FC2ブログ

園芸 My way

自宅の小さい庭で野菜・小果実・盆栽・鉢花など育てています。特にクリスマスローズがいっぱいです。

サクランボが開花

今日はお休みでした。
ちょこちょこ雑用をこなしつつ、庭で我が家のクリスマスローズを眺めたり撮影したりしておりました。
沢山あるので、すぐに時間が経ってしまいまして、植え替えとか作業が進まないですね。
写真も沢山溜まってしまって整理が追いつかない~
なまじ時間があると、さらに整理整頓すべきことが増えてしまう、悪循環に陥る事を学習致しました・・・・・・・。やばいですね。

昼間鑑賞にうつつを抜かしており、夕暮れになってようやく水やりに一回りしましたが、
何と家の裏に置いていたサクランボ(暖地桜桃)が咲いちゃっていたではありませんか!!
sakuranbo190314.jpg
慌てて人工授粉致しました。適当に花を一輪もぎりとって、他の花にクチュクチュ~とこするだけですけど。やっておいた方が良く実がつくと思うので。
しかし、これが始まると他の落葉鉢物も続々と芽を出してきて植え替えシーズンになるので、忙しくなります・・・。
既に我が家は植物有り過ぎで、置き場所が無いばかりでなく、作業時間的にも破綻しているような気が・・・・・・

そう思いながら、クリスマスローズの交配を進めてしまう、馬鹿な私でございます。
こちらは今日開花を確認した、自家産のダブルピンクxチベタヌスという交配のお花です
16_13G_190314.jpg
16_13G_190314a.jpg

種子親のダブルピンクはこれ
DP5_190214.jpg
上のお花とそっくりですよね。
普通に考えれば、チベタヌス交配が上手くいっていなくて、ダブルピンクがセルフ交配してできたのでしょう。
しかし、何かあるんじゃないか?と、親子を見比べてみました。
16_13G_190314b.jpg
右端の一茎が子、左が親です。
よく見ると、苞葉がちょっと違っているように見えませんか?
子のほうが苞葉がギザギザして、柔らかい感じで、これはチベタヌスっぽい感じではないかと。
チベタヌスの苞葉に似ているのでは。
T19B_190314.jpg
ということで、まるっきり失敗というわけでは無いのではと思いまして、
「子」の方にさらにチベタヌスを交配する、”戻し交配”をしてみることにしました。
どうなりますかね~

ハイブリッドxチベタヌスの交配はいくつもやりましたが、最初の時はビギナーズラックだったかと思いますが4粒発芽して全部それらしい本葉になり、2つ枯れましたが残り2つは開花して株姿が花粉親チベタヌスそっくりで、何だ簡単にできるんじゃないのと思ったらさにあらず、その後はさっぱり。
思いますに、ハイブリッド側にチベタヌスと相性の良い悪いがあって、交配するとチベタヌスの性質が出易いのと出難いのがあるのだろうと。相性が悪い奴でも気長に戻し交配してたらいつかはチベタヌスの姿のハイブリッドにできるんじゃないかな~なんて。
以上、ただ私が思っただけの事ですので、あまり真に受けないでくださいね~

あ、そうそう、見た目が小さくなってしまったチャム君ですが、
毛が乾いて元のモフモフに戻ってきました。
cham190314.jpg
ただこのところクシャミが多くて、ちょっと心配です。
涙もちょっと多い様な気がしまして、
ひょっとして猫も花粉症になるのでしょうかね?


最後に、クリスマスローズの季節ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



  1. 2019/03/14(木) 23:56:42|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

プロフィール

furendo

Author:furendo
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (208)
クリスマスローズ (890)
ミニ盆栽 (107)
香りの花 (38)
花いろいろ (80)
食べる園芸 (90)
ねこ (26)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR