FC2ブログ

園芸 My way

自宅の小さい庭で野菜・小果実・盆栽・鉢花など育てています。特にクリスマスローズがいっぱいです。

クリスマスローズの種取り

先週の大阪出張には流行のキャリーバッグではなく肩さげの大きなバッグを持っていきまして、しまう前に風通しに広げておいたらちゃっかりチャム君が入っちゃってました。袋に入るのが好きなんですね。
まあ、広げて置いたら入るんじゃないかとちょっと予想してはいましたけど。
チャム君も2歳になりまして、大分落ち着いてきたがありますが、活発モードの時には噛まれちゃってます(笑) 
cham180521.jpg

さて、今年もまた性懲りもなく、クリスマスローズの種を採ってしまいました。あと2袋まだ採種できていませんが大体終わりまして、発芽しそうもない未熟な種を除くと13通り位で、例年よりは少ない種類に収まりました。 
こちらは広瀬園芸さんの「プレミアム」のセルフ交配の種。種も丸かったり細長かったり個性がありますが、これはやや太めですかね。
栄養豊富で良く育ちそうな気が(笑)
kuritane180521.jpg

まだ種取りが終わっていないのはフェチダスゴールドブリオンです。
他の種類の原種の花粉を「つけたつもり」ですが、さて、どうなることやら。
FGB2_180521.jpg

そのフェチダスゴールドブリオン、来年用の芽はいつどこから出るのだろう?と気をもんでおりましたが、
最近ようやく地際から左右に2本、新芽らしきものが出てきました。
フェチダスは過去2回夏越しどころかGW前に枯らしちゃってましたが、3鉢目にしてようやく来年に生命をつなげられますかね。
FGB2_180521a.jpg

出張中にちょっと心配だった原種、チベタヌスとヴェシカリウス。
ヴェシは葉っぱが弱ってきまして、これは恐らく生理的な葉枯れかな~。水やりを控えるようにしようかと思います。
チベタはまだ葉っぱが元気そうで、今の所高温で傷んだ感じはまだありませんで、ほっと一息でした。
でも、葉っぱが大きく育っているでもなく、生育としてはイマイチ感がございます。この分だと、目標としている「自宅で夏越し後の開花」は来年もまた無理でしょうかね。
まあ諦めずに頑張って葉っぱの維持を図りたいと思います。
問題は鉢をどこに置いて夏越しするか、ですね。
思案中でございます。
ちなみに現在は、風通しが良くて、午前中ずっと日が当たる所、でございます。
thibeandvesi180521.jpg
スポンサーサイト



  1. 2018/05/20(日) 23:56:29|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0
<<サツキ | ホーム | 大阪出張>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

furendo

Author:furendo
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (211)
クリスマスローズ (935)
ミニ盆栽 (114)
香りの花 (41)
花いろいろ (92)
食べる園芸 (95)
ねこ (27)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR