園芸 My way

自宅の小さい庭で野菜・小果実・盆栽・鉢花など育てています。特にクリスマスローズがいっぱいです。

株分け

急に寒くなりましたね~
スキー場に雪が降ってくれる分にはいいんですが、寒いのはやはり苦手でして。
このところすっかり夜の園芸もやってないです。

GBS_080120.jpg
ちょっと最適期は過ぎちゃった感がありますが、大きくなった株の株分けを亀さんペースでやってます。
この花は2008年購入のグレープバイカラーSD、約5年弱になるのでそろそろ切り分けてもいい頃です。

kabuwake121115.jpg
鉢から抜いたところ。昨シーズンに植替えしていたので、土落としと根解しが楽でした。
とすると、毎年植え替えると一鉢あたりの作業時間は短いってことかな?
まあ、面倒くさいから今まで通り数年に1度のペースにしておきましょう。

kabuwake121115a.jpg
芽の様子を見ますと、横に2列連なっています。分けるにはあまり有難くない配置。
左上の4芽の塊だけを切り離すことにしました。

kabuwake121115b.jpg
ここ数年は、切り出し刀で株分けしています。
第一刀。
上から下へ、ぐさっと突き刺して根茎を切ります。
刀はあらかじめライターで良く炙っております。


kabuwake121115c.jpg
向きを変えてもう一か所切る位置を決めます。箸で根茎表面を軽くひっかいて、芽の無いところを切る位置に決めます。

kabuwake121115d.jpg
で、狙った所へ一気にぐさっと挿して切り分けます。

kabuwake121115e.jpg
その後、切り口がつながる様に今度は軽く切って行き、切った割れ目を拡げます。

kabuwake121115f.jpg
あとはできれば根をなるべく切らないようにして、手で2つに裂いて株分け完了です。
白い部分がかたまっているのが根茎を切ったところ、その下の白いつぶつぶは根がきれた跡で、理想的には根は切らずに根茎だけ切れればベストでしょうが、まあこんなもんです。
切断面にはたっぷりと草木灰をまぶしておきます。

kabuwake121115g.jpg
切った後の芽の配置です。なるべく切り口が芽から数cm離れる様にしています。やっぱり花が咲かなくなっては悲しいですからね~

鉢に植えた後は、乾きすぎていなければ水やりは後日、乾いていれば根茎がある鉢中央部を避けて水やりします。
根茎にまぶした草木灰が流れないようにということで。

さて、あと何株株分けしなきゃいけなかったっけ・・・
スポンサーサイト
  1. 2012/11/15(木) 23:59:47|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<ヴェシカリウス新芽 | ホーム | 姫ざくろ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

furendo

Author:furendo
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (184)
クリスマスローズ (639)
ミニ盆栽 (88)
香りの花 (36)
花いろいろ (61)
食べる園芸 (76)
ねこ (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR