園芸 My way

自宅の小さい庭で野菜・小果実・盆栽・鉢花など育てています。特にクリスマスローズがいっぱいです。

クリスマスローズ成株の植え替え

この週末、ちょいと雨が降ったりしましたが大体良いお天気でしたね。なので、入れ込むほどではないですが、ちょいと園芸作業を致しました。クリスマスローズの方は苗のお手入れが一段落したのでようやく成株のお手入れに手が回るようになりました。
我が家のクリスマスローズ成株の鉢植えの植え替え頻度は3~5年程度と虐待に近いローテーションになっておりまして、
水やり時に明らかに水の引くのが遅くなり根詰まりによって生育が落ちてから植え替えする感じです。うちは5号鉢で買ってくるといきなり8号とか大き目の鉢に植えまして、用土は水捌け良いものにしますので、それで数年持たせて植え替えの手を抜いている次第です。
従いまして、植え替え対象の鉢は根が鉢内にパンパンに回っていることになります。
さて、ここで皆さんにお尋ねですが、こういう場合に鉢からどうやって株を出していますか?
私は最近までゴムハンマーで鉢をたたいておりましたが、今日、もっと簡単で有効な、鉢を押してたわませる方法を編み出しました。玄関や勝手口の踊場や階段など、水平で段差があるところを使います。この段差の水平面に鉢の側面を合わせます。鉢の縁は段差の手前に出す感じです。この状態で、鉢を上から両手でぎゅーっと押してやります。鉢の側面と段差の水平面が合っていれば、押してやると鉢がたわみまして、中の株が押されて少し圧縮されます。この行為を鉢を少し転がして行い、鉢が半周するまで繰り返します。するとどうでしょう、いとも簡単に根が回り切ったクリスマスローズの根鉢がスポッと抜けてくれます。この方法、簡単で有効ですので、良さそうと思った方は是非お試しくださいませ。

昨日植え替えした「マゼンタ」
MAZ_140404.jpg
数年前に某大手通販で「今までに無い赤色」として鮮やかな赤花がカタログに載っていたので思わず買っちゃいましたがいざ到着したらただの赤紫だった。っつー花なんですが、「赤牡丹」を軟腐病で喪失した我が家ではこのマゼンタ君が赤DDの主力という事でして、次シーズンも種を採れるくらい元気でいてもらう必要があるのですが、明らかに根詰まりしていて生育が悪い。そこで植え替えとなりました。
上の方法で鉢から抜いて、土を落として根を解していきました。根詰まりしていたので弱った根が沢山、ゴミになって出てきましたが、これで水捌けが大分良くなったのであとは水をやり過ぎなければ大丈夫でしょう。 そう、植え替え直後の水やりってちょっと危険な気がしていまして、というのは水持ちが良すぎる土でロング鉢に植えつけた場合、鉢の上部が乾いても下部が全然乾かない事が予想され、水やりが多いと常時鉢の下部が過湿になってクリローの根が下に伸びないという現象が起こると思います。うちでもいくつかそういう鉢があります。なので、ケースバイケースではありますが、水切れしていない株を湿った土で植えつけた場合は植え替え直後に水をやらない方がいいだろうと思っている次第です。
スポンサーサイト
  1. 2014/10/26(日) 23:58:16|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<夏野菜を収穫 | ホーム | 今年最後?のパパメイアン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

furendo

Author:furendo
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (184)
クリスマスローズ (639)
ミニ盆栽 (88)
香りの花 (36)
花いろいろ (61)
食べる園芸 (76)
ねこ (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR