園芸 My way

自宅の小さい庭で野菜・小果実・盆栽・鉢花など育てています。特にクリスマスローズがいっぱいです。

間の悪い天気

今日は雷雨が来ましたね。久しぶりにまとまった雨が降ったな~と思います。植物がいっぱいの我が家、雨が降るのは悪くはないのですが、今日の雨を含めてここ数日の曇天が何とも間が悪い、というのは楽しみにしていたペルセウス座流星群が全然見れなかったので。その前までは頭に来るくらい晴れていたのにね。

夏休みの作業の1つは、使い古しの用土の日光消毒であります。
袋に入れてなるべく密封して日光にあてるだけです。
なんですが、これを始めたらとたんに曇り出しました。自分の日頃の行いが悪いから曇ったのか?! なんて思ったり。
furutsuchishodoku150812.jpg
ついでに、プランターも日光干ししてみましたが、これも曇ったさらなる一因か??
plantershodoku150812.jpg
ま、明日からまた晴れるらしいので、再び干してみましょうか。

さて、猛暑ということで気になるのが暑さに弱い植物の様子。
今シーズン初導入の「ブルーポピー」は、花が咲くどころか葉っぱがちょろちょろ出ただけでそれも梅雨明け頃には地上部が無くなり、昨日鉢の中の用土を確かめたら跡形もなく消滅していました。やはり、難しいとされている植物を育てるのは難しいですね。当たり前か。。。。
チベタヌスは5株中4株は既に地上部消滅し、辛うじて葉っぱがあるのは1つだけ。
th5_158_150812.jpg
2重鉢作戦も猛暑日連発では効き目がないか・・・
この様子では例年と同じく、翌春の開花は見込めそうもないですね。
他の4株も含めて過湿に気を付けて枯らすことだけは無い様にしようと思います。
ヴェシカリウスは1年前に5株あったのが現在2株に減ってしまいました・・・。これも夏越しが心配でして、過湿に気を付けようと思います。

これらに比べると、チベタヌス交配は以外と元気そうです。
これは風鈴1号、昨年は軟腐病で大変でしたが何とか復活しました。この分なら来春は咲くでしょう。
10_22B_150812.jpg

こちらはプチドール初年度版ピンク花xピリカさんチベタヌス、採れた種1粒が6号鉢でここまで育ちまして、これは弱らせない限り来春咲いてくれるでしょう。綺麗なピンク色の花でチベタヌスの株姿になる事を祈っておりますが、どうなるでしょうか。
12_31_150812.jpg

これはムルチフィダス・ヘルツェゴビナスxチベタヌスという原種同士の交配です。
これも種は1粒しか取れませんで、5号ロングスリット鉢でこれ位のサイズになりましたが、葉茎がちょっと細いので来春開花は微妙かな・・・・。葉っぱがヘルツェゴビナスの細葉で、株姿はチベタヌス、花は綺麗な淡いピンクのチベタヌス様、なんてのが理想ですが、まあそうは行かないと思います、実際に既に葉っぱが足して2で割ったような感じですからね。
12_22_150812.jpg
葉っぱが残ったチベタヌスとチベタヌス交配は、朝だけ日が当たる常緑樹の下で風通しが良い所に置いています。葉のないチベタヌスとヴェシカリウスは完全日陰に置いています。用土を色々試したりしてますが、用土よりも置き場所や水やり具合の方が生育に与える影響が大きいのかなと思う今日この頃です。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/14(金) 22:56:44|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0
<<クリスマスローズの軟腐病と葉焼け | ホーム | 夏休み>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

furendo

Author:furendo
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (180)
クリスマスローズ (629)
ミニ盆栽 (86)
香りの花 (36)
花いろいろ (59)
食べる園芸 (76)
ねこ (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR