園芸 My way

自宅の小さい庭で野菜・小果実・盆栽・鉢花など育てています。特にクリスマスローズがいっぱいです。

クリスマスローズの軟腐病と葉焼け

お盆も終わりですね~
むちゃくちゃだった猛暑はどこへやら、大分過ごしやすくなりました。水やりも手抜きができるようになりましたね。
毎年恒例のクリスマスローズの軟腐病ですが、今年は今の所発生は2つ。
1つは原種リビダスで、枯れちゃいました。まあ、あまり痛くはありません。
しかし、もう1つは衝撃の・・・・
「パステリッシュストレイン」 でした。
鉢土が濡れているのに葉っぱが水切れ様にカサカサした感じという典型的な症状を発見しまして、
慌てて軒下の”砂漠コーナー”へ移動しました。
あ~、またいつも通りのレア物なのね~と思いましたね。
発見から1週間以上経ちましたが、
PS_150813.jpg
葉っぱ1枚、残りました。
なんとか生きながらえてくれそうです。良かった良かった。
お彼岸ごろに、きれいな用土で植え替えしてあげましょうね。
それまではほぼ絶水かな~
他には自家産苗がいくつか枯れてますが、開花株は元気にしているようです。

本日のお題のもうひとつ、葉やけ。
クリスマスローズを真夏に日当たりに置いてはいけませんよ~
てのは良く聞く話ですが、私が思いますには株ごとの性質によりけりで、直射日光全然平気ってやつもいれば、ダメなのもあるかなと。平均的には日光控えめの場所にある株のほうが状態は良さそうですが、日光下で全て葉やけすることはないと思います。
7月に体調を崩したせいで梅雨明け時の鉢物移動をサボっておりまして「クレオン」とか結構貴重な株をめちゃ日当たり良い所に置きっぱなしにしてましたが幸いそれらはへっちゃらでした。
直射日光に弱いなと思ったのはこちら
PEP_150813.jpg
ちょっと判りにくい写真ですが、「ペニーズピンク」です。
リビダス交配ということで、リビダスは他のクリスマスローズより温暖な環境を好むと聞いていたので何となく日当たりに置いたのですが、やはり梅雨明け時にほったらかしにしてたら葉っぱが結構褐変してしまいました。こいつは葉っぱも観賞価値があるやつなのにね。昨シーズンは日陰地で元気にしていたので、ペニーズピンクの夏越しは日陰が良さそうですね。
ほかに葉やけしたのはこちら
ODYP_150813.jpg
ウィンターシンフォニーのダブルイエローピコティー、実は我が家で一番お高いやつです。
これは雄性不稔なので、勝手に想像すると近親交配で性質が弱いんじゃないの?ってやつでして、葉茎も細いし生育もイマイチ、買った時の見事な花弁が再現しない株です。単純に、性質が弱いので葉やけしちゃったのかなと思っています。不稔のやつとか、葉茎の数が増えにくいやつとか、生育の悪そうなやつは真夏に直射日光にあてるのはやめようと思いました。(常識かな??)
スポンサーサイト
  1. 2015/08/16(日) 23:59:47|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0
<<ヤマブドウの収穫と害虫 | ホーム | 間の悪い天気>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

furendo

Author:furendo
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (184)
クリスマスローズ (635)
ミニ盆栽 (86)
香りの花 (36)
花いろいろ (61)
食べる園芸 (76)
ねこ (18)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR