg
昨日
SDAP_160212.jpg
今日
SDAP_160213.jpg
花弁もそうですが、ネクタリーの端が日に日に赤くなっているのがわかります。
アプリコット色の花は、いい色だ! と思ったら心を鬼にして日陰に移動すると好みの色で長く楽しめるのではないかと。

ちなみに同じ株の2番花がこちら。私はこれくらいの色合いが好みです。日陰に移さなくては・・・
SDAP_160213a.jpg

これは自家産のアプリコットダブルです。早いもので開花4年目になりました。
こいつも日焼け癖があるので、完全に日陰で咲いてもらいました(笑)
ちょうどいい色合いになってくれたかな。
10_15C_160213.jpg
昨年は日向においていたらこんな感じでしたので。これじゃちょっと赤っぽ過ぎるかな~と。
10_15C_150215a.jpg

暖かいので、自家産の初開花もありましたが・・・

黒ダブルx原種デュメトラム、これは、丸いだけが取り柄かな? 嫁入り先が見つかるとよいのですが・・・・
12_42a_160213.jpg
紫セミダブルxグレーダブル、一応ダブルにはなっていますが、花色がパッとしませんね~。これも嫁入りが厳しいか?
なかなか、気に入った花は生まれてきませんね~
11_26B_160213.jpg
  1. 2016/02/13(土) 23:12:44|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

暴風対策

明日は強風の予報が出ていますね。
2~3月に吹く強風は台風より恐ろしかったりします。
そこで、対策をしておきました。
盆栽苗の防寒に使っているビニール温室からビニールを取り払いまして、上の方の棚は地面におろしちゃいました。
なんでこんなことをするかというと、このビニール温室は過去何回か強風で丸ごと横倒しになっているからであります・・・・。
まあ、中に入っている鉢物は大部分が根詰まりしており、それらは並べ直す程度で済むので大被害ではなかったですけど。
bonsaitana160213.jpg
その他の盆栽は全部地べたに降ろしまして、高い処から落ちて鉢が割れるのを防ぎました。
クリスマスローズは花茎が伸びている奴はなるべく風あたりの弱そうなところへ移動し、
大事な奴は建物の中に取り込んじゃいました。
いつも倒れるユズの大きな鉢植えは初めから倒しちゃってます。
園芸用品で倉庫にしまえるものはしまっちゃいました。
こんなところかな~。
春一番は恐ろしいので、皆さまも大事な植物に被害が出ないよう、気を付けてくださいませ。
  1. 2016/02/13(土) 17:57:26|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

続々開花

天気予報を見ていたら、今度の週末は暖かくなるそうですね。
でも今日は日差しが少なくて、あまり暖かくはなかったですね~
猫じゃないですが、こたつに入って丸まっていたら、ついつい昼寝をしてしまいました・・・・・

庭のクリスマスローズたちは、ぼつぼつやる気を出してきました。

ヒデコートダブルです。4年前に若泉ファームさん直売で買ってきまして、元気に育っています。まだ売っているのかな??
上が昨日、下が今日の姿です。
あまり違わないですが、完全に開く前、上の写真よりももうちょっと前の姿が一番きれいな気がします。まあ、好みの問題ですけど。ヒデコートはこの色ばっかりでしたが、最近白花とか出てきたみたいですね。
hid2_160211.jpg
hid2_160212.jpg

バラーディアです。ニゲルxリビダスの交配で自分で作ったものです。2005年に種を採って2008年に初めて開花して、以来毎年咲いてくれています。アイボリー色と呼んでいいのでしょうか、この色合いはクリスマスローズの中でニゲルxリビダス系統特有かなと思いますが、好きな色です。 うちには無いですがエリックスミシーというお花も同系統の色でしょうかね。そういえば、最近お店で見かけませんね・・・・
BD_160212.jpg

昨シーズンに地元の兼晃園さんから連れてきたネオンのセミダブルです。
兼晃園さんは若泉ファーム等々のナーセリーさんのお花と、若旦那さんが交配・生産されたお花を販売しています。後者は加温とかしていなくて自然開花なので、うちのお花と同様ぼつぼつ咲いてきたころかな・・・
SDNE_160212.jpg
このネオンのセミダブル、雄しべの先端に赤い点があるのが面白いところです。
細かい処が気になる、私の悪い癖・・・・(⇒すみません、ドラマ「相棒」の見過ぎです)
SDNE_160212a.jpg

ちょっと汚めの写真になっちゃいましたが、
かの、クレオパトラ様の開花目前の姿です。
昨年、ドラフト1位で我が家にお迎えして、今年はたくさん咲きそうです。
花茎とともに小さなつぼみが1月中旬から上がっていましたので早く咲くかと思いきや、つぼみが大きく膨らむのがゆっくりで少々やきもきしておりましたが、ようやくここまできました。もうちょっとですね。
ブラックマジック、クレオパトラ、ソレイユと、広瀬園芸さんのお花は我が家の至宝であります。こんなことなら、「彗星」もそろえておいたほうがよかったな・・・・。
CP_160212.jpg

ネオンみたいに見えますが、ネオンではない黄色シングル咲き・赤いピコティー入りの開花目前の姿です。
こいつはこの状態、開く前のつぼみが一番好きなんです。
開いたらダメってわけではないんですけど・・
2009年3月に南相馬にあったコピスガーデンで買ってきたお花です。あの時期のコピスガーデンは、行けば何かしら”光る”お花がありました。が、昨年2月下旬に立ち寄った那須のコピスには何もなくて、がっかりでしたね~。
YRPC_160212.jpg

自家産のお花の新規開花もありましたので、見てやってください。
と言いつつ、別にきれいでもない紫色、ただのシングルで剣弁、何のひねりもありません。
こんなん狙ってないで~
13_04_01_160212.jpg
と叫びつつ、ラベルを見ると、「ブラックマジック」のセルフと書いてある・・・・
ほんまかいな~!
まあ、これがクリスマスローズの交配の現実でしょうね~
  1. 2016/02/12(金) 22:45:28|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

日本のやつ・・・

実は今日から4連休です。
ちょっと羽を伸ばせるかな~♪
まあ、いつも伸ばしているようなところもありますが。
今日もまた園芸店さんにお邪魔して、クリスマスローズを眺めて、

また1つ連れ帰っちゃいました。
減らすといいながら口先ばっかり、増える一方ですね~。
まあリストラは後で考えます。

こんなのを連れてきました。
アップル系のダブルです。
FDA2_160211b.jpg
FDA2_160211.jpg
FDA2_160211a.jpg
3.5号という小さいポットで地際で咲いちゃった弱い花なのですが、
何か閃きとでもいいますか、ビビッと感じるところがありまして、
これはしっかり株を育てたらば見事なアップル系ダブルが咲くんじゃないかと、妄想が頭を駆け巡りまして、
ポットが手のひらにくっついてしまいました・・・・・。
早速植え替えしました。
残ったつぼみから花粉が出れば使うかもしれませんが、
今期は生育に専念して、来期に活躍してもらおうと思います。

これと一緒に買ってきたのがこちら
濃色八重咲きゴールドです。
じゃなくて、福寿草です。
クリスマスローズと同じキンポウゲ科で、日本における代表的なお花のひとつでしょうね。
黄色の鮮やかさで勝負したら、クリスマスローズでは勝ち目がないでしょうね。
fukuju160211.jpg
fukuju160211a.jpg
福寿草って、夜になると花が閉じるんですね。全然知りませんでした。
一人だけ、反応が遅い子がいますが・・・・
fukuju160211b.jpg
福寿草を育てるのは全く初めてです。前々から育ててみたいと思ってはいましたが、このシーズンに咲く花がやたら多い我が家ではなかなか導入しようという気にならなかったものでして。 今回導入したのは、花の黄色がきれいなのと、まず無理とは思いますがクリスマスローズと交配できないかな~なんて思ったりしましたもので。 交配はともかく、眺めてて暖かく感じられるいいお花ですね。

もうひとつ、日本のキンポウゲ科
節分草が咲きました。
こちらは、以前から持っていて種まきで増えたやつです。
setsubunsou160211.jpg
setsubunsou160211a.jpg
お花は1cmくらいでしょうか、ベリースモールなお花でございます。
大きさは全然違うのですが、クリスマスローズと同じキンポウゲ科の中でもクリスマスローズと姿形が似ているな~と思います。
クリスマスローズと交配できたら、原種交配真っ青のちっちゃい花が咲くでしょうね~。
バイオテクとか駆使してスフェロプラストとか作ってみたい気もします。
まあ、クリーンベンチとか顕微鏡とかインキュベーターとか買うお金と、やる暇があればね~。
小市民な私は、ダメと思いつつ、花粉を付け合うくらいですかね~
  1. 2016/02/11(木) 23:36:27|
  2. 花いろいろ
  3. | コメント:0

花の変化

先日連れ帰った、くっきりしたピコティーの白花。
HDIP_160206.jpg

その一番花は健在なのですが、
HDIP_160210.jpg

ニ番花が咲いてきたのを見てみたらこんな感じに。
HDIP_160210a.jpg
なんかちょっと、違うんでねーかい??
お店で出会った時の姿が、一番お気に入りなんですけど・・・・・。
まあ、これもクリスマスローズの習いですかな。
見方を変えれば、微妙に咲き分けてくれることで、飽きなくていいかもしれませんね。
すごく気に入った花が出たら、また同じ花が咲くとは思わずに、さっさとプリザーブドフラワーとかにしちゃうと良いのかも?

一方こちらは先日紹介した自家産のお花。
12_34B_160210.jpg
どうってことはないのですが、ネクタリーに進化の気配が。

まあこれくらいなら、セミダブルといえるかな。
12_34B_160210a.jpg

中心部をまじまじと見ますと、ネクタリーの内側が結構色づいているんですね。
12_34B_160210b.jpg
これだと、現在4号ポットってことも考え合わせて、株が充実するともっと立派な花に化けるかもしれないな~なんて思ったりして。
来シーズンまで、手元に残すことにしようと思います。
こうしてまた、一鉢増えてしまうのですが・・・・・(爆)
  1. 2016/02/10(水) 23:59:10|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

温室効果

地球温暖化の事ではないですよ。

節分の2/3から車に積んで温め始めたチベタヌス
ThibeInCar160204.jpg
朝の出勤時に車に積んで、職場の駐車場で助手席に置いて窓越しに日光当てて温めて、
夜は暖房の効いたリビングに置いておく。
ということを続けておりましたら、

ここまで来ました。
もうちょっとで咲きそうです。
温室の効き目があったみたいです。
開花促進効果は得られたと思いますが、逆に花の大きさや花色は犠牲になっているのではないかと思います。蕾をみると、どうも花色が白っぽい感じなんですよね。
T15C_160209.jpg

なぜそうまでして開花を急いでいるかというと、
うちのハイブリッドxチベタヌス「風鈴」と交配させたいからでして。
2番花が咲いてきましたので、ちょっと焦ってきました。
まだ蕾はあるので、何とか上のチベタヌスと交配できるのではないかと思います。
10_22B_160209.jpg

この2番花、1番花よりも淡いピンク色が乗ってきておりまして、いい感じになってくれました。
まだチベタヌスが咲いていないので、この2番花はセルフ交配を仕込んでしまいました・・・・・。
貪欲なわたくしです。
10_22B_160209b.jpg
10_22B_160209a.jpg
  1. 2016/02/09(火) 23:47:43|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

命名 モモイカ

先日の四国造園クリスマスローズフェア初日に連れ帰った、
面白い花形のお花。
MK1_160131b.jpg
見てて飽きませんね~。
どうしてわたくし、こういう花に惹かれてしまうんでしょうかね~??

あまりにも特徴的なお花なので、何か名前を付けたいと思っていましたら、
すでに
「イカ」
ということで話が通っているようでして・・・・

そう言われて見ますと
MK1_160131.jpg
MK1_160131c.jpg
確かに、イカっぽいですね。
しかし、ただ単に「イカ」って呼ぶのはちょっと不粋ですよね~
そこで、あれこれと名前を考えていましたが、
思いついたのが
「モモイカ」
です。
ちょっと可愛い名前かな~と思うのと、
生産者さんにちなんで
「百イカ」=モモイカ
ってことで。
ひとまず、我が家ではモモイカちゃん、と呼ばせて頂きます。

何か交配に使えるかな・・・・?? いや、浮かびませんね。

2番花がどうなるか、その点だけはほんのちょっとですが心配しています。
花弁が整った、ノーマルな花になったりしませんように。

蛇足ですが、昔こんなお花に巡り合ったことがあります。
Wpr_100131.jpg
花弁の形の面白さから、お花売り場で一目見て飛びついた覚えがあります。
しかも500円だったっけ。
金額はともかく、綺麗なお花目当ての他のお客様が全然見向きもしない中、大喜びして連れ帰ったものでした。
が、この形で咲いたのはこの1番花だけ。
2番花以降は、ごく普通の剣弁白花ちょいスポットになっちゃいました。
翌年に期待しましたが、翌年もまたごく普通の剣弁白花ちょいスポット。
それでがっかりして、手放してしまいました。
クリスマスローズは、初開花の一番花だけが特別な咲き方をして、その後2度と再現しないって事が結構あるんですよね~。
なので、お花選びはできれば2番花以降を見て選ぶのが安全かと思います。
まあ、それが許される場合に限りますが・・・・・(お店で2番花が咲くのを待っているうちに、ほかのお客様に買われてしまう可能性が高い場合は、待たずに買うしかないという意味です)

モモイカさんには、ずっと「イカ」であり続けてほしいな~と。
  1. 2016/02/08(月) 23:59:46|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

クリスマスローズの移り変わり

今日は園芸店さんへは行かず庭仕事は水やりとバラの剪定くらいで、あとは雛人形を飾ったり日用品の買い物などで、穏やかな(?)一日を過ごしました。 クリスマスローズの見回りをしていますが、本格開花はまだまだ先みたいですね~。 まあ、開花株を1ダースも買ってますので、十分にぎやかに楽しめていますけど。

昨日アップした、自家産今季初開花の1番乗りの花が開いてきて、全容が見えてきました。
12_34B_160207.jpg
花色はまあまあかと思いますが、期待のネクタリーが変化する様子があまりない一方で雄しべが展開を始めてきてしまいました・・・。
この分だと、これで最終形かな。ちょっと残念です。

四国造園フェアのドラフト1位指名のダリア咲きは2番花が咲いてきました。
DA_160207.jpg
クリスマスローズは一番花だけ様子が違って二番花以降で一番花の見た目を再現しないことがよくあるのでちょっと心配していましたが、どうやら二番花も同じように咲いてくれそうです。ほっとしました。
根腐れしていた株なので、セルフ交配の種を採っておきたいのは断念して、春に株を充実させた上で万全を期して夏越ししなくてはと思います。

こちらは、自家産チベタヌス交配の愛称「風鈴」です。
一番花が咲き進んでいますが、日焼けとでもいいましょうか、花弁の淡いピンク色がちょっと濃くなってきまして微妙にいい感じの色合いになってきました。こういう変化はうれしいですね。
問題は2番花が咲いてきた一方で、交配予定のチベタヌスがまだまだ咲きそうもないことであります。チベタヌスは本日自宅リビングに取り込んで、人間と一緒にぬくぬくさせております。もう、なりふり構わず早く咲かせるぞって感じ。
10_22B_160207.jpg

変わりましてこちら、大森プランツさんのウィンターシンフォニー、スイングシリーズの黄色のお花のつぼみ。
黄色くて丸くて小っちゃくて、おいしそうというか、とても魅惑的なつぼみです。
ODSYP_160206.jpg

上のつぼみは2番花のもので、一番花は昨日これくらいに開いておりました。
ピコティーもうっすら入っていまして、いい感じです。
この状態がベストかもしれません。
ODSYP_160206a.jpg

同じ花の今日の姿です。
さらに花弁が広がってきていますね。
花形は開く前の昨日の方がよかったかもしれませんが、ピコティーの乗り具合はぐっと良くなってきました。
もうこれ以上は開くなよ、育たなくていいよ、と思うのですが・・・・・・
続きは後日また。
OSDYP_160207.jpg
  1. 2016/02/07(日) 22:28:42|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

やめられない止まらない

今日は東京・音の葉さんのクリスマスローズフェア初日に行ってみたかったのですが、
朝に用事があって断念となりました・・・・。
でも、同じくクリスマスローズフェア中の四国造園さんで入荷情報があったので行っちゃいました。
さすがにフェア初日の勢いはありませんが、普通にきれいだな~というハイブリッドが並んでおりました。
今年は多弁がブレイクしている感じでいろいろと見かけますが、
こんな咲き方も良いですね~。一番外側がそろっているところがミソでしょうか。
shikoku160206_1.jpg

これは何といえば良いのでしょうか。うっすらと模様の入るセミダブル、いい感じでした。
shikoku160206_2.jpg

こちらはたまたまでしょうが、双子のつぼみです。
クレオパトラらしいのですが、咲いたら一体どんなになるのでしょう??
shikoku160206_3.jpg

他にもいろいろありましたが、お店に入ってすぐ引っ掛かってしまったのがこのお花。
普通に綺麗です。
HDIP_160206.jpg
今年はもうずいぶん買ったよな~とか、糸ピコダブルは先週断念したばかりだよな~とか、いろいろ考えましたが、
綺麗でしょうがないので買っちゃいました。
あわわ、これでハイブリッドの購入1ダースになっちゃった。
場所がないから減らさなきゃといいつつ、何やってんでしょうね。
買い物中毒かな。
いや、クリロー中毒ですね。買うばっかりじゃなくて、自分でも増やしちゃいますから。

待望の、自家産のお花の初開花、今シーズン第一号がようやくやってまいりました。
外側はこんな感じ。まあ悪い色ではないかな~
12_34B_160206.jpg
内側はこんな風で、花弁はすっきりした無地のピンクで、ネクタリーがもりもり。セミダブルでしょうかね?
12_34B_160206a.jpg
そのネクタリーがポイントでして、緑色にところどころ少しピンク色が混じっています。
咲き進んだらどうなるか、楽しみですね~
12_34B_160206b.jpg
この花の受粉親は最近咲いたばかりのパープルのセミダブル・長井交配
SDPR_160206.jpg
花粉親は「とうもろこし」と呼ばれることがある、ネクタリーがめちゃ多い白シングルです。
SSTAB_120205.jpg
紫と白を足して割ったらピンク色、花弁は無地、ネクタリーに特徴ありってことで、まあ、なるほどね~って感じでしょうか。
と、こんなことをして喜んでいるわけですが、いつまで続くことやら・・・・。
  1. 2016/02/06(土) 20:43:44|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

クリローなる夕べ

今日はお仕事を少し早めに切り上げて、
ようやく行きたかった園芸店さんにお邪魔しました。
また1つ増えちゃったりして。
SDDN_160205b.jpg
素敵なセミダブルです。
こういった淡色の花弁に濃色のネクタリーといったツートンカラーのセミダブルは持っていなかったものでして。
ついつい、連れ帰ってしまいました。
SDDN_160205a.jpg
外側は結構赤っぽかったりします。
SDDN_160205.jpg
他にも良さそうな赤色ダブルがありましたが、
赤色ダブルは抑制。
何てったって、赤色ダブルは一番の大好物なので、ちょっと赤っぽいとすぐに欲しくなってしまいます。セーブしないと、家が赤ダブルばかりになりかねないものでして。
この花の外側が赤かったので、我慢できたかな。

このあとまた別の園芸店さんへGo!
もちろん狙いはクリスマスローズです。
こちらでは本日は情報収集のみでしたが、貴重なひとときでした。

そのあと、自宅を通り越して隣市のHCでお買い物・・・・・
famicon160205.jpg
こんなのを買ってしまいました。
クリスマスローズよりも安いかも!?
これ、昔懐かしい任天堂の「ファミコン」のカセットで遊べるゲーム機なんです。
ファミコン自体は持っているのですが、今のテレビは「地デジ」で周波数が違うので昔の任天堂のファミコンは使えないんです。
このゲーム機は出力がビデオと同じピンプラグなので、どんなテレビでもつなげるわけでして。
で早速、完全制覇できているはずの「スーパーマリオブラザース」をやりましたが、
めっちゃ腕が落ちてる!!
全然だめですね~。
でも懐かしくて良いわ~。
私はスマホのゲームは一切やらないのでどんな風なのか全然知りませんが、
やっぱしファミコンのゲームはいいですね。
これくらいで十分じゃないの?
  1. 2016/02/05(金) 21:47:10|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

チベタヌスの様子

この冬は全体的には暖冬なのでしょうが、ここしばらくの寒さで我が家のクリロー軍団の動きの鈍いこと。
業を煮やした私、ついに車に積み始めました。
といっても、チベタヌス2鉢だけです。
とにかく早く咲いてほしいので、日中だけでも暖めてやろうという作戦です。
ThibeInCar160204.jpg
箱に詰めて助手席に置いてシートベルトをしておいて、昼間日光のあたるところに車を止めておくだけです。
まあ、気休め程度かもしれませんが、ちょっとでも早く咲けばよいな~。

写真の上の鉢
これは花芽で間違いないと思いますが、咲くまでにはまだ時間がかかりそうですね~
少し気合いを入れないと。
T15B_160204.jpg

写真の下の鉢。
これはもうつぼみが見えています。
早く出てきてください。
75%チベタヌスを仕込めますように。
T15C_160201.jpg

そのほか。
昨秋購入した、直輸入株。
はい、残念。つぼみが小っちゃくて、これは咲きません。花を解体しても花粉取れないでしょうね。
ネットに上がってしばらくたってから注文したので、ちょっと買うのが遅かった気がしています。
裸苗でしたから、早く買って、早く埋め戻してあげるべきだったかななんて思いますが、どうなんでしょう。
特に根拠はなくて、そんな気がするだけですが。
当シーズンに咲かせるために直輸入株を買うならば、秋といわず夏くらいにいち早く予約しておくのが良いのかな?
T15A_160204.jpg

以下は我が家での夏越し組。
一番古いやつ。4~5年経っているかな??
まだ咲いたことはないです。
観葉植物かも(苦笑)
まあ花芽では無いでしょう。
TH5_160204.jpg

昨シーズンの前の秋の直輸入株です。これは昨シーズンにぎりぎりのところで咲きませんでした。管理をしくじったかな・・・
芽が長く伸びてきましたので、元気な葉が出ることでしょう(苦笑)
TK4_160204.jpg

昨シーズン購入の不織布入り2鉢
咲いてくれて花粉を使った方は、やはり細身の葉芽が出てきました。
TK6_160204.jpg
咲かなかった方はこんな感じ。芽がちょっと丸いのでは?なんて期待したりしますが、まあ葉芽でしょうね。
TK5_160204.jpg

ここで一句。
「我が家では 一年草なり チベタヌス」

来シーズンも開花見込み株を探し回るんだろうな~。
  1. 2016/02/04(木) 21:47:14|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

節分

今日は節分です。
鬼の面をかぶりまして、家族の豆を顔面で受けました・・・・・・・
たまにクリーンヒットすると結構痛いですよね~。
そんなんで平和が続いてくれるならば、全然苦にならないですけど。

今日の晩御飯はイワシの香草焼きと、太巻きでした。
近頃は恵方巻だって騒がしいですが、いつからそんなものを食べるようになったのでしょうかね?
出身地の横浜では聞いたことがなかったですが。
コンビニで盛んに宣伝しているので、結局はバレンタインチョコと同じく、食品流通業界の仕業なんでしょうね~。
新たな食文化を開拓するのも結構ですが、とりあえずは食料品を大事にしてほしいです。
恵方巻が売れ残って捨てちゃうなんてことがないようにね。
廃棄食品が出回ってたって報道がありましてそりゃ困ったもんですが、
廃棄食品自体がたくさん生まれているという現状こそ何とかしてほしいと思います。

もうちょっとでこんなのが咲きそうです。
めちゃ小輪です。
原種・トルカータス、だと思います。
この寒いのに花茎をぐ~と伸ばして、頑張ってますね。
TV_160203.jpg
TV_160203a.jpg
自称「大輪派」の私はあまり小輪花は持っていないのですが、多少はあります。
でもこれは一番小さいな~。
どんな風に咲くのか楽しみです。

あ、大輪派と書きましたが、4倍体は好きではないです。
ちょっと気持ち悪くてね。特にあのやたら大きい葉っぱがね~
  1. 2016/02/03(水) 23:58:19|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

受粉開始

今日も寒いですね~
うちのクリスマスローズ達の動きも止まっちゃってる感じで、蕾が膨らむのが遅いし、膨らんでもなかなか開かない・・・・
また買わないうちに、早く咲いて下され~

咲かないな~と言いつつ、すでに十数鉢咲いています。
ソレイユ、ゴールドダブル、ブラックダブル等々、お宝ものが開花しているとなれば、
ついつい、おしべを取って、めしべにすりつけてと。
今年もまた、受粉を始めております。
あえて交配とは言わないのは、セルフ交配が中心なので。
同じ花が咲くわけないと思いつつも、優良な遺伝子は軟腐病で失われる前にタネとして残しておかなくちゃ、なんて思うわけでして。
いまのところ、セルフが4つ、違う花の交配が2つです。
毎年、種取りは10通り以内に収めたいと思いつつ、早くも6通り。
こりゃ、我ながら先が思いやられますね~。

ところで、ちょっと思ったこと。
テレビのニュース番組で耳にしたのですが、
STAP細胞捏造論文の方が手記を出版したとのこと。
これは、著者と出版界と報道界の、ただの金儲けではないでしょうか。
そもそも、誰も再現できない、正しくないことを論文にした、ということだけでアウトです。
正しいことしか書いてはならない学術論文に正しくない事を書く人が、何の責任もないただの単行本に正しいことを書くとは到底思えません。私は手記の内容を全く知りませんが、勝手に想像するには、ただ本を売って儲けたいがために、さも巨悪に挑戦するかのようなストーリーをでっちあげて面白おかしく書いているのではないでしょうか。
もしも何か証拠があって名誉を回復できるならば、手記を出すのではなくて、裁判を起こしているはずです。
裁判ができないのは、自分が正しくないので、絶対に勝てないからでしょう。
出版するのは筆者が印税を欲しいから、出版社や報道界が金儲けをしたいから、ただそれだけの事でまず間違いないでしょう。
だから、そんな本は、みんなで無視しましょう。手記を読んだり、興味を持つのはやめましょう。
悪そうな本は無視することで、金儲けしか考えていない劣悪な出版社を淘汰できます。
正しくない行いをした科学者は何をやっても徹底的に無視されるという風潮を確立することこそ、捏造事件の再発防止になるに違いありません。
捏造するような人は、うそをついてでも人に認められることを求めているのでしょうから、そういう人は他人から無視されるのが一番つらいはずですから。

やっと開いてきた我が家のお花。
通称ハニーフラッシュ、アプリコット色のシングル咲きです。
もう9年前になりますが、当時はこんな色はなかなかなくて、
四国造園さんのブログを見て慌てて買いに行って何とかゲットできて大喜びしていたものでした。
AP2_160202.jpg

この花は開花時期や日当たり具合で花色が変わってくるようです。
あれれ、と思うこともありますが、色の変化を楽しむこともできますね。
AP2_080216.jpg
買って間もないころの姿。
AP2_070301.jpg

もうひとつ、毎年早咲きなダークパープルのセミダブル、長井交配です。
これも、お気に入りの花です。もうちょっと開くと絶妙な感じになるんです。楽しみ~。
SDPR_160202.jpg
  1. 2016/02/02(火) 23:29:13|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

furendo

Author:furendo
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (179)
クリスマスローズ (628)
ミニ盆栽 (86)
香りの花 (36)
花いろいろ (59)
食べる園芸 (75)
ねこ (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR