FC2ブログ

園芸 My way

自宅の小さい庭で野菜・小果実・盆栽・鉢花など育てています。特にクリスマスローズがいっぱいです。

ブルーベリー収穫開始

明日は国政選挙です。
ここで、この先いずれご子息が大学受験という方、現政権の方針ご存知ですか?
大学生を地方に追い出して、それで地方の活性化をする、なんてとんでも無い事を言っているんですよ。
この政策のおかげで、受験生の抱える親の負担は極めて増大していますし、親元を離れて地方に進学となれば当然その負担も増えます。つまり、国民に教育費の負担を押し付けてそれを原資に地方活性すると言っているも同然です。
絶対に許せませんね。

この政策のおかげで東京の私立大学の合格者数は減ってきています。何故なら、定員をオーバーしたら私学助成金をやらないぞと国から脅されているからです。
これで何が起きているかというと、東京の私立大学の合格難易度が上昇しています。定員が減れば倍率が上がるから、当然ですね。上位校ばかりでなく、いわゆる滑り止めのための受験までつられて難易度が上昇しています。ここでイヤらしいのが「センター試験利用」という仕組みで、大学入試センター試験だけ受けておけば滑り止めに沢山の私立大学に志願できてしまいますので、何とか合格させてやりたいとなると勢いあちこちの大学に出願してしまうことになります。受験料は当然かかりますので、累積すると相当の出費になります。私学は定員が減る分入試費用が儲かってトントンかも知れませんが、親はたまったものではありません。
また別な影響として、補欠合格の発表の遅延があります。4月に入学するのに3/31に補欠合格の電話が掛かってきた例を新聞で見ましたし、他ならぬ我が家も3月お彼岸以降に補欠合格の電話が掛かってきました。これも政府の施策のせいでして、大学側が定員オーバーは絶対にできないので早い段階で補欠合格を出せない一方でひとりでも定員割れすると収益に関わるので、より”良い”大学に進学する合格辞退者が出るたびにコツコツと補欠合格を受験生に電話で知らせて入学ぎりぎりまで定員補充に努めている訳です。これまた、受験生やその親の立場としては、地方か東京かどちらの大学に進学できるのかが3月下旬まで判らないのでは準備もろくにできないではありませんか。
大学入試自体も変わりますが、これまた受験生の立場でものを考えているとは全く思えません。そんな政策を許していて良いでしょうか?

さて、今日はご近所さん達とテニスをしました。曇っていましたが湿気が多く気温も高めでいわゆる不快指数が高かった様で、家に帰ったら何だかずいぶん疲れちゃってました。その上、テニスの後はあまり料理をしたくないカミさんにうまく言い含められちゃって夕食調理を担当する事になりまして、なかなかハードな一日でございました。まあ、その分充実していたといえますかね~。

庭ではブルーベリーがポチポチと収穫できる感じになってきました。
タイミングを逸すると地面に落ちちゃってアリさんのご飯になっちゃうので、こまめに収穫しないといけません。
blueberry190720.jpg

現在育てているのはラビットアイ系のウッダードとティフブルーです。
ウッダードの方が多少大きい粒になるものの、いずれも特に大実の品種ではないのですが、
今年はまあまあ大粒で熟した様な気がしました。
blueberry190720a.jpg
なので、お味も期待したのですが、うーむ、今一つ甘くないぞ~!!
やっぱしお天気ですかね~。
晴れて光合成が盛んになってくれないと、甘くならないのかな~?
という訳で、やはり早く梅雨明けして欲しいですね~
スポンサーサイト



  1. 2019/07/20(土) 22:04:38|
  2. 食べる園芸
  3. | コメント:0

プロフィール

furendo

Author:furendo
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (208)
クリスマスローズ (890)
ミニ盆栽 (107)
香りの花 (38)
花いろいろ (80)
食べる園芸 (90)
ねこ (26)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR