園芸 My way

自宅の小さい庭で野菜・小果実・盆栽・鉢花など育てています。特にクリスマスローズがいっぱいです。

チベタヌス

今日は仕事の帰りに知人の通夜に参列しました。前日まで元気にされていたのに血管の病気で突然逝去されたとの事でした。仕事でお付き合いがある方なのですが、家が近くて地元の祭りとかでも顔を合わせてご家族の方も存じ上げていたので、とても残念です。ご冥福をお祈りするのみです。自分とほぼ同じ年齢の方で、自分も健康にはより一層気を付けなくてはと思う次第です。

thibe150414.jpg
我が家のチベタヌスです。
上の真ん中が、ミニサイズながら咲いてくれたやつ。その右隣と合わせて、ジョイフル千葉NT店に電撃出撃してゲットした恐らく今シーズンの輸入もので、買った当時と同じ布製の鉢(?)のままです。開花中は下手に植え替えて調子が悪くなってはまずいと思いそのままにしていましたが、水捌けは良さそうな用土なのであえて植え替える必要もなかろうと、一回り大きい駄温鉢の中に布製の鉢のまま入れまして、間に鉢底石を入れ、二重鉢にしてみました。これで夏越しをしてみようという作戦です。用土表面にはいずれバークチップを敷いて乾燥と用土温度上昇の防止を図る予定です。上段の左は昨秋にネットで買った今シーズン輸入苗で蕾は上がったけど咲かなかったってやつですが、2月に株の勢いが無くなったので篩通しバーミキュライト+バークたい肥少々+ミリオン根腐れ防止剤若干量という用土で植え替えしまして、まずまず生気を取り戻したでしょうか。下段の2つは昨シーズン以前からもっている株で、花が咲くことはなく毎年「ただ生きている」というチベタヌスです。昨秋に様子を見た時は右は芽が大き目、左はどう見ても咲きそうもない小さい芽でした。左の小さい芽の方をどうせ咲くわけないから実験に使おうと、篩通しバーミキュライト主体の用土にしてみました。現状で見る限りは植え替えしなかった右の株と同等以上に元気そうです。バーミキュライト植えは成功か?? いや、来年に花が咲かない限り、成功とはいえませんね。 バーミキュライトにしたのは柔らかくて水持ちがよいからで、そのままだと水捌けが悪くなることがあるので篩通ししてみました。根が伸びてくれると良いのですが、どうなりますやら。チベタヌスは赤玉、鹿沼、軽石などですとどうも土が固くて根が伸びないような気がするので、柔らかい用土を使うという所にこだわろうと思っております。バーミキュライトで良く育つようならば、来シーズンはそれでいこうかなと。
スポンサーサイト
  1. 2015/04/14(火) 23:58:31|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0
<<ヴェシカリウス | ホーム | 受粉作業>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

furendo

Author:furendo
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (182)
クリスマスローズ (629)
ミニ盆栽 (86)
香りの花 (36)
花いろいろ (60)
食べる園芸 (76)
ねこ (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR