園芸 My way

自宅の小さい庭で野菜・小果実・盆栽・鉢花など育てています。特にクリスマスローズがいっぱいです。

クリスマスローズの世界展 & 自家産のお花

あと少しだけ、クリスマスローズの世界展のご紹介を。

加藤農園さんのブース展示より。
新花コンテストに展示してあるのと同じお花が惜しげもなく置いてあります。
おかげで、かぐや姫さまの香りを楽しむ事が出来ました。
こういうのはありがたいことですね~
新花コンテストで奥の方に展示されてても、香りは判らないですから。
ほかに曽田園芸産のブースでも芳香花の香りが楽しめました。
kurisekai170217kato.jpg
プリマヴェーラもありましたが、これは新花コンテストの展示花とはちょっと雰囲気が違って見えました。
多少、幅があるんでしょうね。
kurisekai170217kato2.jpg

おみやげはこちら。
ミヨシさんの売店にて。
kurisekai170217br.jpg
開花株も売っていましたが、お値段が・・・・・それと、花が終わり気味でして。
いいお値段でしたが、ミヨシさんには儲けて頑張ってもらわないと。
当たりはずれのない、良いお花を沢山供給してクリスマスローズ人気を支えて頂ければと。
ここで言う当たりはずれってのは、苗で買ってきてラベルと全然違うお花が咲いちゃったってのもありますが、
むしろ、いい花だ~と思って買ってきた開花株なのに、2度と同じ花が咲かないっていうやつを指しております。
クリスマスローズというお花の特性的に仕方がないとは思いますが、やはりハズレはひきたくないですからね~。

他にも売店はいくつもありまして、
中には原種ダブルとか珍品に属するものもありましたが、
ハイブリッドに関しては少なくとも花色で「おっ!!」と思うのはなかったと思います。
多分朝早くに争奪戦があったのではないかと思いますので、”チンギスハンが通った後”だったのかな~
自分が参戦したいわけではないですが、朝一番の売り場って、怖いもの見たさで見てみたい気が。

あと、クリローアドバイザーの方から、世界展に来ると生産者さんの顔が見えるから良いですよ~と聞いていたのも楽しみの1つでしたが、生産者さんたちはあまりいらっしゃらなかった様な気が。私が出かけた時間がタイミング悪かったのだと思いますが、その点はちょっと残念でした。
さて、来年はどうしようかな~?

最後に我が家生れのお花を1つご紹介
ピンクのセミダブルで、我が家にしては珍しい(?!)丸弁カップ咲き。
これならハギさんの所でも並べてもらえるかも?(笑)
12_21A_170226a.jpg
12_21A_170226.jpg
この子の両親は、我が家で最も古いクリローのダブルピンクと、シングルのゴールドであります。
11DP_080318a.jpg KN2_110303.jpg
アプリコットとかオレンジ色を狙ったのですが、そうは行かなかったですね~
スポンサーサイト
  1. 2017/02/28(火) 23:29:44|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

クリスマスローズの世界展 受賞花

まだまだ寒い日もありますが、我が家のクリスマスローズもかなり咲いてきて賑やかなお庭になっております。
早くうちのお花を紹介したいのですが、その前に世界展から受賞花をご紹介&勝手に講評しちゃいましょう。

最優秀賞のかぐや姫・加藤農園さん
ゴールドダブル、芳香花はそれぞれ以前からありましたので、両方兼ね備えたやつがついに出ましたよ~ということなんですね。
交配スピードからして、やはり加藤農園さんですよね。さすがです。
kurisekai170217i.jpg

奨励賞の「センセーション」高正園さん
3倍体の大輪ピンクダブルで、花の大きさときたらこの上なく、まさにセンセーションですね~
素晴らしいです。一番欲しかったお花でした。
kurisekai170217_1.jpg

特別賞の「プリマドレスR」横山園芸さん
これくらいの多弁は昨年も結構目にした様な気がしまして、正直なところ、どこが新花なのか良く判りませんでした。
kurisekai170217pridr.jpg

特別賞の「ピンクダブル」吉田園芸さん
素敵なお花だと思いますけど、これまたどこが「新花」なんでしょう??
賞を出した側の新花としての見解や評価ポイントを書いておいて欲しいですね。
そうしてもらったほうが、一般の観衆にも良く判って良いのではないでしょうかね。
kurisekai170217PKD.jpg

特別賞の「パピエ ブランシュ」花郷園さん
以前からヒデコートダブルと呼ばれているネクタリーがあるタイプのダブル花で、
ネクタリーが進化してセミダブルになったもの、という事と理解しておりまして、それは大変貴重なものなのだろうと思いますが・・・・
ごめんなさい、美しいとは思えませんでした。
選抜するのにはとても苦労があったのでしょうね~という業界人同士の価値観しか見えてきませんでした。
もっと素人感覚で「かわいい」「美しい」「素晴らしい」というお花が受賞しないと不味いんじゃないでしょうかと余計な心配をしてしまいます。
kurisekai170217papie.jpg

優秀賞の「ウコン桜」ふみ屋さん
ハイブリッドxチベタヌスで黄色系のお花というのは大変貴重なものだと理解はするのですが・・・・
株姿がどうでしょう、チベタヌスっぽいですかね~?
説明は判りやすいですね。
kurisekai170217ukon.jpg

奨励賞「プリマヴェーラ」加藤農園さん。
多分、ゴールドダブル系のお花だろうと想像します。その意味では新しいですけど、
お花の雰囲気としては2年位前に結構あった気がします。
kurisekai170217prima.jpg

優秀賞「ホワイトダブルオールスポット」吉田園芸さん
花の内側外側両方にスポット模様が入るお花ということなんでしょうね。
確かにこれは新しいかも。
でも、ごめんなさい、それほど美しくはなかったかも・・・
kurisekai170217DWallspot.jpg

奨励賞「ロゼ」高正園さん。
小輪のアプリコットダブルと書いてありました。
確かにその通りですが、新花とは言えないような気が・・・・
kurisekai170217rose.jpg

というところでございました。
最後に総評をしちゃいますと、
この展示会は外向けにクリスマスローズの魅力は発信する場というより、
クリスマスローズ業界の内向けな懇親の場になっちゃっているような印象が・・・・・・
消費者目線で決めたり書いたりして貰った方が良いと思うのでsけど・・・・・・・・・・・・
  1. 2017/02/27(月) 23:29:43|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

クリスマスローズの世界展 (続2)

生産者さんのブース展示から。

広瀬園芸さん。
私のツボにはまるお花が多い、大好きな生産者さんです。
が、びっくり。
何と、ブラックマジックが2種類ありまして、
うちのと同じと思われるやつが、「ブラックマジック・アンティーク」になってる!!
kurisekai170217hirose.jpg
大好きな広瀬さんだけに、敢えて苦情言っちゃいますけど、
お花の名前を後から変えるのは無しってもんですよ。

ウルトラマンだって、「帰ってきたウルトラマン」が放映されたときに昔のやつが「ウルトラマン・アンティーク」にはならないでしょ~
ウルトラマンタロウとか、ウルトラマンレオとか、後から色々出てきてもいいけど、初代ウルトラマンはやっぱしウルトラマンでしょうよ。
名前がころころ変わっちゃったら、クリローファンが混乱しちゃいます。それに、名前が変わらない方が価値が高いのではないでしょうか。


ソレイユダブル。
赤色が少なめでしたが、綺麗でしたね~
kurisekai170217hirose2.jpg
実の所、ソレイユって何なのか、はっきりした説明を聞いたことがありませんで、お店でラベルにソレイユと書いてあればそうですし、そうじゃなければ違うって感じになっているような気がします。こういう花をソレイユと呼びます、っていう定義をしてくれたほうが、クリローファンの立場としては判りやすいのにな~と思う次第でございます。

  1. 2017/02/25(土) 23:54:43|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

ねこの日

2月22日は、ねこの日だそうです。
新聞を見ていたら、どーんと大きく書いてありました。
「にゃん、にゃん、にゃん」
だから、とのこと。
我が家では特別何もしませんでしたが、
このごろチャム君を撮影していなかったので久しぶりにパチリ。
小屋から出て来てくれなかったのですが、
丸いお目目の可愛いお顔を見せてくれました。
目やにがなかなか取れませんで・・・・・(汗)。
cham170222b.jpg
cham170222a.jpg
cham170222.jpg
  1. 2017/02/22(水) 23:49:04|
  2. ねこ
  3. | コメント:0

インフルエンザA到来! & クリスマスローズの世界展(続)

うちの娘がインフルエンザA型にかかってしまいました。
家族誰にもうつらないとよいのですが・・・・・・
今年は予防接種が「はずれ」気味のようで、注射したけど罹ったという話を良く聞きます。
でも実は感染予防ではなく感染時の重症化を防ぐものなのだとか。
だとするとやはり注射しておいた方が良さそうですね。
医院でのインフルエンザ検査も早くなりましたね。以前は10分位は待たされましたが、今は診察中にすぐに判るんですね。
お薬も一度まとめて吸引すればそれで終わりとのこと。
人類はインフルエンザと言う病気を全然退治できそうもないですが、対処方法は進歩しているんですね。

クリスマスローズの世界展より。
大和園さんのブースに、
代表花のパステリッシュストレインが2鉢展示されておりました。
このお花は純正ラベルが付いているのが「パステリッシュストレイン」という事らしいですね。
シングル咲きの白花に赤紫色の太い筋状の模様が複雑に入っているお花と理解しているのですが、
模様の入り方にはかなり幅があるようで。
さらに複雑なのは、純正ラベルがあってそれらしくないお花があったり、純正ラベルがないのにそれらしいお花があったりします。
そのあたりが不思議だったりしますが、
やっぱりこれら展示株のようにばっちり模様がはいっているお花はすばらしいな~と思いました。
今シーズン、2回もゲットチャンスがあったのに逃しちゃっていましたが、
これ見たらやっぱり欲しくなっちゃいましたね。
kurisekai170217yamato.jpg
kurisekai170217yamato2.jpg
他に、フレックルキスが純正ラベル付きで展示されていたと思うのですが、まだ蕾で中身が見えませんでした~
展示会期中に開いたのかな??
  1. 2017/02/20(月) 00:42:53|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

稀勢の里関パレード & クリスマスローズの世界展


今日は稀勢の里関の優勝パレードを見てきましたよ~
ニュースを見たら、5万人集まったとか。
1時間半くらい待って、あっという間に通り過ぎちゃったけど、
お祝いできて良かった~
あと20回優勝して「稀勢の里部屋」ができるくらいの大横綱になってくださいませ!!
kisenosato170218.jpg
kisenosato170218a.jpg


そんなわけで本日クリロー道の方はお休みでしたが、
昨日の午後お休みを頂いて、東京は池袋サンシャインシティで毎年行われているクリスマスローズの世界展に行ってきました。
かれこれ15年くらいクリスマスローズを育てていますが、世界展に行くのは初めてです。
結構お客さんでにぎわっていましたね~。
お店の方に聞いたら、朝は売り場が相当混雑したそうです。
噂に聞いていた、争奪戦が繰り広げられたのでしょうかね~
それに巻き込まれたくはないので、午後から出撃した次第でございます。
それでも撮影に夢中で人にぶつかってくるおじさんとかいましたけどね。

入口から順に、寄せ植えの展示、クリスマスローズの基本的な紹介(ハイブリッドの花形色々、原種展示)、生産者さんの展示があり、その奥がやや広いスペースに会員さんの展示と、新花コンテストの展示。ここまででスペース全体の半分くらいで、残り半分は売店という具合です。
一番楽しみにしていたのは新花コンテストです。
今までネット情報しかなかったので受賞花だけ飾ってあるのかな、なんて思っていましたが、応募したお花が沢山ならんでいたんですね。行ってみて初めて判りました。
個々のお花は判りにくいと思いますが、展示の雰囲気だけご覧ください。
kurisekai170217_00.jpg
kurisekai170217a.jpg
kurisekai170217b.jpg
kurisekai170217c.jpg
kurisekai170217d.jpg
kurisekai170217e.jpg
kurisekai170217f.jpg
kurisekai170217g.jpg
kurisekai170217h.jpg
たくさんありますね~
一花につき一分ずつ見てたら1時間以上かかっちゃいます・・・
それ以前の問題としてお客さんが多いので、そんなにゆっくり見ていられる雰囲気ではないですけど。

最優秀賞はこちら
加藤農園さんの「かぐや姫」
kurisekai170217i.jpg
ゴールドダブルの芳香花ということだと思うのですが、進化のスピードがすごいですね。
今最も勢いがある生産者さんだと思いますので、なるほどね、と。

ちなみに、こちらは
曽田園芸さんの「かぐや姫」
kurisekai170217j.jpg
こちらは小輪系xチベタヌス、とのこと。
名前が重なってしまいましたね~
クリローファンが路頭に迷わないように、平和裏に問題解決していただければと。

私個人的にダントツ1位で気に入ったのはこちら。
kurisekai170217_1a.jpg
kurisekai170217_1.jpg
奨励賞を受賞した高正園さんのセンセーションです。
3倍体のダブルピンクという説明でしたが、
とにかく花がでーーっかい。
上の方の集合写真を見て頂ければそのでかさがお判りいただけるのではと。
大きさばかりではなく、花形や模様もいいですね~

つづきは後日。
  1. 2017/02/18(土) 23:12:15|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

パステリッシュストレインの子ども

2月も中旬を迎え、我が家のお花も続々と咲いてきました。
まだ半分にも満たないですけど。
クリスマスローズのシーズンはまだまだこれからですよね~。4月になってから咲く株もありますし。
某有名ナーセリーさんからネット販売のメールが届くのですが、
今週のメールに「クリスマスローズのシーズンもあとわずかになりました」って書いてありましたが、
それは、生産者さんサイドからみて「クリスマスローズを出荷してお金儲けができるシーズン」のことじゃないのかなと?
実際の所、このナーセリーさんの売店を数年前の2月下旬に訪問したことがあるのですが、これがあの有名ナーセリーさんの売店?って信じられない位クリスマスローズが無かったので、このお店は実際の開花シーズンはそっちのけでさっさと売りつくしちゃうんだ~とびっくりしたものでした。2月下旬じゃ、うちのお花なんてまだ咲きそろっていないのにね。
本当に好きなファンは、3月4月でも何かよいお花があれば買いたいのではないでしょうかね。

平日は夜しかじっくり見回りもできないのですが、
あれ、こんなお花あったっけ、てのを発見。
13_03A_170215.jpg
13_03A_170215a.jpg
なんだがピンク色っぽいシングルで、昨年も見たはずの株なのですが見たことない感じのお花でした。

ラベルを見ると、パステリッシュストレインの子供ということになっておりました。
この株の昨年の開花がこちら
13_03A_160322a.jpg
13_03A_160322.jpg
昨年の開花が既に高温期と言える3月下旬でしたので、今年まだ寒いうちに咲いたお花が昨年より発色が濃いのは頷けるところで、なるほどねという感じですが・・・・・ますます元のパステリッシュストレインから遠ざかってしまったような。
元のパステリッシュを枯らしてしまっただけに、子どもたちには面影があってくれるとうれしいのですけど。

親子関係と言えば、恐らくこのブログの記事を見て書かれたのではないかと思うのですが、
クリスマスローズの生産者さんのブログに
「DIDOの実生なんてありえない、トルカータスのダブルと書け」
という趣旨の記事がありました。
まあ、もちろん間違った内容ではないのですが・・・・。
私が買ってきたものはお店で「DIDOの実生ですよ」と聞いたものでして、何年もクリスマスローズに親しんでいるのでその表現が「DIDOのセルフ交配から生まれた株」という意味であることは判っておりまして、元のDIDOそのものではないことは重々承知の上です。実際の所、正しくはないであろう「DIDO」というラベルが刺さっていたりしますが、あくまで原種ダブルとして優れた株と思ったのが先でしてDIDOの子供ということならその意味でも価値があると判断しまして、家に連れ帰って楽しんでいる次第です。それに、「○○の実生」という表現はセルフ交配したものを暗に示す表現で通じているところがあるのではと思っているのですが。
そこへ、そんなものDIDOじゃないんだからそんな表記するな、みたいな感じで書かれちゃうと、
せっかくお花を楽しんでいた気分がすっかり壊されちゃうってなもんです。気分悪いですね~
記事の書き方もそっと間違いを正してくれるような文章なら良いのに、上から目線で馬鹿にしたような書きっぷり。
(まあ、文章の悪さは人の事を言えませんが・・・・)
何だか、地位が高いか名家の生まれか大金持ちか、そんな人が書いた文章っぽくってね~。
クリスマスローズで生計を立てる方ならば、花を愛でるファンの気持ちを考えてくれればいいのにね、残念ですね。
そもそも、農水省に品種登録もろくにしないで生産者の感覚だけで適当な名前を勝手につけて売っている状態、その方がよっぽど問題でしょうに。
  1. 2017/02/16(木) 23:24:16|
  2. 未分類
  3. | コメント:8

モコモコ

音の葉さんで買ってきた、「ピコティー モコモコ」
PMC_170211a.jpg
PMC_170211.jpg


4日経過しましたらこんな感じ。
「モコモコ」の部分にちょっとすき間ができてきましたかね。
PMC_170215.jpg

おしべが見えてきませんので、いつ花粉が出始めたとか判りにくそうなので、いつ「開花し切った状態」なのか判定するのが難しそうです。
ネクタリーが有り過ぎて1つ1つが平らにつぶれちゃってるようにも見えまして、もうちょっとフワッとしてたらいいのにな、なんて贅沢な事を考えてみたりします。もしそうなったら、ハチの巣みたいになっちゃうんでしょうかね。
PMC_170215a.jpg
これをさらに交配して何か進化形が作れるか??
とりあえず、妄想だけしておきましょうね。
  1. 2017/02/15(水) 23:05:34|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

超多弁

突然ですが、米国が保護主義、英国が孤立化(なのかな?)ってことで、
もし日本が貿易を全くしなくなったとしたらいったいどうなるでしょう??
まずは食糧。自給率が50%もないでしょうから、食べ物がどーんと値上がりすること間違いなし。当然生活に困りますが、一方で農業が再生するのではないでしょうか。
続いてエネルギー。石油が無くなっちゃって火力発電できず電気代が高騰します。しかし、みなさん節約したり、代替エネルギーの開発が進んだりして、何とかなるんじゃないかなと。
自動車はガソリンがなきゃ動けないんで、さすがに困るでしょう。でも何年かすれば電気自動車とかに置き換わっちゃったりするのではないでしょうか。
経済グローバル化とやらが進んで、貿易自由化とかいっても結局は一部の金持ちが太るだけで一般市民がそれほど潤うわけではないです。それどころか、金持ちの強欲が地球の限りある資源を無駄に浪費させ、地球の寿命を縮めるんじゃないかと思うので、もっと細ーく長ーく、生きていくためには保護主義や孤立主義も悪くはないんじゃないかとか思ったりしてます・・

最近買ってきた、超多弁のお花。
DWCTB_170211.jpg
DWCTB_170211a.jpg
DWCTB_170211b.jpg
DWCTB_170211c.jpg
何枚あるのか、数える気力も起きない位の枚数ですね~
ヒデコートダブルの血が入ってるんじゃないかって話もあるようですが・・・・
花も凄いけど、株姿の乱れっぷりもすさまじいもんがあります。
こういうのを見ると、ついつい買ってしまうのが私の悪い癖。
これを赤ダブルとか黒ダブルにできたらすごいだろうな~(妄想)
  1. 2017/02/14(火) 23:52:55|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

購入したクリスマスローズ開花株の植え替え

今朝はかかりつけの医院で超音波検査をしてきました。一応、正常範囲だったらしいのですが、経過観察ってことでまた半年後。年をとるとお医者さんから逃れられなくなっちゃいますね~。まあ、健康そうでお医者さんに全然かかっていなかったのに突然倒れちゃうってこともあるので、2か月に1度くらいかかっているくらいでちょうどよいのかも知れませんね。

帰宅後は、大分溜まってしまった今年買ったクリスマスローズ開花株の植え替えをやりました。
お天気は晴で風が強めと、あまり植え替えに適してはいないのですが、やれるときにやっておかないとね。
植え替え対象の生産者さんは、吉田園芸さん、松浦園芸さん、加藤農園さん、大和園さん、広瀬園芸さん、若泉ファームさん、
兼晃園さん、と多岐に渡っております。株の大小もさまざま。
やることは単純に、株を鉢から抜いて状態を見て、適当と思う位根鉢を崩して、新たな鉢に新しい土で植えつける、
というだけなんですが、これが一株ごとに全然手間が違ってくるもんでして・・・・

まずは、鉢から株を抜く時。
スポッと簡単に抜けちゃうのもあれば、10分くらいかかるのもあります。
一番大変なのが、硬めのプラスチックの長鉢で、鉢底から太い根が飛び出して巻いちゃってるやつ。
見るからに生育が良いのでその点安心なんですが、抜くのが大変。
ポットから株を抜くには鉢をゴムハンマーでたたいたり心臓マッサージ風に手のひらでぐぐっと押したりしますが、鉢底から出た太い根が鉢底のすきまにくっついて離れなかったりするので、棒で鉢の中に押し込んだりしてやっとこさ出てきます。
やっぱり、ポットはビニールポットがありがたいです。急ぐときはハサミで切れますからね。

次の、根鉢を崩すのが一番大変な工程です。
これは、鉢の形状、根の育ち具合、植え込まれている用土、で全然違ってきます。

鉢は、ビニールポット植えが一番楽で、硬めのプラスチックの長鉢が大変。前者だと根が育った場合はビニールが変形するので根鉢はでこぼこになり菜箸で崩すのが容易になるのですが、後者だと根が押し花みたいに「面」になっちゃっててほぐすのが大変。

根の育ち具合は、言うまでも無くパンパンに回っちゃっている奴が一番大変なんですが、さらに生産者さんによって根の太い細いが違っていまして、細い根がパンパンに回っていると崩すのが特に大変で、それが硬めのプラ鉢だと「最悪」であります。

用土も生産者さんごとに全然違ってまして、かなり水捌け良いな~と思うものから、田んぼの泥?みたいなやつまで様々(笑)
大まかな傾向としては、寒冷地の生産者さんの土は水捌けが悪いかな・・・・
今植え替えると、そのまま夏越しとなりますので、根腐れしそうな気がした場合はその用土をなるべく落とすようにしています。

という具合に、一鉢ずつ、植え替えを始めてみないと様子が判らず、頭も使いますね(笑)
園芸店さんに植え替えお任せできちゃう人が羨ましかったりもしますが、私は面倒でも自分で管理したいなと思います。

ここで書いててもしょーもないかもしれませんが、
生産者さん・販売店さんにお願いしたい事としましては、
・プラ鉢の方が見栄えが良いかもなんてことは買った後の生育には関係ないので、ポットはビニールにしてほしい
開花株の上げ底、つまり出荷直前に根鉢を全く解すことなく一回り大きい鉢に植えつけるのはやめてほしいです。5号ロングポットのお花を買ったので一緒に植え替え用に7号ポットを買ってきて、いざ植え替えようとしたら中身は4.5号普通ポット相当の根鉢だった、となると困ってしまいます。卸売り取引時でポットサイズで販売条件が変わったりするのかもとか勝手に想像しますが、お花を楽しむ購入者にとっては上げ底には何のメリットもないので、元のサイズのままで売ってくれた方が良心的と思います。
・特に、泥で上げ底されても、いらない土が増えるだけなのでやめてほしいです。

自家産のお花も咲いてきました。
めっちゃ平咲きなやつ
12_47a_170212.jpg
薄紫色のセミダブルでラージネクタリーのやつなんですが、花弁の周辺部がちょっと白抜けしているのとワイルドなネクタリーがいいな~ってことで、うちの子として育てることに決定しました。ってことは、また1鉢増えたってことですね~。やばくなってきましたね。
12_47a_170212a.jpg
  1. 2017/02/12(日) 23:38:26|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

音の葉クリスマスローズフェア

今日は何年振りになりますか、東京の音の葉さんのクリスマスローズフェアに行ってきました。
前回出かけた時は地下鉄・江戸川橋から歩く方向を間違えて大遅刻しちゃいましたが、
今回は車で出かけたら首都高速が渋滞していてまたしても遅刻、着いたらたくさんのお客様が既に売り場にいっぱいで、またしてもフェア初日の「お宝」の全容を見る事が出来ずじまいでした・・・
まあ、今シーズンすでに沢山買っているので、お宝欲しい!というガツガツしたところが無かったから遅れちゃったのかも。

売り場に入ったのが開店直後の10時ちょい過ぎ。
お花の数は四国造園さんフェアの300鉢よりは多い様で、全部見るには途方もないです。
お花に負けずお客様もいっぱいで、ちょっと通路が狭いところがありまして、そこで皆さん真剣に株選びしているところに入っちゃった状態でして、一人一鉢だけの最初の10分間には間に合ったのですが自分の「これだ!」というお花を選ぼうにもなかなか探せないな~と。
そもそも今回何か特定のお花を狙っていたわけではなく、ピーン!とくるやつが何かあればいいなと思っておりました。
一方で、売り場のお客様は茨城から出陣された方も含めて顔見知りの方が沢山いらっしゃって、ご挨拶をしながらゆっくり売り場を移動していましたら、
知り合いの方が、「これ、好みのお花じゃありませんか」って感じでこちらのお花を手に取ってすすめてくれました。
吉田園芸さんの、もりもりの糸ピコセミダブルです。
PMC_170211.jpg
確かにいいかも~♪ 私の好きな「インパクト系」ですね。
ラベルには、「ピコティー モコモコ」だって(笑)
株姿はこんな感じ。
PMC_170211a.jpg
一本、すーっと立ってますね。
繊細な株姿に自己主張強すぎなネクタリーのアンバランスが面白い。
おしべがちゃんとある事を確認して、お買い物かごに収納!
これはちょっと種まいてみたい感じだな~。やばい。

時を同じくしてお天道様の下で輝いて見えたので思わず手に取ってしまったのがこちらの
加藤農園さんのレッドゴールド
赤軸で、雌しべも赤(笑)
RG_170211.jpg
ネクタリーは小さいですが、黄色っぽいけど内側が赤っぽい。
RG_170211c.jpg
裏面をみれば赤ってわけでもないですが、
RG_170211b.jpg
相変わらず赤い花に弱いですね~
RG_170211a.jpg
こちらもかごに収納。

音の葉のクリローフェアでは、ヘレボルス倶楽部の会員さんのお花の展示も見れます。
以前は売り物ばっかり見ていて展示はほとんど見なかったですが、今回は展示株を結構見ちゃった私は本年買い過ぎでお腹いっぱいだったのでしょうかね(笑)

原種ダブルのお花
otonoha170211.jpg
その株姿。
盆栽の化粧白砂を敷き詰めたら雪国のクリスマスローズっぽいんじゃないかな~なんて。
otonoha170211a.jpg

原種アトロルーベンスのちっちゃいお花。可愛いですね。しかし、プラ鉢の色がインパクト有り過ぎでは(笑)
otonoha170211b.jpg

このアプリコットダブルは色形とも完璧じゃないでしょうかね~。こんなのが家に1つあるといいな~。
otonoha170211c.jpg

小輪系ですね。
実はこのプラ鉢が以前デフォルトで使用していた100均のプラ鉢で、クラブの方もこれ使うんだ~と思ったら何だか妙な
親近感が(笑)
otonoha170211d.jpg

アップル系のシングル、絶妙な日光を受けてとってもきれいでしたね。この類ならうちにもあるぞ~なんて思ったり。
otonoha170211e.jpg

これは「ヨシノ」でしょうね。
やっぱしこれは株姿がいいな~。
うちの「風鈴」枯れちゃったので、早く次世代が生まれてくれると良いのですが・・・・
otonoha170211f.jpg

原種ボッコネイです。展示株で一番立派な大株だったんじゃないでしょうかね。
でもそれよりお花の香りが素晴らしいんです。
見に行かれた方は、忘れずに香りを確かめてくださいね。なんたって、香りはタダですから(爆)
otonoha170211g.jpg

展示はこんな感じ。
otonoha170211h.jpg

売り場はこんな感じ。
otonoha170211i.jpg

そういえば、こんな素晴らしいやつの展示が。
otonoha_vesi170211.jpg

原種・ヴェシカリウスの開花です。
ヴェシの開花を見るのは3度目ですが、株姿的にはこれが一番しっかりしているかも。
花数はちょっと少ない様な気が。
otonoha_vesi170211f.jpg

滅多に見られないヴェシカリウスのお花、じっくりご覧ください。
otonoha_vesi170211a.jpg
otonoha_vesi170211b.jpg
otonoha_vesi170211c.jpg
otonoha_vesi170211d.jpg
otonoha_vesi170211e.jpg
更なるびっくり情報は、
このヴェシカリウスがフェア最終日に販売されるんじゃないかって話。
きっと抽選でしょうけど、お値段は、四国造園フェア時の"DIDO"と同じだとか。
家に帰ってカレンダーを見たら、予定が何もない(爆)
さあ、どうするか
(長考)


  1. 2017/02/11(土) 23:32:33|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

花の金曜日

昨日・一昨日と東京出張しておりまして、3日ぶりの職場復帰でございます。
今朝は四国造園さんの入荷情報がありましたので朝から覗きたい所でしたが、たたでさえ仕事が溜まっている上に電子メールも間違いなく沢山来ていて処理しなきゃってことで、おとなしくまっすぐ出勤でございます。案の定メールがいっぱい、おまけに職場はガラガラポーン(意味不明ですみません)。この先いったいどうなることやらと憂いつつも、まあなるようになるさと淡々と仕事をこなしまして、朝が駄目なら夕方にと、四国造園さんへ(爆)。

閉店間際の四国造園さんに滑り込みまして、本日売り出しのお花を拝んで参りました。

shikoku170210.jpg
細かいスポットが内外両面に入る、多弁っぽいお花。
これいいな~と、何だかすごーく魅かれまして、しばし考えましたが連れ帰らず。
家に帰ってFun Gardeningを見たら思いっきり紹介されていたではありませんか!
うわっ、買っておけば良かった・・・・・。

shikoku170210a.jpg
これは多弁の蕾でございます。何枚あるんでしょうね~。というか、咲いたらどんな感じでしょうかね。
釣鐘型の蕾でして、もしかしてあまり開かないんじゃないの?と予想してみたりしますが、さてどうでしょう。
連れ帰れば判るんですが、こちらもスルー。

shikoku170210b.jpg
一見、レタスっぽく見えなくもないこのお花はズバリ、「ピエラ」の蕾でございます。
これは緑ピコがとっても太いですね~。花弁も多そうです。
この子は、すーっとお嫁に行っちゃいましたね~。
クリスマスローズには、化学の「マルコフニコフの法則」ってのが成り立っている様な気がしましたね。
この法則は単純には「水素が多いところに水素がさらにくっつく」という事なのですが、
クリスマスローズにあてはめると、ゴールドの多い家にはさらにゴールド、ピエラのあるおうちにまたピエラ、トルカータス好きにはまたトルカータス、ということになるのではないかと。結構、当てはまっているのではないでしょうか(笑)
もしかして、原種ダブルに手を出した私のところには原種ダブルが増えるのかな~?
なーんて、とてもお金が続きませんてば・・・。

ってな具合で、見学のみでした。
かなり抑制が効いておりましたが、
明朝、音の葉さんに出撃する意図があるのと、
実は、四国さんに行く前に坂田園芸さんに立ち寄っていたのでありまして・・・・・(爆)

坂田園芸さんと言えば、売り物のお花も素晴らしいですが、お取り置き、すなわち売約済みのお花が眺められるのも良いです。
買う事は出来ないのですが、「こんないいお花があったんだ~」などと、大変勉強になるわけであります。(何の勉強なんだか・・)
sakata170210.jpg
お取り置きコーナーでみかけた、テカテカ光沢の黒ダブル。ワイルドな剣弁もいいですね~

SJ_170210.jpg
こちらは、売り場のお花。
花弁5枚それぞれに一本太い筋が通っている、ありそうで見かけないやつ。
だいたい察しがつくかと思いますが、大和園さんのお花でございます。
これが3本づつ入ったらパステリッシュストレインになったりして(笑)
すっきりした清楚感がありまして、ついつい、連れ帰る事に。

一応、今シーズンは一回のお買い物ごとに1株づつ、と思っているのですが全然守れておりません。
実は本日も2点買い・・・・
先週坂田さんに来た時に気になっていた、外側に太いベインの模様があるちょっとグロいやつ。
その時は自分が手を出す前に他のお客様がお買い上げとのことだったのですが、
何故か売り場に並んでる・・・・
事情を聞いたら、いったんお取り置きとなったもののキャンセルになったとか。
期せずしてヘンテコ系と再会してしまった私、運命的なものを感じて連れ帰る事に(爆)
OPS_170210.jpg
置き場所無いってのに、汚系を増やしてどーすんのって。

今日も楽しい一日でした。それが一番ですね。
  1. 2017/02/10(金) 23:20:49|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:1

四国造園フェアと坂田園芸さん

今朝ちょいと用事がありまして、牛久市役所へ行ってきましたところ、
ようやく念願の垂れ幕を拝むことができました。
しかし、慌てていたのでデジカメの感度が昨夜の3200のままで、肝心の字が読めない・・・・・・・(爆)
ushikushiyakusho170207.jpg

待合所に手作りの祝賀展示がありました。何だか、素朴でいいですね~
大相撲春場所の前売り券、全部完売の様でございます。
こりゃ、5月に両国国技館で生で観戦しようと思ってもチケット取るのが大変だな~
何はともあれ、稀勢の里関には横綱昇進の3月場所でぜひ優勝して欲しいです。
ushikushiyakusho170207a.jpg

さて、2/4(土)の四国造園クリスマスローズフェアの際、時を同じくしてそこから車で20分程度の土浦市・坂田園芸さんもまたクリスマスローズフェアを開催しておりました。加藤農園さんのブログにたっぷりのお花の写真と共に紹介されていましたので、ご存知の方も多いかと思います。同時開催で車で20分くらいとあっては、両方行くっきゃないでしょ、ってことで、四国造園のドラフト指名直後からちらほらと民族移動が始まりまして、ドラフト参戦者の1/4くらいはハシゴしたんじゃないでしょうか。午前10時半くらいには、ちょっと前に四国にいた顔なじみメンバーが坂田に集結しちゃって、ちょっとした二次会状態(笑) どんだけお花好きというか、貪欲というか・・・。
坂田園芸さんには加藤農園のお花を中心に、広瀬園芸さん、野田園芸さん、曽田園芸あたりがはいってましたでしょうか、このうち曽田園芸さんは確か島根県だったでしょうか、ここ茨城県南ではあまり入荷がないところですので見れてよかったです。
私DIDO買って浮かれちゃったのか、色々と綺麗なお花が沢山あったのに、すっかり写真を撮るのを忘れちゃいまして、ほんのちょっとだけ。

広瀬園芸さんのソレイユ系のお花。写真がへたくそなんですが、これ綺麗でしたね~。残念ながら売約済み。広瀬さんといえば、クレオパトラやブラックマジックもひっそりと陳列されていたかな~。
sakata170203.jpg
これは私が買った奴で、加藤農園さんの最近の交配のお花。
ラベルに、糸ピコ x クレオン って書いてあります。
IPCR_170203.jpg
そのお花は、ちょいと糸ピコがあって、うっすらとクレヨン塗り模様が入ってます。
とても微妙なピコと模様ですが、株が育った時にどう出るか楽しみなところです。
花色や花形もばっちりかな~。
あとは一本立ちからどう育てるか。来年咲かずとも、じっくり育成しましょう。
IPCR_170203a.jpg
坂田園芸さんでお買い物したあと、クリ友が四国に戻っているとの話を聞いて私も戻っちゃって、再びクリロー談義。どんだけオタク何だかね~(笑)
で、仲間と一緒にファミレスでお昼食べて、またまた延々とクリロー談義。まったく、話が尽きる事がないですね~
とっても楽しい一日でございました。

2月になって、我が家のお花も続々開花してきました。
忙しくて、記録が追いついていません・・・・・やばい。
いよいよシーズンたけなわですね~

  1. 2017/02/07(火) 22:13:57|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:3

四国造園クリスマスローズフェア初日(3)

クリスマスローズ三昧の楽しい週末があっという間に終わってしまいましたが、
クリローパワーの充電満タン状態って感じでお仕事の方も淡々とこなしちゃいました。
次とその次の週末もクリロー探訪の予定を入れまして、
ちょっとの間ですが我が世の春~なんて浮かれちゃいましょうかね。

しかし、昨日、新たなる置き場所問題が発生!!!
以前からくすぶっていた問題なのですが、ついに現実に。
鉢物が相当置けなくなってしまうので、ホントにもう減らさないとまずいです・・・・

話変わりまして、今朝見かけたテレビで「いじめの後遺症」ってのをやってました。
小中学校時代に受けたいじめが一生の心の傷になってしまうという深刻な問題でした。
これは、何とかしなきゃいけませんね。
思えば、自分のころも酷かったですね~。生徒ばかりでなく先生も悪質なのが多かった~。
自分も多少、被害にあったりもしましたね~。
なので、出身地の横浜という都会ではなく、ずっとのどかなここ茨城県南に住めているのは運が良かったな~と。

いじめといえば、みなさん、お花をイジメないでくださいね。
四国造園さんのクリスマスローズフェアでとても残念だったことがありまして、
それは売り物のチベタヌスの蕾がほじくられていじけ花になっちゃっていたことです。あれでは、もうまともな形では咲かないでしょうね。
普通のハイブリッドでも蕾をめちゃいじくりまわせばお花に傷がはいっちゃいますがハイブリッドは割と丈夫かもしれません。
しかし、経験上、原種のチベタヌスとヴェシカリウスの2つはめちゃくちゃ繊細です。
どうかみなさん、売り場の
チベタヌス・ヴェシカリウスには絶対に手を触れないでください。
蕾に触れるのもダメですが、もっと悪いのは地際をほじくることでして、地中の芽を触るとそれだけで発芽しなくなったりします。
イジメは、絶対にいけません。

さて、ここらへんで、四国造園フェアで私が買ってきたお花をご紹介。
ドラフト一位指名したのは、
shikoku170203_23.jpg
shikoku170203_24.jpg
原種ダブルのDIDOでした。
ついに、原種ダブルの開花株を我が家に迎えることができました。
苦節15年、やっと・・・・ (という程でもないですが)
デュメトラムのダブルでしたら開花株でもゲットする機会は何度もありましたが、オールグリーン花はちょっと・・・・
原種ダブルの苗は買ったけど、全然咲かない・・・・
やっぱしバイカラーの原種ダブルでないとね~と思っていました。
ちょっとお高いですが、
原種ダブルは普通のハイブリッドが年々値下がりするのと比べてなかなか下がってきませんで、これは供給が少ないからだと思われます。供給が少ないのは種があまり採れないだろうってのと、育つのが遅いためでしょうね。
こいつは色形良い花が咲いている上に、地際から芽が何本もでておりまして見るからに元気そうな株でしたので、
自分の番までに売れていなかったらドラ一指名を決めておりました。
やっと、手に入った~♪
でも、やっぱし、高い・・・・

ちょっとこれで浮かれちゃったのと、
今シーズンは減らす予定がいつもと同じく増える一方ってなことで、
今年の私、自由選択の気合いがちょっとかけておりました・・・・・。
2~3鉢ほど、これを狙って取りに行くべきだった~、しまった~ってのがありました・・・。
まあ、今年のこの日でクリスマスローズ販売が終わっちゃう訳ではないですから、欲張り過ぎてもいけませんね。
自由選択は1株、こちらでした。
shikoku170203_7.jpg
アプリコット色のセミダブル、濃黄のネクタリーです。
これはとにかくネクタリーの黄色が濃かったです。見たこと無い位。
ケチをつけるとすればアプリコットの花弁の色は平凡なのと、花弁にしわがよっちゃってるところでしょうかね。それを引いても黄色ネクタリーが良いわ~。
この鉢の近くにアプリコットゴールドのダブルが2鉢、かなりのお値段で売られていましたが、
こちらは葉っぱがゴールド系統の黄色の葉っぱではないので普通ハイブリッド価格で、
割とお買い得だったんじゃないかな~と。

以上2鉢で、お会計となりました。
レジにてハギさん、私のかごの中身を見て、目が点になって一瞬呼吸が止まっちゃってたみたいで(笑)
今まで高額商品には手を出さなかったので、よほどびっくりしたんでしょうね。
この瞬間は面白かったな~
でも、毎回は無理だな・・・・

  1. 2017/02/06(月) 23:08:33|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

四国造園クリスマスローズフェア初日(その2)

昨日の続きです。

大和園さんの不思議なグリーン花。
パステ風グリーンとか名札に書いてあったような・・・・・・・
白花のパステリッシュストレインばかりでなく、他の色のお花にも模様が入ったのがあるようですね。
shikoku170203_11.jpg

松浦園芸さんの「ピアノブラック」
花弁に光沢がある黒色のダブル咲きです。
数年前に、この仲間が初めて四国造園にやってきたときは、「ゴキ○○ブラックだ~」と皆で大騒ぎしたものでした。
これは選択候補でしたが、昨年に松浦さんの黒ダブルでやや光沢ありってのを買っているんですよね・・・・
shikoku170203_12.jpg
同じくピアノブラック。全部で4鉢くらいあったかな・・・・。
結果論ですが、ドラフト1位選択と自由選択を経たのちもいくつか残りました。
今のトレンドは、ダーク系のお花ではなくて、ゴールド交配の明るい色のお花、という事なんでしょうね。
shikoku170203_13.jpg

咲きかけのリバーシブルダブル。
これは咲いたらめっちゃ鮮やかなんだろうな~と容易に想像がつきます。
実際、ドラフト選択開始ごろまでに開花が進んで中が結構見える様になりました。
売り場は加温していないので、クリローファンの熱気により開花が進んだという事ですね・・・・恐るべし。
shikoku170203_14.jpg

ピンクの綺麗なダブル花。
咲き方も、花の模様も大好きです。
でも、飛びつかない私。一体、何がほしいのでしょうね~。自分で判らん。
shikoku170203_15.jpg

同じくピンクのダブル。色・形・模様ともばっちりで、いかにもハギさんセレクトだな~という感じ。
いいお花なんだけど、手が出ない私。
フェアじゃなくて、他にお客さまがあまりいなくてゆっくりお買い物をしている状態だと、かごに入れるんだろうな~私。
shikoku170203_16.jpg

赤ダブルです。。
赤ダブルはいくつかありましたが、これが色・形・株立ちとも抜き出ていました。
我が家では赤ダブルだけはいくらでも購入してよい、という家法があります (うそです)
一応、赤花判定ビームを使いまして(爆)、これは赤じゃないぞ、と自分に必死に言い聞かせました・・・(笑)
shikoku170203_17.jpg

広瀬園芸さん、ソレイユのダブルです。
ソレイユは詳しい数は忘れましたが10近くあったかな・・・・・
実は今回のフェアで大人気だったのがこのソレイユシリーズでした。
No.1,2,3を含めて整理券一桁番台でソレイユが飛び交っておりました・・・・オリンピックだったら金銀銅独占って感じで、凄い。
shikoku170203_18.jpg

ホワイトゴールドのダブル。
これも綺麗でしたね~。これも早期に一位指名でした。
shikoku170203_19.jpg

これもソレイユ。
shikoku170203_20.jpg

こちらは、吉田園芸さんのピエラ
昨年もありまして、人気もお値段も(?)、変わらぬまま・・・
いくつかありましたが、私の番まで残る事はありませんでしたね~
shikoku170203_21.jpg

パステリッシュストレインみたいな感じのシングル白花。
しかし、集まったクリローファンの皆さま、やはり本物がお好きな様でした。
私は個人的には名前のついたお花にはこだわらないのですけど。
shikoku170203_22.jpg

原種トルカータスのダブル、「DIDO」です。
正確には、DIDOの実生ということの様です。
原種ダブルは、トルカータスかアトロルーベンスのダブルで見かけるバイカラーのタイプに憧れがありまして、
何年も前からお店で見てはいるけどいつも買える順番が回ってきませんでした。
原種ダブル苗は買ったことがありますが、育っても咲かなかったり、育たなくていつ咲くか見当がつかなかったりで、やはり開花株だよな~と。
2年前の四国フェアでは、自分の番のすぐ前までアトロダブルが残っていて、「もしかしてついにお迎えできるのかも」と色めき立った瞬間、2人前の方がお買い上げになられました・・・・・
shikoku170203_23.jpg
別アングルのDIDOです。
強いて言えば丸弁ダブルだともっと良いのですが、何てったってDIDOです。
以前も四国さんの売り場にDIDOが並んだ事がありましたが、そのときは花弁が乱れていまして、今回は整っています。
超高額品ですが、候補ということで。
他にも原種ダブルはありましたが、開いていたのはこれだけ。
お高いので、蕾で買うのはリスクがね~
shikoku170203_24.jpg

べったりしたブロッチのお花。
実はひそかに狙ったお花です。
ちょっと前のフェアだとこういうのは見向きもされず、自由選択でゆうゆうゲット作戦だったのですが、
今年はどういうわけだか注目度が高い。
実際、自分より早い順でドラ1指名。
むむむ・・・四国造園のお客様のお花選びの傾向が変わってしまったぞ・・・
shikoku170203_25.jpg

吉田園芸さんの多弁花です。
多弁はもっと出るかと思いましたが、ナーセリーさんに少ないのか、ハギさんがあまり持ってこないだけなのか(笑)。
どちらかは判りませんが、整ったいいお花だけ選んできたのかなって感じでしたね。
shikoku170203_26.jpg

セミダブルのもりもりネクタリーのお花。
ハギさんがありそうでない花と紹介されたような気がするので、きっとそうなのでしょうね。
これはもし我が家に連れ帰ろうもんなら、ついつい交配に使いまくってしまって、種蒔き地獄に陥る事必定、
とても危険なお花なので、選択外とすることに決定(爆)
shikoku170203_27.jpg

黄色のセミダブル。色もよいし丸弁で整ってるしネクタリーも大きくて見応えあり。
shikoku170203_28.jpg

ネオンのシングル花で模様がめっちゃ濃くなったのかな?
インパクト強いお花ですね~
こんなものコレクションしたいけど、置き場所が・・・・
shikoku170203_29.jpg

同じくネオンで変わった色のもの。
同上。
shikoku170203_31.jpg

密かに、彗星なんてのも並んでたりします・・・
shikoku170203_30.jpg


・・・・・・とまあ、私がおやっと思ったものをご紹介しましたが、偏ってるかな~。
とにかくいろいろありまして、これがいいってのが決められない、そんな贅沢な悩みができる一日でありました。
私のお買い物結果はまた後日。
  1. 2017/02/05(日) 23:12:09|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

四国造園クリスマスローズフェア初日(その1)

本日は毎年楽しみにしている四国造園さんのクリスマスローズフェア初日売り出しに出撃して参りました。
店長のハギさんがスカウトしてきた各地の有名ナーセリーさんのお花300鉢を巡って60名弱のクリローファンが争奪戦を繰り広げる、スリルと興奮にあふれるイベントでございます・・・・・・。
大体の流れは、前日の金曜日が下見の日で、15時にお店がオープンし下見開始、22時に整理券の配布が始まり来店順に配られ、翌朝8:45にクリローファンに集合合図がかかり、整理券順に1人1株づつ「ドラフト一位」のお花を優先的に選択し、全員が1株づつ選び終わったらハギさんの合図と共に自由にお買い物、という具合です。
前日15時、開店を待ちわびたクリローファンたちが売り場になだれ込んで、一鉢づつ吟味して品定めをしていきます。来店者は毎年参戦されている方が多いのでお互い顔なじみになっている事が多く、そこは同じクリローファン同士ということで自然と会話が弾んで大盛り上がりになっちゃいます。 整理券配布の22時までは時間がありますのでさすがに立ちっぱなしでは疲れてしまいますので、用意されたベンチで車座になってストーブで暖まりながらじっくりクリロー談義に花が咲いたりもします。なかには年に1回この日だけ再開する間柄という関係も多くありまして、「いや~お久しぶりです~」なんて挨拶をしたりしているうちに時間が過ぎてゆきます。
で、いよいよ夜22時、来店順に整理券が配布されます。
私の番号は14番。
なかなか微妙なポジションであります。
下見はドラフト1位指名と、自由選択時に狙うお花を選べばよいだけなのですが、なかなか悩ましい。
1位指名に関しては一番欲しい花を先に取られた場合にどうするか、選択順序を考えます。一方で一番欲しい花の注目度が低く2番目に欲しい花の方が人気がありそうだったらそちらを一位指名する事を考えたりもします。
しかし、一番困るのは自分が一番欲しい花がどれだか自分でも良く判らない状態でして、実は私、毎年この状態に陥ります。なにしろ、美人さん・可愛い子が並んでいる訳ですから、あれもいいしこれもいい、となると頭の整理が全然つきません。。。。
大体毎年、最後は直感だけの勝負ですね~

では、お店に並んでいたお花たちをご紹介。

ニゲル・乙女咲き(松村園芸さん) 昨年度のクリスマスローズ世界展の新花コンテスト特別賞のお花です。(⇒と、今気が付きました・・・・・・・汗)
shikoku170203_1.jpg
ニゲルのセミダブルで、おしべが全部めしべになっている、という事みたいです。
受賞花ということで、名前は乙女だけど、お値段が・・・・  これは私の選択外。

赤色系のバイカラーセミダブル。大森プランツさんのウィンターシンフォニーの中ではこれが個人的に一番良かったな~
shikoku170203_2.jpg
ウィンターシンフォニーさん、従前と比べてだいぶパワーが落ちているのではないかと。
そろそろ何かガツンと一発、びっくりの新花とかだしてくれませんかね~

「ヨシノ」の3兄弟。
左から、ほぼ白花(ごく淡いピンクかな?)、ピンク花、濃いピンク花でやや小輪のやつ(勝手に命名すると、”プチドールヨシノ”)
shikoku170203_3.jpg
お値段が相当なものなんですが、いいお花です。 濃いピンク、ピンクの順に選択されたのだったかな・・・・

「グランシリーズ」
大輪かつ草姿も大きいやつ。私は花の内容を知らないのですが、4倍体ってやつでしょうか? 
shikoku170203_4.jpg
花が大きいのは大変良い事ですが、葉っぱも大きいのは嬉しくなくて、これも選択対象とはならず。

アプリコットゴールドのダブルです。
これはとてもきれいな花色でしたね~
花色的には一位候補です。ちょっとお値段は高めでしたね~
shikoku170203_5.jpg

同じくアプリコットゴールドのダブル。
上は黄色味が強く、こちらはピンク色味が強い。
中間だと良いのですが・・・・・
おっと、贅沢過ぎる悩みでした。これも一位候補ですが、やはりお値段お高め。
shikoku170203_6.jpg

アプリコットのセミダブル。これは葉っぱが黄色くないのでゴールドでは無い扱いの様ですが、
ネクタリーは思いっきり濃い黄色でVery good。
非ゴールドということで、お買い得価格、やはりVery good。
でも一位候補というほどでは無いかな。
shikoku170203_7.jpg

ピンクの剣弁スポット入りダブル。
こういう花形は好きです。
スポットの入り方と言い、バランスの取れた良いお花です。
が、以前から存在するお花で、珍しいという訳ではないでしょう。
自由選択候補でしたが、買うの忘れちゃった・・・・・・。それだけ、今年はガツガツしてはいないのです。
shikoku170203_8.jpg

大和園さんのパステリッシュストレイン
純正ラベル付きの認定株はこれ1つでした。10日ほど前にはもっと沢山あったのにね~
これは模様が濃くて、いい感じ。
第一候補として狙う手もありましたが、パステリッシュストレインはかつて一度お迎えしたことがあります。その本体は★になっておりますがセルフ交配をいくつか取っておりまして、もしかしてそれらから復活するかも~なんて淡い期待。そもそもこれは人気花なので一位指名は出来ないと予想。
shikoku170203_9.jpg

同じく大和園さんですが、パステリッシュとは認定されておらず、パステリッシュっぽい、というお花。
花の模様は淡いのですが、妖艶な魅力って感じでしょうか。
お値段は認定の1/3くらいと、お買い得。これも自由選択候補でしたが、買うの忘れちゃった・・・
shikoku170203_10.jpg

・・・・・・眠くなっちゃったので、いったんここまで。
(つづく)





  1. 2017/02/04(土) 21:26:24|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

四国造園クリスマスローズフェア前日

いよいよ明日、毎年楽しみにしている四国造園さんのクリスマスローズフェアでございます。
フェア前日は午後3時開店、夜10時に整理券の配布が始まります。
集まったお客様は40名ほど。
明日の売り出しを前に今日は下見の日でして、
皆様300鉢ほどのお花を眺めて品定め、会場は熱気あふれて開きかけの蕾が開いてきたような気がします。

私の整理券番号は10番台、微妙なポジションとなりました・・・・・・・・
今年の品ぞろえは、正統な美人・可愛い子揃いであります。
ハギさんらしい、花形にこだわりが感じられるラインアップかと。
その代わり、ヘンテコ・不思議系は少なくて変わった花色ってのあまり無さそうです。
変人系を選択することが多い私は、正統派のお花を評価するのは苦手かも~
ドラフト1位指名をどれにするか、とっても悩ましい所です。

明朝も整理券は配布されるので、50名以上は1株づつドラフト選択されるでしょう。
そのあとの自由選択で何を狙うかも難しいところです。
うーむ、今年は難しい・・・
  1. 2017/02/03(金) 23:56:47|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

ネオンセミダブル

ついこの間新年だな~と思っていたら、もう2月になってしまいました。月日のたつのが早い事早い事・・・・・
年度末が近づいて、お仕事もだんだんやばくなってきてますね~。ま、どうせ給料上がらず下がるばっかしだから、それなりにしておきましょう。お小遣いの節約のために職場の新年会もサボっちゃいましたよ~♪
それよりも、今の季節はクリスマスローズですね。
今週末はいよいよ毎年楽しみにしている四国造園さんのクリスマスローズフェア、今年もまた色々なお花に会えるな~と思うとワクワクしてきます。今年も先着整理券方式で一人一株選べるシステムのようで私はこれが楽しくて気に入っております、というのも自分の番が来るまでに意中の株が残るかどうか、心臓バクバクになったりしまして、このスリル感が他で味わえないものでして。ただしこのシステム、皆が欲しい様なズバ抜けた株がたとえば5鉢だったとすると最初の5人以外は第二候補になってしまってちょいとがっかりしちゃう事もあるのかも、だとしたらせっかく日本各地の素晴らしいお花が集結しているのにもったいないな~という気もします。実生では同じ花は無くて全てがオンリーワンと言われているクリスマスローズだけに、買い方も売り方もむずかしいもんですね。

チェルシーガーデンさんから連れてきた「ネオンセミダブル」、◎印が光ってますね~
買ってきたときは完全にダブル花で、このラベルおかしいんじゃないの?なんて思っていましたが、
NSD_170129.jpg
いろいろな形で咲いてきまして、やっぱしセミダブルだったのね、てなところ。
NSD_170129a.jpg
NSD_170129b.jpg
NSD_170129c.jpg
一鉢でこれくらい色々な花形を楽しめるとは、有り難い事です。
真ん中のラージセミダブル状態が一番良いかな~♪
まだ蕾がいっぱいあるので、楽しみです。

こちらはおバカさんというか、
こんな地際で咲いてちゃ咲いたのが判らないじゃないの!
NDSM_170201.jpg
これは以前にコピスガーデン南相馬から連れてきた小輪の八重咲きニゲル「ホワイトファンタジー」ってやつです。
いろいろ種類がありましたが、花数が少ないなと思いつつも花の姿形が一番良さそうなのを選んだら
いわゆる”葉ばかり君”で、とにかく花数が少ない事(苦笑)
花がきれいかどうかばかりではなく、花付きの良さってのは大事ですね~。
  1. 2017/02/01(水) 23:41:04|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

プロフィール

furendo

Author:furendo
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (182)
クリスマスローズ (629)
ミニ盆栽 (86)
香りの花 (36)
花いろいろ (61)
食べる園芸 (76)
ねこ (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR