FC2ブログ

園芸 My way

自宅の小さい庭で野菜・小果実・盆栽・鉢花など育てています。特にクリスマスローズがいっぱいです。

五輪は、日本国民ファーストで。

五輪ピック、1年程度延期とのことですね。
来年夏までには開催する、とか。
これ、何の根拠で時期を決めているのでしょうかね。
総理大臣が、自分の任期中にやりたいだけ、だったらとんでもない話です。
よく、「アスリートファースト」なんて言葉を耳にします。1年以内にやればアスリートのためになるのでしょうか?
会場の都合で開催時期を決めるのもおかしな話ですし、いわんやTV放映権の都合を考えるなど論外です。
ではどうやって決めるべきかと言えば、元々コロナ疫病のために危ないから延期するわけですから、
それが安全になってから開催を考えるべきで、それにはワクチン接種による予防が確立してから開催するのが当然なはずです。
何で病気が収まってから、という当たり前の議論にならないのか? 政治家や五輪利権関係者にとっては、日本国民の生命の安全よりも、五輪ピック開催の方が大事ということなのでしょうね。
コロナ疫病の予防が確立しないうちに五輪ピック開催すれば、直後に日本国内で疫病蔓延する可能性が高いでしょう。
今の時点でありそうなシナリオは、「国民が一致団結して五輪を成功させましょう」などと称して疫病の感染拡大防止のために日本国民に犠牲を押し付ける策、つまりは例えば五輪に直接関係のない大多数の日本国民が五輪期間とその前後2週間に自宅待機させられるとか、逆に五輪に携わる国民はいやおうなく駆り出されて感染の危険のある仕事に従事させられるのではないかとか、国家権力によって五輪ピックを成功させることが至上課題であるような「空気」が醸成されて著しい人権侵害がなされる事を危惧しています。そんなの、我慢できますか?
五輪をやるやらない、いつやる、なんて話は、日本国民ファーストで考えるのが当然ではないでしょうか。

ここ数日忙しくて庭で沢山咲いてくれているクリロー達の写真を撮るどころか見ている時間もありませんでしたけど、今日はさーっと一回り、水やりの前にお花を見回りしました。

水盤のお花を全交換しました。なかなか我が家らしいラインアップになったかな~
kuriro200325.jpg
アンティークなセミダブル、花弁は白から緑になってきているのにネクタリーが案外しぶとく残っていました。ちょっとした嬉しい誤算ですね。
13_06A_200325.jpg
こちらは今年お迎えした加藤農園さんのお花。この時期でもこれだけ発色良く真ん中の黄色が濃いとは嬉しくて、これはお迎えして正解だったな~とつくづく。
KHM_200325.jpg
同じ株の咲いたばかりのお花、赤色が濃くて良いです。リバーシブル系でお彼岸過ぎてこの濃い発色は素晴らしいなと思います。
KHM_200325a.jpg
ソレイユのシングルです。
暖かいので、赤色が薄くなり、黄色のお花になってきました。花色の移り変わりを楽しめるのも良いですね~
SOS_200325.jpg
大木さんのイリュージョン交配です。小輪なので、写真も小さくカットしてみました。こちらも赤色が薄くなりましたね。
OGI_200325.jpg
自家産のアンティークなピンクのセミダブルです。
ネクタリーがいい感じでした。
12_48S_200325.jpg
まだまだ楽しめますね、クリスマスローズ。




最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村











スポンサーサイト



  1. 2020/03/25(水) 23:23:56|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

ワクチンを早く作りましょう

ここ数日、あれこれ忙しくて水やり以外園芸してない状態に陥っております。
お彼岸ということで墓参りやお線香あげ、父が亡くなった事で実家の整理や相続手続き、そしてついに仏壇が我が家にやってくるので家の中の配置換えや整理整頓などなど・・・・・・・
本来今頃は新しい仕事が始まって忙しいはずでしたが、在宅勤務が続いているのは幸いでした。

それにしても私のお仕事、家が買えちゃうお高い分析機器を使いこなしてなんぼという所がありますので、職場に行かなきゃ十分に貢献できません。早く普通に勤務できる状態になってほしいですね。

五輪ピックもとうとう政府が延期を言い出しましたね。
崇高な理念を掲げておきながら実の所はただの大規模金儲けイベント、初めから計画しなきゃ良かったのにと思いますね。
延期と言いますが、ではいつになったらできるのでしょう?
1年後に、世界中で疫病が終息すると言い切れますか? 数か月以内に世界のすべての人が感染すれば、1年後には終息しているかも知れませんけど、では五輪ピックのために全世界全員が感染しますか? そんな馬鹿な事はしませんよね。
この病気は、とにかくワクチンを早く開発して、感染予防できるようにする以外に終息させることはできないでしょう。
逆に、ワクチン接種で感染予防できるようになれば、それにより五輪、カラオケ、世界旅行、何でもできるようになります。
ということで、早くワクチンを作らなくてはいけません。今の政府は強権発動がお得意なんだから、製薬会社に「○か月以内にワクチンを開発しろ」と命令すればいいじゃないですか。治療薬も同じことで、製薬会社に命令するくらいでちょうどいいです。ただし、治療薬よりはワクチンの方が急務と思います。
五輪ピックはワクチンができて、あらゆる国の選手、関係者、観戦者、その他諸々、病気の予防ができるようになってから開催すべきです。現状その目途は立たないので、いったん中止として、ワクチン接種により安全に開催可能になってからやる、というのが筋でしょう。お金の都合だけで1年後とか適当に決めて、ワクチンによる病気予防策無しに強行開催しちゃって、あげくの果てに国内で疫病蔓延しちゃった、でも仕方が無かった、なんてのは絶対に許してはいけません。防げていたかも知れない、福島原発事故を教訓にすべきです。

今日は市役所に証明書類を取りに出かけましたが、やはり年度末ってことで混んでましたね~
ちょっとした密集空間でして、ここに感染者いたら・・・・・と怖かったですよ。
そこで思ったのが、政府は企業や各種機関に「春の定期的な人事異動を控えよ」と、何で通達出さなかったのでしょうかね。
進学や就職による移動は仕方がないですが、大企業の営業職の定期的な異動とかやめればそれだけでも役所の混雑は緩和されるし感染疑い者が無理やり移動することもないので、感染拡大予防には効果絶大と思うのですが。大企業が自主的に人事異動を控えた、なんてニュースも耳にしませんね。

国民皆さんが知恵の足りない貴族政府に頼っているのではなく、もうちょっとどうしたら感染拡大防げるか自分で考えて声をあげれば、きっと早く終息できると思うのですが。
ワクチンを早く作れ~と、声を上げましょうよ。

  1. 2020/03/23(月) 23:59:57|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

クレオンの子

暑さ寒さも彼岸まで、のお彼岸ですね。
クリスマスローズも彼岸まで、ということは無いの思うのですが、春の彼岸になると春の草花や野菜苗とか出回り始めますので、よほどクリスマスローズ一辺倒のファンでない限り、他の植物が気になってクリローの方は徐々にお休みになるのではないかと。
我が家は大体毎年お彼岸のころとなると、植物をどうやって庭に並べて春を迎えるのか、置き場所問題が大変深刻な問題になるんですね。鉢数の多さに途方に暮れる事もしばしば。今年はクリスマスローズを結構思い切って嫁に出しておりまして、まだ試していませんが今ある鉢は何とか置けるのではないかと踏んでいます。問題は、今年発芽した奴ら・・・・・。全部ポット上げしようものなら、我が家の敷地は鉢で埋め尽くされて、家から出られなくなるでしょうね~(笑)

それよりも今深刻なのが「室内」でございます。
間もなく我が家はご先祖様の仏壇をお迎えしなくてはなりません。
もしかすると、クリスマスローズが超過多でごったがえしている庭よりも、家の中の方が床に雑然といろいろなものが置きっぱなしで狭く雑然としているのが我が家でございます。
今日は「非常事態宣言」をしまして、カミさんと2人でせっせと和室の片付けを致しました・・・・。畳の上に荷物が雑然と広範におきっぱなしになっていたのを何とか捨てたり場所移動したりして仏壇スペースを何とか作りました。
まあ、辛うじて何とかなりそうですが、和室から他の部屋に荷物が移動して、生活クオリティーはダウンしそうですね。

こちらは、多分ですが、大森プランツさんの「クレオン」、一応セミダブル
ふわ~っとした模様が何とも綺麗で大のお気に入り。
でも軟腐病で★になっちゃております。
CRY_150210.jpg
このお花の子供たちが相次いで咲いてくれました。

これは記録上、上の「クレオン」のセルフ交配
思ったよりもボカシの模様の入り方が控えめですね~
15_07B_200219.jpg
上の「クレオン」xチベタヌスという交配(あくまで記録上は、という話ですが)、チベタヌスの遺伝子が履いているかどうかは全然別にして、「クレオン」を見事に承継してくれたのだな~と思いました。
15_03D_200307.jpg

明日も予定が立て込んでいます。
早くも、去年の夏ごろの様な、”暇な自由人”の頃が懐かしくなってきてます・・・・・(笑)
人間って怠惰ですよね~
ん、自分だけ?(笑)






最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村












  1. 2020/03/21(土) 23:55:01|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

イカ交配

2016年の四国ドラフトにて第2位指名、つまりはフリー競争となってから素早くゲットしたお花でこんなお花がありました。
MK1_160131a.jpg
みんなで、「これ、イカみたいだよね~」って言ってましたが、
無事に(?!)お迎えできまして、生産者が百花さんでイカみたいということで、「モモイカ」と呼んでおりました。(リンクあり)
ですが、今では軟腐病により天に召されてしまいました。大変ありがちな結末でございます。
こういうのはなかなか再び出てきませんからね、お迎えするとだいたいは遺伝子を残そうと、交配に使いました。
何通りかやりましたがその1つとして、ピンクのイカにできないかなと思いまして、同じ年にこんなお相手を用意しました。よくよく考えるとわざわざ買わなくても細弁はありましたが、たまたま坂田園芸さんでイカみたいだね~と言われていたお花があったのでついつい・・・・
IK2_160222.jpg
モモイカと比べると花弁が全然おとなしいのですが、花色が濃いピンクなので良いかな~と。
ひとまず「赤イカ」と命名しておきました。

この赤イカを種子親、モモイカを花粉親として、2つ咲いております。
1つ目は昨年開花
かなりイカっぽい感じなのですが、モモイカと比べると花弁のひねりが少ないですね~。体操でモモイカがH難度だとするとこれはF難度くらいでしょうか。もっとひねりたい。あとは花色がつきませんでしたね。
16_20a_190314.jpg
16_20a_190316.jpg
このお花は今年は咲きませんで、養生中。

2つ目は今年開花
3/12の咲き始め
16_20C_200312.jpg
3/15
16_20C_200315.jpg
3/18
16_20C_200318.jpg
きれいな色とは言い難いですが、予定通りにピンクのイカが出来ましたよ~
花弁のひねりは全然足りませんけどね。

来年2つとも咲いてもらって、互いにかけ合わせたらもっと面白いのできるかな?
なんて、もっとまともな交配すればいいのにね、私。





最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村







  1. 2020/03/20(金) 23:55:33|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

まだまだ綺麗

今日は新しい職場でパソコンを受け取って2日目、在宅勤務でした。
パソコン1台ありますと、見て理解しなきゃいけない事が超~盛りだくさんありますので、そりゃもう時間かかるし頭も使います。
今時は終身雇用制はおしまいで、人間生涯でどんどん転職するのがいい、みたいな風潮がありますが、
企業ごとにルールや仕組みが全然違ってそれに慣れるだけで相当エネルギーを使いますから、個々の人間の生産性の総和が増大することが”成長”なのだとしたら、余計な事にエネルギーを割かないで得意な仕事に専念できるように、終身雇用制に準じる様な安定的な雇用を維持することが”成長”につながるのではないか、そういう思いが湧き上がってきます。
今時の”情報化社会”、転職するとものすごく「余計なエネルギー」を使う事になるので、若いサラリーマンの皆さん、軽々に転職を決めない方が良いのでは~なんて心配してしまいます。
夕方は止む無いお買い物、仏具屋さんで仏壇を購入してきました。仏壇、高いですね~。お寺のお坊様へのお布施もさることながら、こんな買い物していると、ちょいとお高いクリスマスローズをお迎えするのに金額面で悩むなんてアホらしくなってきますね。
ああ、恐ろしや。老後の資金、2千万円でしたっけ、溜まるかな・・・・・・・。

庭ではクリスマスローズ達が綺麗なお花を精一杯さかせているところですが、
なかなかゆっくり見ていられないのが淋しく残念なところです。

オーレア系のリバーシブルベインです。広瀬園芸さんです。
これは蕾を見て即座に購入決めましたが、大正解でした。
RVT_200317.jpg

四国造園ドラフト1位指名、”バーガンディーレッドダブル”
こりゃ、ソレイユってことで良いのでは?
BGRD_200317.jpg
そうではなかったら、生い立ちを説明して欲しいな~と、そう思いませんか??

ホワイトゴールドのベイン入り、高級感があります。
WGVN_200317.jpg
まあお花次第で、よれよれにもなりますけど・・・・
何でこうなるんでしょうね~
WGVN_200317a.jpg

秋にお迎えしたやつ、今頃になって花弁外側に斑模様が出てきました。
”絞り咲き”期待でお迎えしたので、複雑な模様をどしどし出してくださいね~。
SIB_200318.jpg




最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村





  1. 2020/03/19(木) 23:40:47|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

多弁のはずが・・・・

今日はついに新しい職場に出勤でした。といっても、ほぼ、業務用パソコンを受け取っただけでしたけど。
一応これで在宅勤務ができるようになりましたので、自由人から社会人に復帰したことになります。
しかし、家にいるのは変わらないので、何というか、切り替えが難しいですね。
本来は分析機器を使って測定をするお仕事なので、やはり職場に行かないとね~。
まあ、そのうち何とかなるでしょう。

さて、昨年に一番花がしょぼい見切り品980円だけど蕾が多弁らしいので買ってきたら、なかなか凄い多弁が咲いて大喜びしたやつが、今年も咲きました。
ところが、おやおや、弁数がずいぶんと減っちゃいました・・・・・・。
左下は一番花で、これはしょぼい花が咲くのは織り込み済みでしたが、右上の2番花、これじゃノーマル?なダブルの範囲になっちゃいましたね。
TBSP_200318.jpg
別の花茎から出たお花もイマイチですね~
TBSP_200318a.jpg


昨年はというと、
”カゴに入れる”の時は一番花がイマイチな咲き終わったダブルで、良く再現していますが、
TBSP_190204.jpg
昨年の2番花はこんな凄い多弁花でした。
TBSP_190214a.jpg
うーん、今年もこれ見たかったけど、もうダメかな~。

何でこうなっちゃったか考えると、やはり種を採ったのがいけませんでしたかね。
肥料も足りなかったかもしれませんね。
これ、加藤農園さんの株でして、加藤さんの用土は肥料がたっぷり効いているという話を聞いた事がありますので、昨年植え替え後に今年の開花まで肥料が足りなかったのかも、なんて思ったりしています。
今年は種を採らずに、肥料と日光たっぷりにして、来シーズンに期待ですね。



最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村







  1. 2020/03/18(水) 23:41:10|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

花弁が細~いやつ

ただいま人生イベント発生中でして、調べものが多くて、時間が無いよ~
ずっと家にいるのに、庭に出るのはちょこっとだけで主に水やりして、クリスマスローズを見るのはほんの少しだけ。
うーん、時間が欲しいです。

今日は我が家にある花弁が細~いクリスマスローズをご紹介します。
2月に四国造園さんで見た瞬間にカゴに入れたお花
ゴールドの「とんがり弁」ダブル
TON_200213.jpg
お迎え時に小さな蕾だったのが約1か月後に咲きましたら
こんな細い弁になりました。
個性的で面白いですね~
TON_200317.jpg
TON_200317a.jpg

松浦園芸さんの「クレマチス咲き」2号、昨年に続きしっかりと咲いてくれました。
CL2_200317.jpg
CL2_200317b.jpg
おやおや、4弁ですね。まさにクレマチス咲き、ですね~(笑)
CL2_200317a.jpg

こんなのもあります。
生産者さんをはっきり聞かずにお迎えしましたが、
雰囲気からして広瀬園芸さんの彗星関係じゃないかな~
MDST_200317.jpg
元々細弁なんですが、これは超~ですね。
MDST_200317a.jpg
こんな面白い形したお花たち、好きなんですよね~
そういえば、知人から聞いた話で関西では男性の魅力として「かっこいい」よりも「面白い」が上なのだとか。
私は完全に関東人ですけど、これは同意。




最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村







  1. 2020/03/17(火) 23:25:12|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:3

良く咲いたで賞

今日は一日中インターネットで、ある複雑怪奇な手続きの調べものをしておりました。
ああ、園芸ができないよ~
というわけで大したネタは無いのですが、
今年の我が家の「良く咲いたで賞」を
加藤農園さんのオーレアアプリコットダブルに授与しました。(何のこっちゃ)
AG_200315.jpg
6号ロングポットにこれくらいぎっしりと密生すれば、まあ良く育ったかなって感じです。

お花はこんな感じ
ちょっと日焼けし過ぎ?でピンクが濃くなっちゃいました。
AG_200315a.jpg
この株はお迎えしたときのお花の姿が一番好きですね。ごくたまに同じ様に再現してくれますので見逃し厳禁です。
AG_170128b.jpg

この株、一番上の写真の様に、花茎と一緒に葉っぱが結構出ています。
古葉なら切っちゃえばいいのですが、今季出てきた新しい葉なので切れませんで、お花の鑑賞にはちょっと邪魔になっちゃってます。
というわけで、生産者さんにお願いしたいのは、花が終わってから新葉が出てくるような性質にしてもらえると、
もっとお花を綺麗に楽しめるかな~と思いまして、お花の良さだけじゃなくて、株立ちの良さとかも追及して下さいませ。




最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村






  1. 2020/03/16(月) 23:35:06|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

ウイルス病は怖い・・・

薬もワクチンも無い、ウイルス病は怖いですね。
新型コロナも怖いですが、
ここではクリスマスローズの話でございます。

今日庭を見まわしていて気が付いたものです。
どうもブラックデスの初期症状の様なので、即刻廃棄としました。
DWCTB_200315_BD.jpg
この株はこんな超多弁の白花でして、めちゃめちゃ痛い損害でございます・・・・・・・。
DWCTB_170205.jpg

いまクリスマスローズが花盛りですが、春の花木も続々と咲いてきました。
今日は盆栽を1つご紹介します。

ヒメコブシの盆栽です。
 2005年春に樹高60cmくらいの庭木苗木を買ってきて半分に切り詰めて仕立ててもう15年になりました。同じ位の樹高になりましたが、下の方の枝が育ちにくい様でして、なかなか思う様に育ってはくれません。
himekobushi200315.jpg
 花木なのでお花が楽しみですが、開き切るとちょっとだらしない花姿になるので、これくらいの開き加減が綺麗です。
himekobushi200315a.jpg
 産毛のついた蕾がパカッと割れてピンクの花びらが出てくるのが口紅みたいで面白いのですが、
これ、鳥に食べられてしまうのです。ここ数年、ずっと鳥にやられ続けて、お花を楽しめないでおりました。
今年は玄関に取り込んでおりますので、安心してお花を楽しめます。ちょっと邪魔なんですけど(苦笑)
himekobushi200315b.jpg




最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村




  1. 2020/03/15(日) 23:57:58|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

クリスマスローズ水盤

今日はたくさん雨が降りましたね。雪も混じって寒い一日でしたけど、雪が積もらなくて良かったです。
3月も中旬となりまして、クリスマスローズのシーズンも終盤ですね。新規開花も少なくなり、早く咲いた株は花も終わりになりました。ちょっとずつ花・花茎のカットを始めましたので、それならばと水盤をやってみました。

いざやるとなると、終わった花じゃなくきれいなお花を入れたくなるのが人情でして、お気に入りのお花を続々と投入・・・・
なかなか良い感じ♪
しかし、入れ物がちょっと小さいかな~
kuriro200314.jpg
もうちょっと大きい奴、探してみましょう。




最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村





  1. 2020/03/14(土) 22:22:10|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

アンティークなセミダブル白花いろいろ

毎日コロナ疫病のニュースばかりですが、聞き捨てならない「公務員の定年65才に延長」というのが出てきました。どさくさ紛れに法案成立させようという政府の魂胆の様に見えます。 実際のところ国民の皆さんの大半は、60才を超えても働きたいのか、そうでないのか、どちらでしょうか?  政府は年金支払いを減らすために働かせようとしているだけの様に私は思えてしまいます。
そもそも、少子化が進んでいるので、年金がひっ迫します。ではなぜ少子化したかと考えれば、子育て世代の若者に経済的・時間的余裕がないからと思われます。そのような世の中にしたのは労働の規制緩和により国民を貧乏にした小泉純一郎という極悪人を始めとする今の政権与党です。こんな連中は、もううんざりです。
他の国では高齢者の労働や年金、少子化対策とかどのようになっているかとか、上手くいっている国はどうしてるのかとか、そういうことをマスコミは伝えてほしいですね。日本の国民の皆さんも、他の国がどうしているかとか見たり考えたりして、政治に関心をもって、無能な政府に任せっきりにしないようにしたいものです。

お庭のクリスマスローズは今が最盛期です。全部見ようと思ったら一時間以上かかるかもですが(笑)、ちょこちょこと見て楽しんでおります。
最新のオーレア系は綺麗ですけど、昔の花も良いな~と思いながら眺めてます。

お気に入りのヒトデ形ホワイトセミダブル。自家産です。
細長い花弁と、時計の目盛りみたいなネクタリーが好みです。
模様は調子が良いとブロッチ状になります。
13_06A_200313.jpg

同じ様でちょっと違う、ヒトデ形ホワイトセミダブル、これも自家産です。
違いはこちらの方が花弁が丸く広くなるのと、スポットが少な目でしょうかね。
09_33Q_200313.jpg
上の2つは親の親が共通なのですが、このピンクのセミダブルでして、ネクタリーの形に影響している感じでした。
SDPK4_110329.jpg

こちらはかなり前に兼晃園さんからお迎えした、どぎついスポットのセミダブル
個性的なお花に出会うとすぐお迎えしてしまう悪い癖が・・・・
WSP_200313.jpg

これも自家産で、一時期結構もてはやされた”糸ピコセミダブル”です。
花数いっぱい咲いてくれましたが、同じようなお花がダブってきちゃいました。どれかお嫁にださなくちゃですが、なかなか手放せないんですよね~
12_24B_200313.jpg



最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村




  1. 2020/03/13(金) 22:41:25|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

裏庭のお花たち

コロナ疫病、ますます大変な事になってきました。
ものすごい暴言ですが、いっそのこと日本中、いや世界中みんな感染したら収まるのではないでしょうか。
だとすると、感染スピードが遅らせないと中国武漢の様に医療が崩壊しちゃう恐れがあるので、とにかくスピードを遅らせるという今の日本政府の方針は正しいのかも知れませんね。いつまで「自粛生活」が続くのかというと、国民全員が感染するまでだったりして?
やっぱり、早くワクチン作りましょう。あとは、救命できるよう、特に子供や若者が大丈夫なように、対症療法を一刻も早く確立しましょう。お金もちの老人の方は、医療が子供や若者に回る様に、出歩かないで家でじっとしていてください。

今日は裏庭のお花たちを撮影してみました。
裏庭ということは、普段鑑賞していないということになります。以前は冬場にはクリスマスローズ全てを表庭に移動して鑑賞できていましたが、何年か前から増殖し過ぎてお花の鑑賞期になっても裏庭に置きっぱなしになってしまう株が続出しておりまして・・・・
お隣さんが鑑賞してくれていれば良いのですけど、クリスマスローズは下向きに咲きますからね、見てもらえないでしょうね。
たまに行って見ると、なかなか捨てがたいものがありまして、やっぱり鉢数が減らないんですね(笑)

ブロッチ模様のセミダブル
自家産で、ブラックマジックx黒ダブルなのですが、何でこうなるの?
15_22E_200312.jpg
地元の兼晃園さんの赤花剣弁ダブル
KKS_200312.jpg
お気に入りのラージネクタリーセミダブル 松村さんかな?
SDSPRY_200312.jpg
本間さんの緑ダブル
DMD_200312.jpg
兼晃園産のアプリコットセミダブル 高温期になってちょっと発色が悪くなっちゃいましたけど、いい時はネクタリーが黄色です
SDAP_200312.jpg
自家産のアップル系ダブル 最近減りましたね~
11_20C_200312.jpg
淡いピンクのシングル花
シーズン当初、緑色が強くてがっかりしていましたが、良くなりました。
WP_200312.jpg
灰紫のシングル花
いまどき売ってなさそうな色なので、貴重品と思っています。
HAI_200312.jpg
”アンティーク”という名前になりそうな、フルスポットのセミダブル
これも今時見かけない”絶滅危惧種”と思うので、大事にします。
SDRB_200312.jpg
夢花人さんのグレープのセミダブル ネクタリーが少ないのがポイントなんです。これはちょっと花弁よれすぎで、本来はもっと丸いのです。
HRT_200312.jpg
木口さんのダブル花。もはや手に入りませんから、大事にしています。幅広な丸弁なのが特徴です。
KDD_200312.jpg
「イカ2号」と呼んでいるお花です。お迎えしたときはもっと花弁がイカの足みたいだったのですが、だいぶまともに(?)なっちゃいました。
IK2_200312.jpg
加藤農園さんに遠征してお連れした、ベイン模様の緑色ダブルです。
MDV_200312.jpg
兼晃園さんからお迎えした、グレープバイカラーのダブル
GMB_200312.jpg
  1. 2020/03/12(木) 23:59:13|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

自家産スプレー模様ダブル開花

今の”何でも自粛”という疫病対策、科学的根拠は乏しい様でして、何がどうなったらもう大丈夫とか何の基準もないみたいですね。あと10日したら、新規感染者が出なくなりますか? 出ても何人なら良いのかでしょうか? 何の説明もないままずるずると職場や施設が閉鎖されたり仕事が奪われて国民が大迷惑しているのが現状です。
上医師が仰られる様に、感染の検査を大々的にやる以外に、科学的に感染者の状況を把握する方法は無く、それこそが安全や危険を正しく判別し、ひいては国民生活を救うと思います。
PCR検査機器は国内に万単位の台数があると思うのですが、何で総動員させないのでしょうか? 
ワクチンも必要だと思います、国は国民に生活の制限をお願いするより製薬企業にワクチン開発を何で強くお願いしないのか?
政府は施策を決めるに当たり、自分たちに都合のいい見立てをする人ではなく、国民の事を考えて厳しい意見をする専門家の話を取り入れて進めて欲しいものです。 まあ、今の政府の連中では期待薄ですが。 
それにしても日本人、あまりにも大人しいですね。何でもっと文句言わないのでしょうかね。

自家産のスプレー模様ダブルが咲きました。

一昨日
これは良さそう♪ とワクワク。花茎が細くて、栄養足りない感じですけど・・・・・
15_12C_200309.jpg

昨日
スプレー模様ですね~。よしよし。
15_12C_200310.jpg

本日
開花宣言で良いかな~と。想定した感じのお花で良かったです。
欲を言えば、ダブルじゃなくて、ラージネクタリーのセミダブルが良かったかな~
15_12C_200311.jpg

このお花の両親は、いずれも広瀬園芸さん。
受粉親
 細かいスポットのセミダブル。残念ながら雄性不稔でした。
SDBS_150211.jpg
花粉親
 ボカシ模様のダブル。これ見るとめっちゃいい花で、咲いた時は狂喜乱舞しましたが凄かったのはこの一番花だけで、以降は模様が出にくくクオリティーが下がりました。しかも、現在は★でございます・・・・・・。
 DDBS_150214.jpg

咲いたお花と見比べると、何となく足して2で割った感じがしますね~。
体力弱い状態で咲いたので、植え替えして来シーズン、もっと期待できるかな。



最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村







  1. 2020/03/11(水) 23:55:38|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

赤紫フルブロッチセミダブル

今日は家にいましたが、あいにくの雨降りで、やりたかった庭仕事がほとんどできませんでした。晴れていると雑用があったりして、何だかちぐはぐですね。

以下3枚、あまり綺麗な色ではありませんが、同じ株のお花、赤紫のフルブロッチのセミダブルです。
微妙に違いますが、ほぼ同じですね。
11_24Z_200307.jpg
11_24Z_200307a.jpg
11_24Z_200307b.jpg
これは自家産のお花なのですが、素性が良く判らず・・・・・・・
咲いた時にラベルが2本ささっていた様な気がします(爆)
こういうのはたまにありまして、苗に雪が積もったのを取り除く時にラベルが抜けちゃって、適当に挿し直してるとこんなことになります。
で、上のお花の親ですが、記録上は次の2通りのいずれか。
受粉親 紫セミダブル x 花粉親 グレーブロッチダブル
SDPR2_110213.jpgGGR_110205.jpg
もしくは、ブラックマジックのセルフ交配
KUS_130203a.jpg

どっちなんでしょうね~
上の可能性が高いと思うのですけど、花色がちょっと違う感じが。
ブラックマジックは見た目かなり違うのですが、交配につかうといろいろ変なのが咲くんで十分あり得るんですよね~
まあ、これと全く同じ花作りたい訳ではないから何でもいいや。
それより、これはさらに他のお花と交配して花色綺麗にしたいな~と思ってます。



最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村




  1. 2020/03/10(火) 23:31:55|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

自家産ブラックダブル

疫病のおかげで、相変わらず自宅待機な私でございます。
今日は穏やかで園芸日和だな~と思ったのですが、何やかやちょこちょこと連絡やら手続きやらありまして、ほとんど園芸できずにもやもや気分でした。もうちょっと諸々雑用をてきぱきとこなさないといけませんね。

今日は自家産のブラックダブルをご覧ください。
ようやく「黒です」と言えそうなのが複数咲いてきました。

1つ目
15_20C_200219.jpg
15_20C_200227.jpg

2つめ
15_20H_190323b.jpg
15_20H_190323c.jpg

上のお花たちの両親は同一でして、以下の組み合わせです。
受粉親が横山園芸さんのグレーブロッチダブル
GRD_180303.jpg
花粉親はヤマヘイさんのブラックダブル
YAM_150222.jpg
どこかで聞いたのですが、ブラックダブルをつくるには黒系とグレー系ブロッチを交配すると良いとのことで、
確かにそうなった、という感じです。
これが10数年早ければ、相当おこづかい稼ぎができたに違いないのですが、今じゃね~


最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村



  1. 2020/03/09(月) 23:50:20|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

吉田園芸さん超多弁花

今日も所用で実家の横浜まで車を走らせましたが、首都高速、空いてますね~。皆さん、自宅待機なのでしょうかね。
経済ダメージ物凄い事になりそうですが、悪い事ばかりでもなくて、今日は農家直販?の美味しいトマトを買う事ができました。このトマト、恐らくは「正常」な状態であれば販売開始数時間で売り切れちゃうと思われるのですが、みなさん外出控えているのか、夕方まで売り切れずに残っていたようで、いっぱい買っちゃいましたが、おまけまでつけてくれました。ささやかですが、うれしい出来事でございます。あまり明るいご時世ではないですが、探してみれば何らかプチな幸運が転がっているのではないかと。

さて、我が家のお花で直近でおやっ?と思ったお花。
吉田園芸さんの超多弁花です。
我が家ではダリア咲き2号、と読んでます。
DA2_200307.jpg
DA2_200307a.jpg
2年前にお迎えしたときはこんなんでした。
今の方が花色は薄いですが、弁数は多いかも~♪
DA2_180219.jpg
DA2_180225.jpg
このお花の花弁は、外側の方が色が濃くて、裏側が濃いピンク、表側が淡いピンク、という感じです。
そこでふと思ったのが、リバーシブルの超多弁、つまりはクレオパトラ様と交配したら、どっちが勝つの?なんて。
ちょっと遊んでみます。(爆)

吉田園芸産の超多弁は、今年お迎えしたのがダリア咲き3号さま。
いまはこんな感じ
DA3_200307.jpg
勢いだけで買っちゃいましたけど、良かった~♪
音の葉さんで見かけた姿はこちらでした。
この時は花色悪いな~と思っていたのですが、今は良くなったかな。
DA3_200222.jpg

2号、3号ときましたので、1号はというと・・・・・
こちらのお花。2016年四国ドラフト1位指名選手です。
DA_160131.jpg
こちらは残念ながら、現在は天に召されております。
当時は吉田園芸さん用土が特殊でして、申し上げにくいのですがドロドロでして、お迎え後しばらくして植え替え時に根鉢をほぐしましたら泥と共に根が大半落ちちゃいまして・・・・・・植えつけしましたがうまく育ちませんでした。
今年は吉田園芸さん、用土がすっかり変わったみたいでして、育てやすくなった印象で、うれしい変化です。



最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村



  1. 2020/03/08(日) 23:41:21|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

艶々ブラックダブルほか

いま我が家の庭はクリスマスローズが花盛りで、一年のうちでもっとも賑やかなシーズンでございます。
新規開花の撮影をしたり、鉢の雑草取りとか花を見るのに邪魔な古葉切りとか細かいお手入れをしたり、交配を考えたりしているうちにあっという間に時間が経ってしまいます。植え替えとかまともな作業をしなきゃいけないのがいっぱいあるのですが・・・・・
やっぱり時間がもっと欲しいですね~。
どちらかというと「ボーっと生きてる」ほうだと思うので、もっと時間を有効活用しないといけませんね。

ではお題の艶々ブラックダブルです。
ピアノの様な光沢とまではいかないですけど、結構つやがありまして、”ゴキゴキ”してます。
これは3/4にデジカメで写したもの
YAM2_200304.jpg
3/7にスマホで写したもの
カメラが変わってもあまり変わらない様ですね。
YAM2_200307.jpg
別アングルから
つやつやしていますでしょうかね?
YAM2_200307a.jpg
何かこの艶々を交配に生かせないかな~と思案中です。

そのほか咲いたやつを徒然に・・・・・
ブライアーローズ2号、頑張ってくれました。
AR2_200302.jpg

”ソレイユ・シングル”
昨年の四国ドラフト1位です。ちょっと開花が遅めでしたが、クオリティーは高く咲いてくれました。
SOS_200303.jpg

チベタヌス
やっぱり良いな~
昨日はデジカメ写真、今日はスマホです。特に色調修正しなければスマホの方が綺麗に発色しますね。デジカメのホワイトバランス変えたいな~。
T19A_200303a.jpg
T19A_200303.jpg

広瀬園芸さんの”プレミアム”
毎年ちょっとずつお花が変化するような気が・・・・・これはまたいずれ。
PM_200303.jpg
そろそろ夏場の鉢の置き方を考えないと・・・・というか、置き切れるかどうか確認しなくちゃですけど・・・(爆)


最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村





  1. 2020/03/07(土) 23:28:33|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

チベタヌス 夏越し初成功

クリスマスローズの原種で栽培が難しいものの1つがチベタヌスかと思います。
買っては枯らし、を繰り返しておりまして、何度か家でお花を楽しめたのは幸運にも開花株をお安く入手できたか蕾のある株を入手できた時のみでした。それらも開花はその年1回だけで翌年咲かせたことはなく、我が家ではチベタヌスを”1年草”と呼んでおりましたが・・・・・
ついに、夏越しに成功致しました。といっても5鉢あるうちの1鉢だけですけど。
T19A_200303a.jpg
T19A_200303.jpg
置き場所は昨年の4月下旬までは午前中だけ日が当たる家の北東面、それ以降は風通し良い常緑樹の木陰でした。9月末くらいまでは葉っぱが残存していたと思います。それまでは全てのチベタヌスで9月に入って葉っぱが残っていたことがなかったので葉っぱ残存の新記録でして、密かに期待していましたところ開花してくれてうれしい限りですね。
あとは毎年咲かせられるかどうか、ですね。今はチベタヌスは7鉢ありまして、来年もまた1鉢でもいいから咲かせたいです。

今日はとうとう来るべき事が来ましたので、横浜の実家に行っておりました。しばし忙しくなりそうですね~。


最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村





  1. 2020/03/06(金) 23:21:07|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:1

一番花と二番花以降の比較

コロナウイルスのPCR検査、体制が整ったら4000件/日くらい、と報道がありましたでしょうか。
少ないですよね~。国の研究機関、農水省にも経産省にもPCR装置なんていっぱいあるでしょうに。
そこで思うのは、オリンピックの観戦チケットと、コロナPCR検査、”当選”しやすいのはどっちでしょう?
それくらい難しいのはないかと予想しますがどうなりますか。
どちらも、何とかして欲しい・して欲しかった、ですよね。

今日は、今年お迎えしたお花たちの一部ですが、1番花と2番花以降の比較をしてみます。

リバーシブルダブル、真ん中ちょっと黄色、の購入時一番花
sakata200213_16.jpg
この2番花がこれ、花色はちょっと薄れましたが多分気温上昇のためなので止む無し、でも真ん中の黄色が濃くなり私的にはGOODでした。全般的に大差なさそうですね。
KHM_200305.jpg

エッジが利いた黒花ダブルの一番花
YSBK_200209a.jpg
二番花は小さめになりまして、ちょっと丸みを帯びてますが多分咲き進んだら尖ってくるかな~
一番花の花弁にうっすらベインが入っていたのが無くなっちゃった感じですが、これも咲き進んだらでるのかな?
咲き進まないと判らないですが、これも大差なさそうですね。
YSBK_200305.jpg

ちょっと花色が強烈な感じだったオーレア系ダブルの一番花
VNG_200205.jpg
これは2番花じゃなくもっと遅いやつで、ちょうど1か月遅れの花ですが、花色が落ち着いた感じですかね。
外弁の白抜けが、気温上昇と共に外弁も内弁も白抜けになって綺麗になったら良いなと期待していましたが、そうは問屋が卸さない・・・・
VNG_200305.jpg

パラフィン系統?のゴールドピコティーの1番花
shikoku200213_19.jpg
これは2番花も同じでした。
PF4L_200305.jpg

吉田園芸さんのアプリコット色オーレアのラージネクタリーのセミダブルの一番花
otonoha200222yoshi2.jpg
これは予想していましたが、2番花はネクタリーが控えめになっちゃいましたね。咲き進んで多少大きくなるかもしれませんが、一番花のクオリティーには届かないでしょうね。
この類は、しっかり肥培してあげないと来年の1番花もこれくらいで終わっちゃうかも・・・
APLSD_200305.jpg
という感じで、これまでのところ、2番花を見てがっかり・・・・・・というのは無くて、良かったです。
かつては何度もありましたからね~


ついでにおまけですが、数日前に咲いた自家産のお花。
またもやアンティークなセミダブルでした。
ネクタリーだけ、いい感じなんですが、花弁がね~。さあ、どうしようかな~
16_30S_200305.jpg





最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村




  1. 2020/03/05(木) 23:42:20|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

パープルグレーのセミダブル

何だか怖い事になってきました。病気が怖いのではなく、政府が恐ろしいのでありまして、何だか強力な私権制限の法律を作るのだとか。この状況下で何か「強制」するなら、それは民間も含めて国内にあるPCR検査機器を規制緩和の上で全てウイルス検査に動員して検査費用も支給して、必要のある検査を遅滞なくできるようにすることではないでしょうか。風邪かコロナか判らない人が全て判別できれば、コロナの人だけ隔絶すれば良く、健康な人は何ら私権を制限されず通常の活動ができるはずです。国は検査を保険適用するのでできるようになるとか言ってますが、保険適用しても検査のキャパシティーが殆ど増えていないし、どうすれば検査を受けられるかも説明していませんで、相変わらず検査を制限しているようにしか見えません。その裏は、”検査で判明した患者数”を少なく見せてかつ早く減る様に見せて、五輪ピックを開催したい、としか思えません。そのために外出禁止令になったら、納得できますか?
ウイルスが見えないから怖いのではなく、検査してくれないから怖いのです。
マスクとかも、テレビで見ましたら台湾とかでは購入者を特定して買い占めできなくするとかスマホアプリで販売店が判るとか、進んでますね~。こういう国が「先進国」ではないでしょうか。台湾では国政選挙の投票率が高くて史上最低でも67%だそうで、日本では盛り上がっても69%だとか。投票に行かないと、「先進国」ではなくなってしまい、庶民は暮らしにくく貧しくなるばかりです。


昨日紹介したパープルグレーのセミダブルの花が開きました。
渋系のいい色で、うれしくなっちゃいますね~。
”自宅待機”でもお花見て楽しめるので、クリスマスローズやっててよかった~って感じ。
12_33S_200304.jpg
12_33S_200304a.jpg
これが引き金で、ダーク系の交配を仕込みたくなってきました。
明色のオーレア系統は頑張ってもプロには全くかないませんからね、最近減ってきた濃色系のお花を頑張ってみようかな~。




最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村




  1. 2020/03/04(水) 23:10:12|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

虐待組の逆襲

このところ、我が家ではクリスマスローズが続々と開花してきています。
特に、自家産の苗の初開花が一挙に進んでおりまして、写真撮影して記録を残す様にしているのですが、その整理が全然追いつかない状態でございます。ああ、時間が欲しいです。

我が家では4号~4.5号ロングポットで咲かせることが多いのですが、
ここ最近、3.5号普通ポットで咲いちゃってるのがいくつもあります。
しかも、1ポットにお花が2つ・・・(爆)
12_41MN_200229.jpg
実はこれ、種蒔きしたポットをそのまま放置してたら、7年目にしてとうとう咲いちゃったってやつなんです。
この年は交配数が多くてたしか48通りくらいで、場所の問題から1交配あたり3~4苗だけポットあげしまして、残りはもったいないなと思い種蒔きポットのまま残しておいたものです。初めからそのつもりだったので、用土も種蒔き用の赤玉土単用ではなく、普通のクリスマスローズ用土に種蒔きしてありました。ポット上げした苗からいいお花が咲いたら追加でポット上げしていけばいいだろうと思っていたのですが、毎年新たに交配するわけですから古い交配は後回しにしているうちに完全に放置プレーとなりまして、ただ水だけやって肥料はごくたまにちょこっとだけ、という”虐待”を続けておりました。

しかしそれでも咲くんですね、たくましいぞクリスマスローズ。
それも、結構いい感じのお花が咲いてきたりして、逆襲を受けている気分です(笑)

上のポットの白花。
何と花茎が2つもありました。びっくり。
12_41M_200302.jpg
お花は恐らく生育不良によに小輪ですが、これは多弁でしょうね。実際に花粉親はクリ友から頂いた超多弁のお花ですので。
きっちり育てたら、立派な多弁の白花になりそうですね。
ただし、脇芽があったかな・・・・・・・。ほかの株も同じように脇芽がはっきりせず、この後葉っぱが出てくれるかどうか心配です。
12_41M_200302a.jpg

同じく上の写真のピンクのお花
12_41N_200302.jpg
こちらも多弁っぽいですが、花弁よれよれでワイルド系ですね。
これは大きく育たないで、このサイズの方が可愛いかも。
12_41N_200302a.jpg

これは別の交配の虐待組
ひょろひょろしてますが、そこが案外風情を感じちゃいます。
12_39S_200302.jpg
お花はこんな緑と紫のバイカラーのダブル、”汚系”ですね(笑)
渋いのが好みの方には良いかも?
12_39S_200302a.jpg

虐待組から、期待のお花も出ちゃいました。
この3.5号ポットに、見えるだけで3株は育ってますね(苦笑)
1つだけお花が咲きかかっていますが・・・・・
12_33_200302.jpg
こんな赤味が入ったグレーパープルのセミダブルでありました!
これ、花色がめちゃ私好みで、魅惑的なんですよ。
12_33S_200302.jpg
12_33S_200302a.jpg
既に根がパンパンなのですが、完全に開花するまでは手出しせず、花粉を使ってからポットから”解体手術”して植え替えるつもりです。とりあえず、完全にお花が開くのが楽しみです。


最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村





  1. 2020/03/03(火) 23:47:43|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

アンティークなセミダブル

3月です。
今日から”新入社員”として新職場でスタートするはずだったのですが、コロナウイルスの影響で自宅待機になっちゃいました・・
よもやの展開でございます。

さて、先週に衝動買いしちゃったやつ、ご紹介します。
アンティークなセミダブル、2株でございます。

ピンクスポットのセミダブル
 まだ雄しべが展開していないのでどこまで開くか判りませんが、この状態ではカップ咲きの丸いお花。
花弁に微スポットが適度に入って、ネクタリーにも模様が入って、なかなかいい感じに可愛いお花だな~と。
一度可愛いなと思ってしまうと、離れがたくなってしまいます・・・。
SDPK6_200225.jpg

ピンクとグリーンのバイカラーのセミダブル
 こちらもまだ雄しべが展開しておりませんで、このあと反り返る可能性も無きにしもあらずですが(笑)、
ピンクの花弁の中央部に大きく緑色が入る独特の色合いに思わず「これ面白い~!」と。
写真では見えませんが、よーく見るとネクタリーの内側にも緑色が入っていたりします。
(細かい所が気になる、私の悪ーい癖)
こちらもまた、一度「面白い!!」と思ってしまうと、離れられなくなっちゃいます・・・。
PKMD_200225.jpg

というわけで、2鉢お迎えしてしまいました。
これらはいずれも地元の兼晃園さんからのお迎えです。ここの若旦那さんクリスマスローズ大好きで、ナーセリーさんから仕入れたお花の販売もありますがご自身の交配花があります。、いつもあるわけではないですがちょこちょこ偵察してると昔懐かしいお花や面白い系統とかに出会えたりして、そこが楽しいところですね。
まあ、ちょこちょこお店に伺っていると、ちょこちょこと増えてしまいますが・・・・・・(爆)


最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村



  1. 2020/03/02(月) 23:46:48|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:2

赤花に弱い・・・

今日は父の見舞いに横浜まで車で出かけました。心なしか、高速道路を走る車が少ない様に思いまして、皆さま外出を控えている様な感じがしました。何とも、日本国民は従順だよなと思っちゃいますね。大相撲春場所がどうなるか心配でしたが、無観客ながら相撲はやるとのことで、これは良かったです。

さて、世の中閑散としているのならと、ちょっと寄り道してヨネヤマ本店ザ・ガーデンさんに立ち寄ってみました。が、こちらは盛況でした。お客様たくさんいまして、楽しそうにお買い物されており、日本経済は暗いばかりではないな~とひと安心致しました。
クリスマスローズコーナーも賑わっていましたが、どちらかというと値下げ品狙いのお客様が多かった感じですね。
まだまだクリロー売り場は縮小されておらず、加藤農園さん、堀切園さんがいっぱい、ほか野田さん、大和園さん、吉田さん、大木さん(値下がり中)に広瀬さんと松浦さんとその他が少し、という感じでした。
今日の狙いは大木ナーセリーさんの赤花シングルアトロ系交配「ミスティーク」でした。
もともと赤花大好き人間な私ですが、昨年あたりから見かけるアトロ系交配の赤花は素晴らしく、是非お迎えしたいと常々思っております。この時期のヨネヤマさんでしたら、いくつか残っていて既に値下げしてお買い得になっているのではないか、と狙って出かけた次第でございます。
すると予想通り、ミスティークそのものを含め、アトロ交配がいくつかありました!
yone200301_01.jpg
しかし、花色が・・・・・赤くないぞ~
大木さんのインスタにあるような、赤いのが希望なのでして・・・・
yone200301_02.jpg
yone200301_03.jpg
yone200301_04.jpg
アトロ交配ではないやつで赤い花もありましたが、欲しい赤とはちょっと違いました・・・・
yone200301_05.jpg
値下がりしていましたけど、残念ながらここはスルー。

加藤農園さん。
プリマヴェーラの「非認定」だって。ラベル見て笑っちゃいます。
yone200301_06pv.jpg
”ローズオーレア”だそうです。
yone200301_07roseaurea.jpg
これは真ん中がめっちゃ黄色かった~。欲しかったけど、この類は既に2つあることから節操が無さすぎるためパス。
yone200301_09.jpg
これも真ん中黄色、周辺ボカシで綺麗でしたね。
yone200301_10.jpg

野田園芸さん
yone200301_08noda.jpg

松浦園芸さん、グリーンゴールド
yone200301_15mgg.jpg

びっくりしたのは、chou inakamonoさんの交配のお花がありました。茨城県南では見かけませんが、横浜で流通しているんですね。
ちょっと昔っぽいイメージのあるお花ですが、そこがまた良いですね。こういうのは好みでございます。
yone200301_16.jpg


意外にたくさん並んでいた、といっては失礼ですが、堀切園さん
ポットも普通ビニールロングポットに変わりましたね。
yone200301_11.jpg
樋口交配といえば、アップル系が大好きです。
アップル系の外側の赤色は、とても綺麗なものが多いので。
こんなアップル系のダブル、出たころはなかなか買えませんでしたけど、今ではずいぶんお手頃になりました。
yone200301_12.jpg
外側の赤色と内側の花色の質が”アップル系”かどうか微妙なお花ですが、丸弁気味でカップ咲き気味のアップル系セミダブル。
アップル系のセミダブルって、今までありそうでなかったお花なので、ついつい・・・・
yone200301_13.jpg
yone200301_14.jpg
また1つ、増えたのでありました・・・・・・(爆)
これは、交配に使ってしまいそうですね。やばいやばい。
相変わらず、赤花に弱い私です。


最後に今シーズンもクリスマスローズをいっぱい楽しみましょう♪ ということで、↓をワンクリックお願いいたします! 
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村




  1. 2020/03/01(日) 23:51:43|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0

プロフィール

furendo

Author:furendo
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (211)
クリスマスローズ (935)
ミニ盆栽 (114)
香りの花 (41)
花いろいろ (92)
食べる園芸 (95)
ねこ (27)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR