園芸 My way

自宅の小さい庭で野菜・小果実・盆栽・鉢花など育てています。特にクリスマスローズがいっぱいです。

チベタヌス交配 その後

3シーズンぶりの開花を楽しみにしている我が家のチベタヌス交配です。
タケノコの様な花芽がぐんぐんと膨らんできました。
10_22B_151129.jpg
約3週前がこんな感じでしたので、随分と育ったな~と思います。楽しみです。
10_22B_151107.jpg
3シーズン前の開花状態はこれ。
10_22B_130203.jpg
この花は自家産でして、受粉親と花粉親はこちら。
受粉親のハイブリッドシングル白花のちょいとスポット入り。我ながら、何でこんなの選んだんだろう。
07_30E_110121.jpg
花粉親のチベタヌス。
これはすごくいい花でしたね。(過去形)
受粉は、普通に雌しべにチベタの花粉をつけただけだったと思います。
でも、種は数粒しか取れませんでした。育って開花したのは2粒でしたが、いずれもチベタヌスの血統が入っていると一目でわかる株姿でした。
つまり、種はできにくいけど、できてしまえばチベタヌスの血統は受け継がれる様です。
thik_2010feb.jpg

もうひとつ。
今シーズンに初開花予定のチベタヌス交配です。
12_31_151129.jpg
約3週前はこちらでしたので、やはり、グッと育ってきてますね。
ちょっと心配なのは、花芽の膨らんできた形が「タケノコ」っぽくない所で、チベタ以外の花粉が受粉しちゃった株だったらどうしよう・・・って事。ま、チベタ血統じゃなかったからといって、何か損するわけではないですけど。
12_31_151107.jpg
こちらの受粉親はこれ
横山園芸さんのプチドール・ピンク花です。
ハイブリッド白花xチベタヌスだと、チベタのピンク色が薄まってしまうのが判りましたので、ピンク花に交配してピンク色を目指した次第です。
プチドールと言えば、横山直樹さんがNHK趣味の園芸に出演されて、「プチドール」という名前を紹介されていたことがありました。
プチドールって登録品種名だったのでしょうかね。そうじゃなくて商品名だったら、NHKではやばいんじゃないの?なんてハラハラした覚えがあります。
PTPK_120128a.jpg
花粉親はこちらのチベタヌスです。
ピリカナーセリーさんから通販で買ったやつで、よくある中国直輸入ではなくて国内で1年(もしくはそれ以上)育てたものです。
とてもしっかりした株でしたが、未熟な私は再び開花させることができませんで・・・。
ピリカさんが同様に栽培されているならまた買いたいのですが、通販に出されていたのはその年だけだったようでして。行くにはちょっと遠いしね~。
国内で1年以上育てた開花見込株が買いやすく流通してくれるとありがたいのですけどね~。
やっぱり難しいのかな~?
何はともあれ、プチドールxチベタヌス、開花が楽しみです。
TK2_120326.jpg

今日は1か月以上悩んでいたお仕事に使っている分析機器の不具合、原因が全然判らず困り果てていたのですが今日何となく原因が判ってきてトラブル解消できる見込みがついてきまして、いい一日でした。新年まであともうちょっと、お仕事頑張らないとね。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/04(金) 20:37:58|
  2. クリスマスローズ
  3. | コメント:0
<<チベタヌス輸入苗の植え付け後 | ホーム | ヴェシカリウス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

furendo

Author:furendo
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (184)
クリスマスローズ (639)
ミニ盆栽 (88)
香りの花 (36)
花いろいろ (61)
食べる園芸 (76)
ねこ (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR